katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

自由が丘店では今週末、奥沢のご近所集団”奥沢キャッツ”による
「真冬の街のあったかマルシェ」を開催中です。

そのなかから、今日は「おいしいせかい」をご紹介します。

「おいしいせかい」はその名の通り「おいしい」をテーマに、
刺繍のワッペンをつくっている作家さんです。

もともとイベント関係の仕事をしていたデザイナーの田嶋さんが、
何か自分でもモノをつくりたいと考えていたとき、
バッグ作家の奥様と一緒に手芸材料店を訪れました。

そのとき偶然、刺繍ワッペンを目にするのですが、
それは海外製で、ちょっと高価だなと感じるモノでした。
これを自分でもつくってみたいと考えていたら、
家にあるミシンが思いのほか高機能だったことを知り、
刺繍ワッペンづくりのチャレンジがスタート。

ワッペンは子ども向けのもの。そういうイメージから、
当初はクルマなど、”普通の”デザインだったそうです。
でも、それが本当に自分のつくりたかったモノなのかと疑問に感じ、
自分がいいと思うモノ、面白いモノをつくろうと考えたといいます。

そこで最初につくったのが、鮭の切り身のワッペン。
「ほかでは絶対にみないデザインだし、面白い。これだ!」

鮭のカタチって、海外だと「サーモン」って感じだけど、
日本人はやっぱり皮つきの切り身だよね。
ほうれん草ってムラサキ色のテープで束ねて売ってるよね。
お弁当には、うさぎのりんごが定番だよね。

そういう日本人なら誰もが持っているような「おいしい」の記憶。
世界はそんなおいしいモノや、おいしい記憶で溢れている。
そんな思いから、「おいしいせかい」という名前になりました。

誰の記憶にもあるモノだけに、デザインはとにかく現物に忠実に。
一番の難点であり、こだわるところは刺繍糸の色だといいます。

糸単体で見るとOKでも、いざ刺繍してみると「違う」ということはしょっちゅう。
刺繍の場合、当然のことながら完成品を一色だけ塗り替えることはできません。
糸を変えて、またイチからやり直し。変えた糸も「違う」となればまたやり直し。

マルシェ初日も、その日の朝まで新作をつくっていたけれど、
「納得のいく仕上がりではなくて……」と発表を断念。
残念そうにしていたのが印象的でした。

新作は何をつくっているのですかと尋ねると、
「コレをつくろうと思っている」と発言してしまった時点で、
半分完成しちゃった気分になってしまうので、誰にも内緒なのだとか。

完成はいつになるか未定ですが、
田嶋さんのつくる新しい「おいしい」の記憶を、
みんなで共有できる日が楽しみです!

そんな「おいしいせかい」の刺繍ワッペンが、
オンラインストアでも販売スタートいたしました。⇨ 
欠品中のモノもあり、すべてではありませんが、
再入荷次第、随時追加していきます。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

日本のカッコイイを集めたお土産屋
katakana/カタカナからのお知らせでした。
自由が丘店・渋谷ヒカリエシンクス店・katakanaONLINESTORE