katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG


先週の木曜日に“「スタイルと変化」について。”のブログを更新し、
今年の河野のテーマは「動いて発信」と宣言した翌日のこと。毎月
クッキーのマルシェを開催してくれているKACOの松本さんから、
「あした以前話した高円寺のカフェに行きますが、ご一緒しません
か?」とお誘いがありました。年末にKACOさんがそのお店でマル
シェを開いて、とても楽しかったと聞き、行く機会があれば誘って
ほしいとお願いしていたのでした。

「おっ、明日は土曜日!」
これまでの僕だったら、「土曜日はお店が忙しいから行けない、、」
とお断りするところ。でも、今年のテーマは「動いて発信」です! 
高円寺駅に11時集合と約束したのでした。

久し振りの高円寺にワクワク。北口を出て、あづま通り商店街を半
分くらい進んだところにありました。向かったのは、アートギャラ
リー兼コーヒーショップ「CLOUDS ART+COFFEE」さん。

奥のカウンターの中にいるのがオーナーのオオクボさん。8年前に
ニューヨークに渡りファッション業界で働くも、違和感を覚えて1
年で辞めてしまったといいます。

そんな彼女がニューヨークでピンッと感じたモノはアートだったと
か。確かにニューヨークにはギャラリーがたくさんあり、生活の中
にアートが自然と溶け込んでいる。ギャラリーで働いてアートに熱
中したのだそうです。

そしてもう一つハマったのが、コーヒーだったとか。休みのたびに
ニューヨーク中のコーヒーショップを飲み歩き、「そうだ!アート
とコーヒーの店を日本で開こう!」と決意して帰国。2017年の秋
にこの店をオープンさせたそうです。

店内のインテリアはとてもすっきり、アート作品に集中できます。
ギャラリーだけだと勇気がないとなかなか入れませんが、おいしい
コーヒーも飲めるなら俄然ハードルは下がります。飲み物片手にア
ート鑑賞していると、日本であって日本ではない、不思議なこの空
間に心地よさを感じるはずです。

お伺いした日は60人のアーティストの作品が展示販売されていまし
た。作家さんの知り合いが多いのかと尋ねると、「今回の展示では
知り合いは3人くらいです。ほかの方はSNSで声をかけて集まって
もらいました」とサラリと答えてくれて衝撃。なんとも軽やかなイ
ベントの作り方。まだ開店して3ヵ月なのにとてもパワーを感じら
れたスポットでした。なにか一緒にやりたいな~。
また訪れたい場所です。

店名:CLOUDS ART+COFFEE
東京都杉並区高円寺北2-25-4
営業時間:10時〜18時
(展示会のオープニングレセプションがある日のみ20時閉店)
定休日:月曜日

日本のカッコイイを集めたお土産屋
katakana/カタカナ自由が丘店
カタカナ河野の気になる町とモノとコトでした。

カタカナ河野の気になる町とモノとコト
vol.1 東京・銀座「お年賀探し」

昨年12月は自由が丘店のて店頭マルシェを最大強化しようと決めて、
いろいろな出店者さんにマルシェを開催してもらいました。売上げ
金額の新記録も出て「オォ〜!」って感じでしたが、僕が一番嬉し
かったのは、自主企画マルシェの売上げが伸びたこと。最終の追加
判断にトラブルがあったけど、結果は昨年の2倍の売上!
大ヒットは福岡・フクハクさんのポテトチップス。そもそもこの商
品を店頭で最大限販売するためにどうしたら良いかと考えて出した
答えが「テントを作ろう!」ということでした。
そこで、当店のお客様であり建築家の寺岡さんに設計&製作しても
らったのですが、結果的にこのテントが起爆剤となり、「自主企画
もいけるじゃん!」となったのでした。

前置きがだいぶ長くなりましたが、今年の年末に向けて、さらにワ
クワクするようなお年賀を探しに、初売りで 賑わう銀座に向かいま
した。銀座三越さんは1月3日からの営業だったので松屋さんへ。
物凄い人です。思い返すと2日の初売りにデパートに来るのははじ
めてかも? 洋服売場や靴売場は盛り上がっていましたが、僕も妻
もピンとくるモノがなく、早々と地下の食品売り場へ。来年のお年
賀のアイデア探しです。ここも初売りパワー全開。福袋もほとんど
が完売してました。いろいろ見ましたがどれもそつなく売れそう。
でもカタカナ的に「今年のお年賀はこれ!」というモノは残念なが
ら見つけられませんでした。

「そもそもお年賀に適したものっていったい何だろう?」
パッケージがそれらしく、失礼がなく、縁起の良さそうなモノ。
せっかく贈るなら「やっぱりあの人はサスガね!」って思われたい。
その中でヒントになりそうなのがチラホラ。


最近はコーヒー豆のギフトが増えてきましたが、やっぱりお正月は
日本茶ですね。伊藤園さんのパッケージは目を引きました。
お年賀用と限らないのですが、アコメヤさんのお米のギフトの名入
れは 面白い!名入れのお年賀ってアイデアが広がりそうです。
食べ物以外だとタオル、フキン、などが定番かな?
サラリーマンだった時は文房具もうれしかったな〜。
もう少しお年賀探しをしたいと思います。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ河野の気になる町とモノとコトでした。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり本当にありがとうございました。
昨年の夏に5年間営業をさせて頂いた渋谷店をクローズし、創業の地である
自由が丘店に集中し、さらに磨きをかけることを決めました。

店頭のマルシェを充実させたり、店内のイベントをもっと楽しんで頂けるに
はどうしたら良いか考えました。昨年の最大の収穫は人に出会えたこと、新
しいスタッフを2人会社に迎え入れ、今まで出来なかったとことに挑戦する
ことが出来たのです。やはりお店は人で生まれ変わります。

それから半年が過ぎ、自由が丘のお店が教えてくれたことは、想いを込めて
磨いてみると、こちらがビックリするくらいキラリッと光ってくれる。
磨きがいのあるお店です。

今年は戌年です。誠実で努力家の犬のようにしっぽを大きく振りながらクン
クンと鼻を効かせて1年を歩んでいきたいと思います。
笑顔がたくさんあふれるお店にしていきます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日
日本のカッコイイを集めたお土産屋さん 
(株)タンケン社・katakana
代表取締役社長 河野純一


新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年中は色々とお世話になり本当にありがとうございました。
今年の年明けは雲一つなく澄みきった空に昇る初日の出に感激し、初詣や街に繰り出す人々の
多さと和やかな雰囲気に、良い年になるような予感がしております。皆様に「エッ!」と驚く
ような事や「ホッ」とする安心感など、ワクワクするような楽しいお店をさらに磨きをかけて
作っていきたいと思います。

2016年は「いままでと違うレベルにチャレンジ!」をスローガンに日々の営業をおこなって来
ました。けれども、この「いままでと違うレベル」と言うことが何となく分かったようで分か
らなかった。ある先輩のアドバイスで、色々な事のやり方や考え方を具体的に変えていこう!
とミーティングがスタートしました。最初のうちは、目の前にある問題をとにかく早く変えて
いく。そして、目の前の事から少し視線を上げてみる。そんな事を繰り返していくうちに、私
たちの未来の輪郭が見えてきました。

2017年はそのカタカナの未来へと続く道を迷いなく進んでいきたいと思います。
スタッフ一同、元気に笑顔でみなさまのお越しをお待ちしております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ

代表取締役社長 河野純一

6周年

2016年10月10日。
お陰様でカタカナは6周年を迎えることが出来ました。
本当にありがとうございます。
6年を振り返ると1年1年が思い出深く思い出されます。

その中でも6年目は色々な意味でターニングポイントになった年でした。
そして今日から7年目。
ラッキー7だと心に秘めて。気を引き締めて笑顔で元気に頑張ります。
これからもさらに、お客様の笑顔があふれるお店を作っていきたいと思います。
今後ともカタカナをどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年10月10日 
(株)タンケン社 代表 河野純一