katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

いよいよ12月も半ば。
「今日もあったかいなぁ」なんて思っていても、日付けはドンドン進んでいって、お店の日めくりカレンダーも日に日に薄くなっていくのを見ると
「お正月ももうすぐだなぁ」とイヤでも実感します。

この絵本は、お正月に“年神様”を迎えるための準備を、はなちゃんがお祖母ちゃんにいろいろと教えてもらうお話です。
お正月の準備や、お正月の飾り、お節料理などなど、どれもきちんと意味があって、なんとなく知っていたつもりになっていましたが
この絵本を読んで、改めて知ることも多くありました。

子どもの頃、毎年お正月は母方の祖母の家で過ごしていました。
その頃は「お正月の飾りがあるなぁ」くらいにしか思っていませんでしたが、
今思い返してみるときちんとお正月を迎えるための準備が家中にありました。

先日、その祖母とゆっくり話す機会がありました。特に何を話すと決めていたわけではないのですが、2人でお昼ご飯を食べたりしながらお喋りをしました。
93歳の祖母はまだまだ元気で、今年もお正月用に黒豆を作るそうです。
そして私は祖母の黒豆がどの黒豆よりも1番好きです。
黒豆には【『まめに(勤勉に)』働き、『まめに(丈夫で元気に)』暮らせるように】という意味があるそうです。
この絵本にも「まめにげんきにくらしましょ」と書いてあります。
来年も、まめに働き、まめに元気に暮らせるように、
近々、また祖母のところに遊びに行って大好きな黒豆の作り方を聞いて「祖母直伝の黒豆」を作ってみようかなと思います。

みなさんのお家も、素敵なお正月が迎えられますように。
まずはこの絵本を参考にしてみるのもいいかもしれません。

・タイトル 「開運えほん」
・作     作:かんべあやこ
・出版社   あかね書房
・プライス ¥1300+税

絵と詩を持ち歩いてみませんか。
素敵な絵本を揃えてお待ちしています。

店頭または、カタカナオンラインショップでお買い求めいただけます。→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。