katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

国分寺駅の人通りの多い賑やかな駅周りを通り、閑静な住宅街、驚くほど急な坂、青々と繁った見事な緑道を抜け
ついに、住宅街の中にひっそりと佇むアトリエを見つけました。

到着すると、屈託のない素敵な笑顔で迎えて下さった窪田さん。
まさにholo shirts.の雰囲気そのままのようなやわらかい空気感…

元々バイクの整備やさんだった場所をほとんどそのままの状態で使用しているというアトリエ。
穏やかで優しい空気感の心地のいい空間に、緊張感も自然になくなっていくのを感じました。

はじめに、ブランドのはじまりをお伺いしました。
今から5年前の2014年11月にオーダー専門のシャツ屋として誕生した「holo shirts.」。
デザイナーの窪田健吾さんは、holo  shirts をスタートされる前は、繊研新聞と言う新聞社で
記者や広告営業、展示会運営などを手掛けていたそうです。
「もっと自分でモノ作りにたずさわりたい」夜間の専門学校に1年通いその後は独学で服作りの道に進みます。

洋服の中にたくさんのジャンルがある中、窪田さんの選んだモノは”シャツ”でした。
シャツは、パーツの数も多く縫製も難しいのですが、
身近な洋服なのに生地や縫製で色々な表情になるこのアイテムで自分らしさを出したいと思ったそうです。

独立した2014年頃はファストファッションの全盛期で、安く提供する為に大量に同じものを作る事が時代のムードでした。
この事にはファッションの奥深さや楽しさはありません。
そこで、一人一人と話し、その人の個性や考えを生かした自分だけの洋服を作るオーダーと言う方法を窪田さんは、選択したのです。

そして「holo shirts」は、お店は無く、卸販売もしません。
「放浪」その名の通り全国各地を訪れ、セミオーダーシャツの注文を取り次の町に移動していく…
そしてアトリエに戻り、生地を裁断してミシンをかけて、1枚のシャツをみずから作り上げます。

「出来上がったときの雰囲気を大事に。」と作られたシャツは、
ビシッとしているけれど、緊張感がなく、ふわっとした空気のやわらかさを感じます。
優しく日常に馴染み、様々な生活スタイルにぴったりとはまります。

生地は、窪田さんが自ら選んだ国内の生地ブランドのもの、海外からのインポートものです。
「たくさんのものから選ぶという高揚感も楽しんでほしい」という思いから、オーダー会では毎回数百種類の生地が並びます。
素敵な想像をいっぱいに膨らませて、生地を選ぶ時間は至福です。

お話を伺っていて、窪田さんの”ものづくり”に対しての素直で真摯な愛情、アトリエの優しい雰囲気、屈託のない笑顔、温かなお人柄…
全てがholo shirt.の世界観を構築しているのだと思いました。ため息がでるほど、いいなあ…「holo shirts.」
ほっこりとした満たされた気持ちで、アトリエを後にしました。
窪田さん、ありがとうございました。

「holo shirts. シャツ屋のTシャツ展」は、7月5日㈮~12日㈮の1週間限定の開催です。
イベント詳細は、コチラ
オーダーについては、コチラ

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由ヶ丘店からのお知らせでした。


竹のモノを紹介したいと思いました。

やっぱり竹は大分県かな?と思ったのは訳があります。
全国で唯一の竹細工を教える学校があるから。
僕は「さがしモノの旅」をしながら全国をめぐります。訪れた先々で学校が地場産業にあたえる影響力の大きさを感じました。栃木県の益子町には「栃木県窯業技術支援センター」があり、富山県には「富山ガラス造形研究所」があります。そして大分県には「大分県竹工芸訓練センター」が。どの地域にも共通する事が作り手の年代の若さです。
学ぶ場所があると全国から若者がその地にやって来る。すると職人の新陳代謝もあり産地がイキイキしてくる。
全国の竹細工の作り手たちから「別府で勉強した」という声を多く聞いたことをおぼえていました。

初日は別府を駆け足ながら体感した僕たちは、次の日は福岡の八女に向かいました。今回唯一のアポイントを取っていた、うなぎの寝床の富永さんに会うためです。八女市を拠点に「九州ちくごのものづくりと地域のアンテナとして」をコンセプトにお店と地域活動をする彼らは、きっと竹の作り手にも知り合いがいるだろうと思いました。


曇り空の中、富永さんの車に乗り作り手のいる八女市立花町に向かいます。


今回会いに行く方は、長岡由記さんと石田淳さん、それぞれまったく違う業界から、大分県竹工芸訓練センターに同期で入り、その後は別の工房で修行したのち、別府から八女に活動の拠点を移して工房をシェアしながら活動をしています。


さっそく工房に訪れて作品を見せてもらったとたん、もうノックアウト。これです、僕たちの探していた竹カゴは。

このカゴは長岡由記さんの作品。彼女の作品の特徴はとにかく「ガチッ!」とつくっています。同業の石田淳さんから見ても、長岡さんの指の先から「ガチッと液」が出るんじゃないの?くらいしっかりしている。
この作風は八女に来てから完成したそう。別府は繊細。なんでここに拠点を移したかというと、良くも悪くも場所に影響を受けてしまう。次制約のない場所で「自分のモノを作りたい」そう思ったのだそうです。
場所が変わると竹もかわり、昔からこの土地で使われ続けられているカゴを見ていると、だんだん作品も変わる。自分と本気で向き合って作るモノはやっぱり存在感が違います。


もうすこし長岡さんに、竹かごの事を聞きました。
色々考えて作るけど何が売れるか一番わからないのが作っている人。自分で良く出来た!!と思ってもお客様はピンとこない。でも深い部分で理解し分かってくれると本当に嬉しい。
竹は昔は和雑貨の代表で、最近はライフスタイルにあった使い方をお客さんがしてくれている。
竹カゴは、「伝統工藝」の技を凝らした花籠や、「クラフト」と呼ばれるモダンな生活用品。「荒物」と区分けされる農工具などの道具類に分けられます。「デザインの良い悪いは、見る人によって変わるけど、道具は誰が使っても壊れにくい良さがある」と長岡さん。
デザインは良いと思ったものを考えるけど、〈壊れにくい〉=〈安心〉だから結局ガッシリしたモノになっちゃうの(笑)


このカゴの編み方は四ツ目という方法。
八つ目編みが竹かごの主流だが、すっきりとしたこの編み方はシンプルだけにごまかしがきかない。


この茶碗カゴは石田淳さんの作品で、作っても作っても売れてしまう人気商品。食器棚にしまうまでもない日常で使う器などを、軽く水を切りこのカゴに入れておく。ステンレスやプラスチックには無い素敵な空間がキッチンに生まれるはずです。


石田さんは昔の道具を見るのが大好きだそうです。
地域によって使っている素材がちがうのも面白い。
北はあけびや山ぶどうなどの蔓系が多く、もっと寒い北欧などは樹皮を使いカゴを編む。南にいくと草が多くなり柔らかい雰囲気のカゴが多くなる。竹は固いけどしなやかさもあって、面白い材料。竹の良さを引き出したカタチを作って行きたいと教えて頂きました。


地元八女の真竹。山に入りトラックで運んでくる。
油抜きの作業は二人で共同にやって、その他の工程はすべて別々なのだそう。


気が付くと名刺交換もせずに立ち話であっという間に1時間半が過ぎていました。
あぁ!楽しかった。
「ガラスと竹展」に少量ですが間に合わせて頂きました。
ぜひ見に来てください。
男性にもおススメです。
僕も狙っているモノがあります!

日本のカッコイイを集めたお土産屋
カタカナ河野のさがしモノの旅のレポートでした。


Sun miの傘展

日時 4月24日(水)~5月9日(木)
場所 カタカナ自由が丘店

雨の日や夏の日差しが楽しみになるサンミの傘は、傘をひらくとワクワクして来ます。
デザイナーのフチガミさんは、昨年より傘職人のえいきちさんに教えをこうて、傘作りを始めました。
傘職人さんの高齢化によって今後納得のいく傘の製造が出来なくなるかもしれない、
「自分で傘を作れるようになろう!」
昨年は職人さんと一緒に作りましたが、今年から完全にフチガミさんがデザインから製造まで手掛けました。
見た目は変わりませんが、新生sun miのコレクションを見に来てください。

例年の半分程度の納品数ですのでお早めにお越し
をお待ちしております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。


nefumaのバッグ展

今年もnefumaのラフィアのバッグが到着します。
デザイナーであり作り手の竹下さんが1つ1つ丁寧に編み上げるバッグです。
使い込むごとにつやが出て、手に馴染んでいくのは天然のラフィアならでは!
そして新作のネットバッグが登場します。
ゴールデンウィークに間に合うように今回はすぐにお持ち帰り頂けるバッグを
用意しております。もちろん例年通りオーダーも受付ていますよ!
お気軽にご相談くださいネ。

日時 4月20日から販売スタート
場所 カタカナ自由が丘店

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。


さがしモノの旅 福井編

やっぱり福井に行こう。

そう思ったのが今回のさがしモノの旅のきっかけです。目的は「オンリー椀」と言うイベントを4月に開催すること事が決定したから。このお椀の作り手である酒井さんの工房を訪ねました。

福井県の鯖江駅に降り立つと、酒井さんが車で迎えに来てくれていました。
「お昼まだですよね?カツ丼で良いですか?」
何を隠そう、僕は知らない町のランチの時に「迷ったらトンカツ屋を検索せよ」と言うほどトンカツ好きなのです。

駅から車ですぐの商店街にお目当てのお店の「味見屋」さん。正しい町の食堂のたたずまいに期待が膨らみます。出てきたカツ丼がしょう油カツ丼!他県で見るタレカツ丼とも違い絶品の美味さです。

漆器の町越前で最初に出会った器は、プラスチックの塗りモノ風のどんぶりでした。

工房に向かう車のなかで酒井さんが産地の話をしてくれました。
「この地域は昔から塗りの越前と言われるくらい漆器の産地です。漆器作りには湿度がとても大切で、この地域は三方山に囲まれているので、1年を通じて湿度が高いのです」

酒井さんは色々な経験をされて今の木地師としてろくろ舎を立ち上げたのですが、木地師の方は多いのかと聞いたところ、どんどん少なくなっているとの事。そして現在はこの町の漆器産業を支えるのは業務用の器だと教えてくれました。

業務用の漆器と言うと、食堂などで使われる樹脂製の器に漆を塗装したものです。僕が眉をひそめると彼はこう言いました。「本当は木地の器で天然の漆の器が良いですが、この地域は業務用の需要に応えたから漆器の産地として生き残っているのです」

産業を守るために、何かを捨てて新しい事に進んでいき町が栄える。


そんな話をしているうちに工房に到着しました。この場所には色々な産地が、新しい事に進むために置き去りにしたモノがある。しかし古びた空間では無くメチャクチャいい感じで心地良い。

「木地師ってカッコいいな」

オンリー椀のイベントを開催する事が決定すると酒井さんが「せっかくなので、カタカナさんのスペシャルのお椀を作りますよ。それも含めたオーダー会をしましょう。何でも言って下さいネ!」

何でも作れると言われると、真剣に悩んでしまいます、、、
カタカナらしいお椀は何か?と考えると難しいですが、自分が使いたいモノを考えるとひらめくものがありました。

それは「どんぶり」

実は僕が無類の丼モノ好きなのです。カツ丼、天丼、親子丼などなど。
そして妻は無類の麺モノ好き。特にうどんには目がありません。


工房で沢山のお椀を見せてもらい決めたのがメインビジュアルで使用したお椀です。
見たことがあるようで無い、大きな木のどんぶりは思わず手に取るとテンションが上がりました。ワクワクする器って素敵です。

このお椀は合鹿椀(ゴウロクワン)と言う名称で合鹿地方で作られていたモノだそうです。酒井さんは、先人たちの残したお椀の型に敬意をはらいながら、現代のスタンダードを作り上げていくのです。


今回「オンリー椀」のセミオーダーが出来るのがこの6スタイルのお椀です。(右端が合鹿椀)好きなかたちを手に取り選んでください。そして5種類の塗りの加工方法を決めて完成を待ちます。価格 7,000円〜


この合鹿椀を使ってカツ丼を作ってもらいました。どうです?おいしそうでしょ?

《お知らせ》
4月6日、7日は木地師の酒井さんがカタカナにやって来て、お椀を使ったお話会を開催します。
4月6日・7日 (各回6名定員)
第1回 11:30〜 第2回 14:00〜
参加費 1,000円+tax
お申込みは下記まで「お名前」「電話番号」「参加人数」を明記の上メール下さいネ。
ご予約状況を確認しご返信させていただきます。
お申込みメールアドレス info@katakana-net.com

ぜひ遊びに来て下さいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘からのお知らせでした。