katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

角井さんの器と出会ったのは、昨年10月のとあるクラフトフェア。
陶器の器もたくさんでているなか、シンプルな白と黒の器か…と通り過ぎそうになりました。
お手製の植物の標本のようなものと一緒に並んでいて、
そちらに気を取られながら近づいていくと、器に彫りのような美しい模様が。

型押しですか?と声をかけると、実は本物の植物を貼り付けていて焼くと灰になるので模様だけが残るんですよ。
と笑顔で答えてくれたのが彼女でした。

そんな技法があったのかとまず驚き、手に取る1枚1枚に美しく残された葉脈や葉の形の美しさに一気に魅了されました。
よく聞けば、まだまだ若手の作家さん、陶芸家になりたくて芸大出ではないけど白磁の巨匠のもとに飛び込んだのだそうです。
作品を見ながらお話を聞けば聞くほど、い頑張ってほしい、たくさんの人に手にとってほしいと、心から思った瞬間でした。

今回の個展には、リムプレートやオーバル皿、フラットプレートやコーヒーカップなど、日常使いの器が並びます。
定番の生成色、藍墨茶色の器に加え、空色と新色の白茶色も初お披露目。
白茶色のうつわは、今回の個展の為に特別にお作り頂きました。
次回のブログでは、素敵な作品たちをご紹介します。

「tsunoi rieのうつわ展」は、9月21日㈯からの開催です。
お楽しみに。
イベントの詳細はコチラ→

カタカナオンラインショップでも角井さんのうつわをご紹介します。
販売開始は22日からとなりますが、近日中に特設ページがオープンいたします。→

ぜひ、チェックしてくださいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店からtsunoi rieさんのお話でした。

8月30日㈮からスタート平利/hirariの「LEATHER GOODS MARCHE」。
「平:おだやか」に「利:やくだつ」暮らしの道具を目指し、
革小物の製作&デザインを行っている平利/hirariのイベントです。

見た目の美しさ、利き手を選ぶ事無く、誰にでも扱い易い設計である為に、
一つのモノを見直し「より美しく・よりシンプルに、機能的で誰にでも優しく」を、
心がけ設計されている平利/hirariの作品たち。

普段の店内では2型のみの展開ですが、
マルシェでは特別に、現在平山さんが製作している多くの作品をご紹介します。

「COIN PURSE」
hirariの看板作品ともいえるのが、手のひらにすっぽり収まる「小さなお財布」
外観からは想像出来ない、その収納力。
折りたむと表面に縫い目が出ず、全体的に丸みを帯びたシルエットに。
アタリがないので持ち心地がよく、革の質感もより感じられる作品です。

「MINI WALLET」
MINI WALLETは、COIN PURSEのデザインを基盤にした、
カードの入るコンパクトなお財布です。
スリットの入った出し入れがしやすいカードポケット、
フラップを利用することで、コインを手前に滑りだすことのできるコインケース…
細部に使い手のことが考えられた、平山さんのこだわりが詰まっています。

「COIN CASE 」
珍しい三角型のコインケースです。
コインを探すときに、ガサガサと振っても落ちないよう、両面にポケットが設けられています。
ステッチ等のないシームレスなシルエットが魅力的。

「 CARD CASE 」
五角形のカードケースです。
フラップを開けるとポケットが3ヵ所に分かれており、それぞれ各1枚ずつ収納できます。
折り方を変えて左右どちらからでも開けられるようになります。

「NAMECARD CASE」
本を開いたときの様子をイメージを参考につくられたデザインの名刺入れ。
フラップなどを取り除いたシンプルなデザインは、機能面にも生かされています。

hirariの作品はすべての工程を自らの手作業で、縫製もミシンを使わず、手縫いで作られています。
ミシン縫製に比べて糸がほどけにくく丈夫なことが特長で、
確かな技術をもとに品質の高い製品を作ることが平山さんのこだわりです。
手縫いは製作に時間がかかるため、決して量産はできません。

その為、普段店頭に並ぶお財布は、受注販売を行っておりますが
当日お渡しできる作品も一部ございます。
ぜひ、この機会に実際に手に取ってhirariの作品の魅力に触れてみてくださいネ。

平利/hirariの「LEATHER GOODS MARCHE」は、8月30日(金)から9月1(日)までの開催です。 
お楽しみに。

カタカナオンラインショップでは、それぞれの作品についてさらに詳しくご紹介しています。→

柴田慶信商店 曲げわっぱ展

日時 2019年9月7日(土)~9月20日(金)
場所 カタカナ自由が丘店
東京都世田谷区奥沢5-20-21

食に関心が高まる中で、安心して安全に食べ物を持ち運べる曲げわっぱに支持が集まるのは
自然な流れかもしれません。 そして曲げわっぱの最大の特徴は「ごはんが美味しくなる」。
私達はこの事に魅せられて、 日本製品を集めたセレクトショップをはじめました。
曲げわっぱのお弁当箱で食欲が戻ったという人がいます。
このお弁当箱だけを使ってと子供に言われたお母さんがいます。

◎お買い上げの方に特典として「特製曲げわっぱマニュアル」をお付けいたします。

柴田さんに「弁当箱を洗うなら高田耕造商店のたわし」と言わせた、
高田さんのたわしのマルシェも同時開催します。

◎9月7日(土)と8日(日)は高田耕造商店の高田さんが在店し
「棕櫚のほうき作りワークショップ」を開催します。
詳しくは後日ブログにてご案内いたします。

【緊急告知】
「曲げわっぱのワークショップ」が開催決定!
ワークショップは、満席となりました。
たくさんのお問い合わせいただき、誠にありがとうございました。

《丸弁当箱を作ろう!》

日時 9月18日(水)15:00から2時間程度
場所 カタカナ自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5-20-21 1階
参加費 7000円+tax
定員  6名

申込 カタカナ自由が丘店に電話かメールにてご連絡ください。
電話03-5731-0919 メール info@katakana-net.com

<ワークショップ内容>
① 曲げ加工
80℃のお湯に浸けた部材を、ゴロという道具に巻き込むようにして、曲げていきます。
② 木槌での底入れ
曲げ加工、接着の済んだ部材に、木目を見ながら底板をはめます。この時、木槌でたたきながら入れることで、本体と底にすき間が出来ないようにします。
③ 山桜の皮を使った樺綴じ
曲げ加工をしたつなぎ目にあたる部分を、山桜の木の皮(樺)で綴じます。

 

イベントの弁当箱の種類などの情報は会期までに、このブログとSNSでお知らせ
致しますのでチェックしてくださいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からイベントのお誘いでした。

全国で活動されている12名の陶芸作家さんのうつわやオブジェなど様々な作品が並ぶ「真夏のアニマル陶器市」。
いよいよ今週金曜日から開催されます!
前回に引き続き、出展される作家さんをご紹介します。

【初日入場のお知らせ】
多くのお問い合わせを頂きましてありがとうございます。
今回は混乱を避けるため整理券を配布する事を決定いたしました。

8月9日(金)9:30より配布いたしますので、店頭にお並びください。
その後、11:00の開店より整理券に記載致しました時間ごとに順番に
ご案内させて頂きます。

連日猛暑が続いております。お気をつけてお越しください。
心よりお待ち申し上げております。

「降幡 未来」さん 神奈川
①降幡さんについて
『送りゆく日常に少しの変化を』
そんな事を考えながら陶磁器を使った器やアクセサリーを制作しています。

②作品の見どころやこだわり
常に惹かれ続ける色、
そして形への感覚を大切に
自作の釉薬による
重なり合い 混じり合い 溶け合う
その時々の表情を追い求めていきたいと思います。

「藤田 美智」さん 京都

①藤田さんについて
主に人、動物をモチーフに 器やオブジェを制作。
食卓に ふふふ をひとつ
玄関に ただいまを言えるヤツ ひとつ
ささやかな高揚のひとつになれたら

②作品の見どころやこだわり
顔をつくるのが好きです。一つ一つ微妙な違いをご覧ください。

③藤田さんのコメント
よろしくお願いします!!!

「ringama 岩本 倫子」さん 神奈川

①岩本さんについて
やさしくて、温かくて、愉快で、目にしたその人が、思わず立ち止まってその子にふれて話し込んでしまうような、
そんな作品をりん窯はつくっています。基本1点物として大切に作っています。

②作品の見どころやこだわり
筆で描いている絵付け(線描きと濃み《だみ》)
濃みとは、大きな敷面の色塗りの技法のことです。

③岩本さんのコメント
私の作品の子達と、どうぞ「おともだち」になって下さい。そして笑顔になって頂けたら嬉しいです。

「QueseranPasaran(ケセランパサラン)石原 里佳」さん 北海道

①石原さんについて
北海道札幌市で、10年前に雑貨屋を営みながら
コツコツ粘土で制作してします。
QueseranPasaaranというのは、
東北地方に住むたんぽぽの綿毛のような物体で
幸せをよぶ妖怪と言われていいます。
得体のしれない不思議なところ、フランス語のような響き
ふわふわして地についていないところが自分っぽいような気がしてつけました。

②作品の見どころやこだわり
ひとつひとつ手びねりで制作しています。
作るものによって、色、素材にこだわってオリジナルティーをだしています。
ゆるくて、シュールで、日々の暮らしが楽しくなるように制作しています。

「野村亜土」さん 北海道
北海道の足寄町にて作陶されてる野村亜土さん。
北海道ののびのびとした大地が目に浮かぶような、ナチュラルで落ち着いた雰囲気が素敵です。
ミルクのような美しい白さに、なめらかでしっとりとした質感、思わず撫でたくなるようなぷっくりとした動物たちの顔が愛らしくたまりません。

「下永 久美子」さん 栃木
栃木県益子町で作陶されている、下永久美子さん。
益子焼というとナチュラルな色味のものが多いですが、下永さんの器はピンク・水色・黄色・オレンジなどと色鮮やか。
手に気持ちよく馴染む、さらっとした質感もたまりません。
あたたかみのある落ち着いた雰囲気と、かわいらしい動物モチーフの絶妙なバランスが魅力な、
下永さんの作品は、その場の空気もほっこりと和ませてしまうような、心地いい安らぎを感じさせてくれます。

アニマル陶器市は8月9日㈮からの、開催中です。
ぜひ、見にきてくださいネ。

作家さん紹介(後編)にページはコチラ⇀

カタカナオンラインショップでは、8月10日㈯からイベント特設ページもオープンします!→
おたのしみ!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのご紹介でした。

ただいま開催中の、ply designのアクセサリーフェア。
安定的な人気を誇る、当店にとってなくてはならないアクセサリーブランドです。

涼しげでモダンな印象のアクリルと柔らかな雰囲気の木材を合わせていて、一見アクリルかと思いきや、チラッと見える木の優しい木目がオトナな印象。この素材同士の意外な相性が面白く、その魅力を伝えるモノづくりをすべく立ち上がったブランドです。現在は、京都の小さなアトリエで商品のデザインから什器、カタログまですべて、奥様とスタッフのたった3人で手がけています。当初は家具や雑貨などさまざまな試作品を製作していたそうですが、中でもクオリティが高くて多くの人が手に取りやすいアクセサリーに絞り、新しいデザインをどんどん生み出しています。

ありそうでない素材の組み合わせ、実はこの2つの素材を接着するのが本当に難しいそうです。透明なものを接着する場合、必ずといっていいほど気泡が入ります。特に、反りや空気を含んだ木材との接着は簡単ではありません。詳しくは企業秘密だそうですが、気泡がなるべく入らない独自の方法を編み出すまでが大変だったそう。確かに、どれも一見ひとつの素材に見えるほどピタリと合わさり、外れることもほとんどない。小さなパーツも、よく見るとすごい技術の塊なのですね。

実は、アクリルだけのアクセサリーは少しカジュアルになりすぎてしまう印象を持っていたのですが、木目がチラっと見えるだけでグッと大人っぽくなり、ちょっとだけ個性的。私も気に入っています。アクリルにはミラータイプのものもあって、光の入り方でキラっとさりげなく光ったり、付けているのを忘れてしまうほどの軽さは何よりも嬉しい。ほぼ毎日、お世話になっています。

今回は、初お披露目の新作も用意してくださいましたよ!
何にでも合うアクセサリーはきっともう持っているはず。ちょっと個性的だけど誰でもつけやすくて使いやすいplyのアクセサリーたちは、日常をちょっと楽しく、変化をくれます。
ぜひ店頭で手にとってみてくださいね。