katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

カタカナ河野の気になる街とモノとコト
vol.7「SOUTHERN FiELD iNDUSTRiESのアトリエを訪ねて」

カタカナに数年前からご家族で遊びに来てくれる、菅家さんという
お客さまがいます。ものすごく顔が広くて、当店が扱っているブラ
ンドやメーカーの多くが知り合いだったりします。経歴を伺うと、
「英語の先生をしていました。フライターグの日本総輸入販売元の
社長もやっていました」との答え。ますます興味が出てきました。

その彼からある日、「興味があれば覗いてみてください」メッセー
ジが届きました。開いてみると、それが今回イベントを行う
「SOUTHERN FiELD iNDUSTRiES」の展示会だったのです。
会場で、デザイナーであり職人の岡田学さんとお話しして、彼の作
品と人柄に魅せられました。どのようなところで製作しているのだ
ろう? と興味が湧き、彼のアトリエにお伺いすることに。

向かったのは、埼玉の森林公園近くの丘陵地。最寄り駅に着くと、
岡田さんが車で迎えに来てくれました。埼玉というと住宅がたくさ
ん並んでいるイメージですが、ここはまさに丘陵地。車中で、この
あたりは乗馬クラブやゴルフ場などがとても多い地域なのだと教え
てくれました。小さな山をいくつか通り越え、アトリエに到着。

10年前にこのブランドを立ち上げた岡田さん。それまではお父さま
の仕事である競走馬向けの馬装品製作工場に十数年勤め、そこで手
作りの大切さと素晴らしさを学んだそうです。ブランド設立当初は
馬具などを乗馬関係のお客さまに販売していましたが、そこで彼の
作るバッグが注目を集めるように。研究熱心な岡田さんは、試行錯
誤を繰り返し、丁寧に丁寧に納得のいく形を作ってきたそうです。

工房を見せていただきました。そこに並んでいた型紙やパーツ、ほ
んの数ミリの違いで使い心地やシルエットに影響すること、それら
は、洋服のパタンナーである僕の父の仕事を思い出させました。

「サザンフィールドインダストリーズ」のバッグが生まれる場所
は、とてもいい時間の流れる場所でした。「今度はもっとゆっくり
来てください。散歩でもしましょう。このあたりを案内しますよ」
と岡田夫妻に言われ、心が温まったのでした。


いい人がいい場所でいいモノを作る。そんな素敵なモノをお店でご
紹介できることが嬉しいです。ぜひ直接手に取ってみてください。

無類のトートバッグ好きの僕が気になるバッグはこちら
https://www.instagram.com/p/BV_d80VFKzN/?taken-by=southernfieldindustries

スタッフが狙っているのはこちら
https://www.instagram.com/p/BbbIT2Hlc2O/?taken-by=southernfieldindustries

妻の誕生日にプレゼントしたのがこちら
https://www.instagram.com/p/Bci3x_NlbmJ/?taken-by=southernfieldindustries

リュック好きは気になるはず
https://www.instagram.com/p/BFDCxRPtMeK/?taken-by=southernfieldindustries

週末は、岡田さんが在店してくださる時間もあります。直接、モノ
作りのお話を聞いてみてくださいね。

日本のカッコイイを集めたお土産やさん
katakana/カタカナ自由が丘店
カタカナ河野の気になる街とモノとコトでした


「SOUTHERN FiELD iNDUSTRiES TWO WEEKS STORE」
日時 2月17日(土)〜3月2日(金)
11:00~20:00(最終日は19時まで)
場所 katakana/カタカナ自由が丘店
世田谷区奥沢5-20-21 第一ワチビル1F

このブランドと最初に出会ったのは代々木上原の
「PADDLERS COFFEE」さんで行われた展示会。
コーヒーの香りに包まれたギャラリースペースで
迎えてくれたのが、デザイナーでありカバン職人
の岡田 学さんでした。とても優しい空気感のなか
に芯の強さが感じられ、それでいてとても謙虚に
話をしてくれる。少しの時間、言葉を交わしただ
けで、「あぁ、この人の作るモノは好きだ」と思
ったのです。

その後、埼玉にある彼らのアトリエにお伺いしま
した。都心から60km離れた丘陵地への道程はま
るで小旅行。素晴らしいモノが生まれる場所を見
て思いました。ここは心地よすぎる。いい環境は
いいモノが出来るのだと。カタカナが好きな人に
は、この想いが伝わるはずです。

とくに男子!
とにかく、自由が丘に見に来てください。

<ラインナップ>※期間中は、同ブランドのフルコレクションをご覧いただけます。
ショッパー20,000円~、バッグパック24,000円~、リュックサック36,000円、
サッチェル18,000円、ウィークエンダー35,000円、ブリーフケース34,000円~、
ショルダーバッグ30,000円、ウォレット10,000円

<ブランドプロフィール>
SOUTHERN FiELD iNDUSTRiES(サザン フィールド インダストリーズ)
90年代から父親の元で競争馬向けの馬装品づくりをイチから学び、手仕事の素晴らしさ、
そして大切さを実感した岡田学が、パートナーの恵子とともに2008年に創業した国産バ
ッグブランド。都心から60kmほど離れた埼玉の緑豊かな丘陵地に囲まれた小さな町にア
トリエをかまえ、素材選びからデザイン、縫製まで、ひと針ひと針「手間と時間を惜しむ
ことなく、時代に左右されないものづくり」を信条とする。展示会は毎シーズン、パリで
行っていたため素材や機能はもとより、その造形美に魅了される欧米のファンも多い。
URL https://southernfieldindustries.com/

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からの
イベントのお知らせでした


チロルチョコに、一粒ウン千円の高級ショコラ。
「チョコレート」という食べ物は概して女性をうっとりさせる
ものですが、「USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)」
のそれは少し違います。どっしりと、どこか男子的なのです。

ウシオチョコラトルは、尾道は向島にあるチョコレート工場兼
カフェ。ヒップホップ好きの男性3人がカカオ豆の仕入れから
チョコレートの製造、販売までを一貫して行う、いわゆる
「bean to bar」の先駆けもといえるチョコレート屋さんです。
カタカナとは、2016年「さがしモノの旅」からのお付き合い。
ブログはこちら⇒
http://katakana-net.com/2016/02/sagashimono11.html

豆は、工場長の中村さんがグァテマラなどの農園に直接出向き
仕入れたもの。ほかの豆をブレンドして味のバランスを取るこ
とはせず、単一の豆のみで一枚のチョコレートを作ります。フ
ルーツやミルクも加えません。加えるのは、ほどよく酸味のあ
るこだわりのお砂糖だけ。そのおかげで、豆の持つ個性や風味
をダイレクトに感じられるというわけ。

ー“新鮮で最高に美味しいチョコレート”をつくる“おもしろ
い連中”を目指しています。

これは、ウシオチョコラトルのHPに記載されている一文です。
彼らのこの目標に対してブレない姿勢、そして行動力と潔さ。
それこそが、ウシオチョコラトルのチョコレートがどっしりと
骨太で、男子的かつワイルドたる所以かもしれません。
こうした背景のあるものだから、男性が買ってもサマになりま
す。尾道のアーティストが描いたパッケージから好きなものを
パケ買いしてもいいし、流行りのインスタ映えを狙ってもいい。

ギフトにおすすめなことは、言うまでもありません。甘いモノ
が苦手な方への贈り物や、いつもとは違うギフトをあげたいワ
という方、ウシチョコのチョコレートを渡してみてください。
一度食べたら、その個性的な味に、たちまち彼らのファンにな
ってしまうことうけあいですyo!

味は全6種、滑らかな舌触りのスムースとざくざくの食感が楽
しいクランチがあります(とても人気で貴重なので、カタカナ
ではときどきいくつか欠品しています、ごめんなさい!)。
ぜひ一度お試しくださいね。

日本のカッコイイを集めたお土産屋
katakana/カタカナからのお知らせでした。


カタカナ河野の気になる町とモノとコト
vol.4 東日本橋「monotone展」に行ってきた

そろそろお会いしたいなぁ、と思っていた方に会いにいきました。
「Ko’da style」のこうださんです。
こうださんは神奈川県葉山のアトリエで、デザインから製作まで
すべての工程を一人で行っています。僕がいま使っているボーダ
ーのトートバックは、以前カタカナで開催してもらった個展で注
文したモノです。自分で使い込むとこのブランドの良さが本当に
分かるのですが、このカバン、からだに馴染むのです。
とにかく人気の作り手さんなので、なかなかイベントの依頼をし
づらかったのですが、思い切って東日本橋で開催していた
「monotone展」にお伺いしました。


こうださんの丁寧な仕事にワクワクしながらバッグを拝見。
今回の展示のテーマは“モノトーン“です。すべての作品が白・黒・
グレーで統一されていました。

Ko’da styleさん以外には、ニット帽のブランド「short finger」の
渡部さん。この方のニット帽はコウダさんのSNS経由で拝見して
いて、いつかお会いしたいと思っていたのでした。思っていた通
り、渡部さんの編むニット帽は最高にかわいい! 今年の秋くら
いにカタカナで紹介できればいいなぁ。

陶芸家のつちやまりさんも、初めてご挨拶させていただきました。
今回はアクセサリーだけでしたが、彼女は草花をテーマに絵付け
をした器も作っているのだそう。
つちやさんとお話ししていてびっくりしたことが、最近のモノ作
りについて。最近のハンドメイドブームで陶芸学校に通う生徒の
数は増えているのかと思いきや、実際は減っているのだそうです。
それでは、いまの若い人はどこで陶芸を学んでいるのか? それ
はなんとYouTube」フリー動画で習得できてしまうそうです。そ
ういった世代の人たちのなかにも、なかなかな作品を作る方もい
るのだとか。時代は変化です。僕にとって今年一番の衝撃でした。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店から
カタカナ河野の気になる町とモノとコトでした

こんにちは、スタッフの川口です。
自由が丘店では現在、「榊麻美植物研究所」さんの盆栽イベン
トを開催しています。

盆栽大好きな私は、新年早々かわいい子たちに心奪われる毎日。
出勤後、店内をぐるっとひと回りし商品整理しつつ接客しつつ、
気づくと盆栽エリアのお手入れを始めてしまいます。同じよう
に見入っている方を見つけると嬉しくなります。
実は私、短い期間ではありましたが前職は盆栽を本業にしてい
たため、この分野に関しては目がないのです。当時榊さんと出
会い、イベントに足を運んでは魅了されていました。
その彼女の作品が今、一堂に会しています。

榊さんの魅力はまず、鉢もオリジナルであること。
足や淵付きなどいかにも!な既製品の鉢に植わっている盆栽が
多いなか、彼女の優しい雰囲気そのままのモノトーンに統一さ
れた鉢に収まる盆栽たちは個性的ながらもかわいらしさもちゃ
んと主張し、洗練された仕立てになっていて、“モダン”一言で
くくってしまうには少々違和感があるくらい…素朴で実直な彼
女の人柄もよく表れている気がします。また、経年変化で生ま
れてくる鉢にこびりつくコケや汚れ。これもいい味となり作品
の一部になってしまうんです。あーかっこいい。

あとはなんといっても彼女の植物に対する姿勢です。
“「学ぶ」「綾なす」「贈る」「寿ぐ」「診る」の5つを軸に
植物に触れて共に暮らすことで、今よりもほんの少し日々の暮
らしが豊かになっていただけたら嬉しい”と。

でも、暮らしを豊かにって簡単にできるんでしょうか。そもそ
も豊かな暮らしってどんな暮らしでしょうか。
経済的成長? 戦争のない平和な世界? なんでも手に入る便
利な国? ラグジュアリーな空間で贅沢すること? たくさん
の友人を持つこと?

前職の仕事をしていたときによくお客様の口から聞いたお言葉
がコレです。
「枯れない盆栽ありますか?」
よくお話を聞くと、玄関先に大きなモミジの鉢植えを置き初夏
の緑と紅葉を楽しみ、葉が全部落ちてしまったので買い換えよ
うか迷っている、と。
“枯れること”と“落葉”は違うんだけど…。
最初は冗談を言っているのかと思ったくらい。返答に困りまし
た。“紅葉シーズン”“紅葉狩り”という言葉や文化はなんとなく
知っていても、その木がいつどんな姿になっているかご存じな
い方が特に都会には本当に本当に多い。静岡の田舎町で育って
本当によかったと思えた瞬間でした。

また、こんなお言葉もよく耳にしていました。
「すぐ枯れちゃうのよね~。」
そうですよね、生き物ですから。生まれては死んでゆきます。
だからこそ皆さん手元に置くには抵抗がある…怖いですよね、
よくわかります。インテリアにしたいけど“生き物”なんですよ
ね、枯らしてから気づくわけです。私も本職でありながらたく
さんたくさんダメにしてしまい、空鉢が山ほど転がっています
し、今でもうまくいかない子は数知れず、です。

でも、それでいいと思うんです、というのは前職師匠の受け売
りですが。本当にそれでいいと思うんです、ひとつでも原因を
考える瞬間さえあれば、何かひとつでも学習して自分の糧にで
きれば、これもひとつの命だったと気づくことさえできれば。

知りたいと思う気持ちに火をつけるのは、やはり失敗する経験
が必要不可欠だと思うのです。いろんな失敗を体験してこそ自
分が豊かになるのではないでしょうか。
前職師匠はよく言っていました。
“命の責任をとる練習を、まずは植物から。 愛があって枯れる
のと、ほったらかしで枯らすのとは大違いです。”

“君の失敗も、会社の財産である”
こちらは代表の河野がいつかのインスタグラムに挙げていた、
katakanaおなじみ日めくりカレンダーの一言です。そんな風
に思ってくれる上司のもとで仕事ができる幸せを感じたのと同
時に、日々の失敗も財産にできるようアンテナを張り巡らせ目
の前のことに集中しろよ、人生も同じだと言われているようで、
背筋がピっとなりました。

榊さんのイベントも残すところあと少し。
あの実がどんな姿で実るのか、どんな花を咲かすのか、枯れ木
に見える木は冬の間に何をしているのか…それを学ぶ場はたく
さん、本を読んでみてもいいし、榊さんに写真を送って相談し
てみてもいい。わからないならわからないなりに、恥ずかしが
らずいろいろ聞いてください。
榊さんと一緒にお待ちしております。

書き手 川口

榊麻美植物研究所さんの詳しいことはこちら →

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

katakana Online Storeでもメイドインジャパンの商品をたくさんご紹介しています。