katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

元一級建築士「村上雄一郎」さんが手掛けるエムピウの美しい革作品が並ぶ「m+ 村上雄一郎の仕事展」。
お財布、名刺入れ、バッグ、ペンケース、キーケース、ポーチなどなど約15種類以上のシリーズが揃います。

当店では定番でご紹介していますが、入荷する度にあっという間に完売してしまうので
なかなか揃う事がないほど入手困難なのです。
そんなエムピウの過去最大規模のイベント(カタカナ開催において)と聞いて、今からワクワクが止まりません…!

今回のブログではイベント開催に先駆けて、エムピウのご紹介をいたします。

2001年、村上雄一郎の革製品ブランド m+[エムピウ]は誕生しました。
村上の m にプラスをつけたのは「作り手+誰か」によって、ものが完成するということを表しています。
年月を重ねて、m+のアイテムは広がりましたが、ブランド名にこめた思いは変わりません。
自然が育む天然素材、信頼できる職人、そして使い手の一人一人が関わりながら、 m+の革製品は生まれてきます。

社長でありデザイナーの村上さんは、元々一級建築士として建築の仕事をしていました。 
「建築は大きすぎて自分が作っている実感が持てない。
革小物であれば、自分で使いながら使い勝手を良くしたり直したりできる。」と 革職人になると決めた村上さんは、
イタリアへ行き、いきなり革の道へ進みます。

東京に戻ってからの活躍は素晴らしく、革を知り尽くした職人によるアイテムは 瞬く間に人気に。
革モノ大好きな男子の心をグッとつかむ、エイジングの美しさが 魅力な作品をたくさん生み出しています。

元建築士ならではの使いやすさが考えられた「他にないアイディアのつまったデザイン」、
5年後、10年後も使い続けたくなる「卓越した使い勝手よさ、機能性の高さ」は、エムピウならでは。
リピーターや、お財布と名刺入れをダブル使いで愛用している方がいらっしゃるほど、一度使うと大ファンになってしまう魅力があります。

「m+ 村上雄一郎の仕事展」は、11月23日㈯からの開催です。
初日に行われる夜市には、なんと村上さんもご在店予定!
ぜひ、遊びに来てくださいネ。

オンラインショップでは、特設ページがオープンいたしました。→
販売は11月23日㈯からになりますが、続々とアイテムをアップ予定です!
お楽しみに。

イベント詳細はコチラ→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店から「m+ エムピウ」のお話でした。

年に一度のカタカナ一大イベント「高倉工芸南部箒展」。
開催までいよいよ約1週間となりました。
毎年開催されるイベントですが、まだ知らない方の為に「高倉工芸」についてご紹介します。

高倉家は岩手県九戸村で代々続く農家で、もともと箒作りは農閑期の副収入源でした。
先代社長・高倉徳三郎氏が「伝統の技と文化は継承していかないと消えてしまう」と危惧し、
箒を一産業として本格的に作り始めたのが「高倉工芸」のはじまりです。

丈夫で長持ちをする、しっかりとした箒を作りたい。長く愛用していただける箒を作りたい。
そんな想いで、機能性、耐久性に優れた南部箒を作り続け、確かなモノ作りは日本中に広まっていきました。

そして現社長・高倉清勝氏は、より多くの人に「南部箒」の素晴らしさを伝えていきたいという想いから、
箒を若い世代にも親しみやすい暮らしの道具とするべくカラフルな色合いの箒や、オーガニックの箒作りなど
今まで「南部箒」に馴染みのなかった層にも受け入れやすい箒を生み出していきます。

そして近年では、なんとロンドンやパリなど世界各国で、南部箒の魅力を伝えています。
国内にとどまらず、日本いいモノを世界に。
高倉さんの前に前に進む姿勢に、私たちも自然と熱い思いになります。

次回のブログでは、「南部箒のお話」を更新予定です。
南部箒の特徴、こだわりの素材、他の箒との違いについてご紹介します。
お楽しみに。

高倉工芸南部箒展は、11月2日からの開催です。
イベント詳細はコチラ→ 

カタカナオンラインショップでは特設ページがオープンいたしました!→
販売スタートは11月3日からとなります。

少し秋めいてきた9月最終週の某日、
横浜市青葉区美しが丘のsonorのアトリエにお伺いしました。

静かで、穏やかな空気が流れ、革の香り、耳に優しく届く気持ちの良い音楽
sonorの世界観がぎゅっと閉じ込められた空間にとても胸が高鳴りました。
この素敵なアトリエで、sonorのバッグたちはどのようにして生み出されているのか…
ワクワクとした気持ちで園田さんにお伺いしました。

生活に馴染む、シンプルで、飽きのこないカタチは園田さんの”感覚”とセンスから生み出されていました。
デザインは頭の中のイメージを膨らませ、デッサンなどにおこさずに、
革の代わりに紙を切ったり貼ったりしながら、カタチを決められているそうです。
縛りのない自由な発想から生まれたバッグたちは、さらに使いやすさがプラスされ、完成します。

新作の「some/そめ」シリーズは、制作後、染めに2~3週間ほど掛かるので、完成までに2ヶ月ほど掛かります。
「ARAI」シリーズは、制作後、水にさらして仕上げを行ったのち完成。革の工程から仕上がりまでは約1カ月。
制作の背景を伺って、園田さんのものづくりへの思いがより伝わってきました。

そして、sonorに欠かせないのが”エコレザー”。
子育てを通じて、環境にやさしく未来につながるモノづくりをしたいという思いがあった、園田さんとエコレザーの出会いはとても運命的なものでした。
ブランドを作る前のこと、革屋さんに入って、ある革が気になった園田さん。
それは「他の革とは違う、質感や優しい風合い引き付けられ、その革しか目に入らなかった」ほど。
革のことを知ると、人にも環境にも優しい「エコレザー認定」をされた革だったのです。

sonorの革に使用しているエコレザーは、
①天然皮革であること
②排水、廃棄物が適正に検査された工場で製造された革であること
③臭気が基準以下であること
④有害科学物質が基準以下であること
⑤発がん性染料を使用していないこと
⑥染色摩擦堅牢が基準以下以上であること
以上の6つの厳しい基準を全てクリアした日本エコレザー認定を受けた特別な革です。
四国の養豚場でブタさんにとっても環境の良いストールフリーで育っているので、
革自体の品質も高いと言われています。
人にも環境にも優しいエコレザーは、まさに、sonorのコンセプトそのものだったのです。

最後にsonorの作品「some/そめ」と「ARAI」シリーズのそれぞれの魅力をお伺いしました。
sonorの新作の「some/そめ」は、園田さんが”色”にこだわって制作。
植物タンニン鞣しの革を職人さんが数週間掛けて丁寧に染め上げています。
使い込んでいくと、色はより濃くなり、艶感も出てきます。

一方、定番の「ARAI」は、”質感”にこだわったもの。
水にさらすことによって生まれるこの独特なシワ感が魅力です。
はじめは パリッとした硬さも、使うと早い段階で表面のシワ感と共に柔らかく馴染んでいきます。
育てると艶感、色の変化も楽しめるARAIは、sonorの代表作です。

使う人のことだけではなく、作品の素材が生まれる過程から、加工、そこに携わる方たちのこと、環境、未来のことが考えられたsonorのものづくりに
ただただ、感服の思いでした。
普段環境のこともそこまで気にしたことなかった私ですが、普段使っているもの、着ているもの、食べているものが生まれる過程における環境への影響や背景など広い視野で目を向けていこうと思いました。
園田さん、ありがとうございました。

「sonorのバッグ展」は、10月18日からの開催です。
革の質感、色味、ぜひ実際に手に取ってsonorのバッグの魅力を体感して頂きたいです。
ぜひ、見にきてくださいネ。

イベント詳細はコチラ→
イベントラインナップはコチラ→

クマのバッグです。

めちゃくちゃかわいいです。
作っているのは、ブローチやアクセサリーなども作る作家の村上さん。
「chitose k」と言うブランドをやっている女性です。
彼女の作るクマのバッグの大ファンなのです!
カワイイのに大人っぽい。


カジュアルなシンプルコーディネートの時にあわせると最高。


カタカナスタッフの津川さんにも持ってもらいました。
想像通り凄く似合う。


これはシロクマ。 ¥9800+tax


ヒグマバージョンもあります。
クマ感が一番あるのはこの色ですね。


う〜ん!
津川さん似合います。


ヒグマ ¥9800+tax


クロクマが一番大人っぽい。


今日はカジュアルなコーディネートですが、ウールのワンピースなどとコーディネートしてら絶対オシャレです。


津川さんはクロクマも似合います。


クロクマ ¥9800+tax


この商品はオンラインストアでは対応しておりませんが、下記にお問い合わせ頂きましたら通販も可能です。※クマ展イベント期間のみの限定販売です。10月5日~10月18日


◎9周年企画 クマ展

日時 10月5日~10月18日

場所 カタカナ自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5-20-21

商品のお問い合わせは下記のアドレスか、お問い合わせ窓口にご連絡下さい。
通販も可能です。info@katakana-net.com

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ河野のニッポンのイイモノコラムでした。

角井さんのうつわ展も、残すところあと2日となりました。
ご存知の方も、新色のブルーや薄茶色を手にとりうっとりしながら選んでくださいますし、初めて手に取る方は、制作過程にとてもびっくり!すごく感心されて一気に魅了されているのが伝わってきます。

スタッフも家で愛用している角井さんの器、今回は実際に使用している様子をご紹介したいと思います。
やはり、白い器はどんな器とも相性抜群。取り入れやすさNo.1です。愛用しているオーバル型は、パスタやオムライス、サラダを盛ったり、小皿と組み合わせてワンプレートにしてもお洒落です。

1番小さなリム皿は、コーヒーのお供にお砂糖を置いたり、朝ごはんのつけあわせをちょこっと盛ったり。お醤油皿にすると、葉っぱの模様が浮き上がって、その美しさに一瞬ハッとして見惚れてしまいます。

パンにつけるオリーブオイルを入れても綺麗です。

コーヒーカップは、スタンダードにコーヒーを淹れれば飲み口が薄く口当たりがなめらか。リム皿と組み合わせて小皿としても使えます。藍墨茶色は、墨黒のような絶妙な色合いで、食材の色が良く映えますね。

植物のそのときを残した作品は、どれも1点もの。どれも彼女の想いの詰まった唯一無二の作品です。残りわずかとなりましたが、まだまだお選びいただけます。この機会にぜひ。

tsunoirieうつわ展は明日まで開催中です。