katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

「洋服で人生が変わる」いまも本気で思っています。

ワクワクする洋服に出会いました。
福岡の宝島染工さんの作るモノには、こころを揺さぶる何かがあります。
むかしから「馬子にも衣裳」といいますが、意味はごぞんじのとおり
誰でも素敵な衣装を着れば、立派に見える”

なんだか着るもので内面をごまかすようですが、ところがどっこい。
着た本人は背筋がピンとして、まんざらでもないイイ気分になるモノです。
それをきっかけに、馬子が馬上の人になるかもしれません。


 

宝島染工の事を知ったのはずいぶん前。

5、6年前、iroseというレザーブランドの展示会場のテーブルに、藍染のサイフが並んでいました。その時にはじめて藍染が布モノ以外にも染まるのだと知りました。
九州の宝島染工という染屋さんにお願いしたと聞いたのが名前をしるきっかけ。
そんな藍染のサイフですが、最初はとりあつかうことに慎重でした。
なぜかというと、、
染まりぐあいに個体差がかなりあって、なおかつ色落ちがするから。
ある日、iroseのデザイナーの高橋源さんが、この藍染のサイフを使っているのをみてノックアウト!めちゃくちゃカッコよかったのです。
薄いブルーの革が、つかいこむとドンドン濃くなり艶がでて、染めムラの濃淡がなんとも言えない景色になっていく、うまく言えないけど「宇宙や深海みたい」小学生か!
それ以来「宝島染工」という染屋さんを意識しはじめたのかもしれません。

 

宝島染工の大籠さんとの出会いは突然だった。

新木場のCASICAでやっていた展示販売会に行ったときのこと。
カッコイイ服を展示しているブースがあって、「これ、どこのブランド?」と妻に聞くと、小声で「宝島染工さん」
妻は最初からしっていて、どうりで目の色を変えてラックの中を見ていたのだと後からわかった。

その会場で、接客してくれたのが社長の大籠(おおごもり)さん。
独特のたたずまいに、最初は「おっ!」と身構えましたが、話はじめるとおだやかな声のトーンに引き込まれ、気がついたら墨染のロングシャツを買ってしまった。

「いつかカタカナでイベントをやりたいね」
「でも開催してもらうにはハードルが何個もありそうだね」
そう妻と話しながら帰宅したのは昨年の10月の事。

 

コロナ禍になり東京の店の人間が、出張で全国を飛びまわることがむずかしい世の中になってしまったけれど、不思議なことに福岡だけは道がひらけているようで。
3月に緊急事態宣言が解除された後に飛び立ち、八女の久留米絣の織元の坂田織物さんと、半纏(ハンテン)でおせわになっている宮田織物さんをかけ足で打ちあわせ。
大満足の出張の成果にホクホク。その時の様子は「さがしモノの旅 福岡八女編」でお伝えしますね。

八女から宿のある福岡に戻り、CAFÉにおいてあったチラシを見ると、展示会のお知らせが。
Thought(ソート)という九州の作り手があつまる合同展示会なのだとか。
ひさしぶりの展示会を見るために、ふたたび福岡に来ることを決めました。
今回は行けなかった宝島染工さんを訪れる理由ができた。フフフッ。

 

2021年4月。福岡空港からレンタカーで宝島染工さんのある三潴郡大木町へ。
福岡県の南西部、久留米市の南の方で、久留米絣の産地の八女から車で30分くらい。

迎えてくれたのは営業の吉田さん。
めずらしく緊張している僕を笑顔で迎えてくれました。
なぜ緊張していたかと言うと、3月の出張から帰ったあと店長である妻とバイヤーの平岡さんとの定例のミーテングで「夏に染め物のイベントをやりたい」とアイデアがでたのです。アイデアと言うか、ほぼほぼ内容は彼女たちの中では決まっていて、
「宝島染工さんを紹介したい!」
思いはそれ1つ。

なので、今回の僕の使命はこの商談を何としてでもまとめ上げて、イベントを開催させていただく了解をもらうことなのです。
でも、緊張は最初だけでした。
「どんなブランドをお店に置いているのですか?」社長の大籠さん。
洋服はNO CONTOROL AIRと伝えると、茶目っ気のある笑顔で、
「あのブランドは良い服をつくるすごい人たちですね!」
「洋服選びに迷っている人がいたら、あのブランドを毎シーズン1枚ずつ買えばいい」
ぼくがいつも心の中で思っていたことを、パーンっと言い切られるすがすがしさ。

 

もともと洋服屋で会社員をしていた僕たち夫婦は、洋服が大好きなのです。
アパレル(洋服)はチャラチャラしてるイメージをもたれることが多いですが、洋服の力は本当にすごくって、その人の良さを洋服が引き出すことで、内面まで磨かれるのだと信じています。ブランドだからとか、高級だとかは関係なく、その人のスタイルにあっているかが大切なのです。

なぜ宝島染工をはじめたのか?

もともとグラフィックを勉強していたという大籠さん。
大学では染色を専攻したそうです。その後タイプの違う染めもの会社で経験をかさねて、
天然染めの工房を立ち上げたそうです。それが2001年の事なので今年で20周年!!
天然染めというと、藍染・草木染・泥染めなどなど、素敵だけど手染めで化学薬品を使っていないとなると、正直手を出すのがとまどうプライスになってしまいます。
「天然染料の服を着たい人はもっとたくさんいるはず」
「どのようにしたらふつうの人が着れるモノにできるか?」
宝島染工さんの事をネットなどで調べると、“中量生産“というキーワードが出てきます。
大量生産ではなく、作家の1点ものでもない。手作業ができて、同じものを200枚作れる技術と仕組み作り。
大籠さんはだれもチャレンジしていなかったからこそ自分でやってみる。
その結果、けっして安くはないけれど、がんばれば手の届く価格を実現しています。

 

染め屋さんがなぜ洋服を作っているのか。

宝島染工の大籠さんの話を聞けば聞くほど、染め物にたいする愛があふれだします。
そこでふと疑問がわいてきました。
洋服はだれがデザインしているのだろう?

宝島染工の会社自体は染色工場なので、いまも多くの外注をうけて、他のアパレルの仕事を生産しています。
アパレルから受注をもらうためには、「こういう染め方ができますよ」という見本が必要です。以前は生地の段階でアパレルの企画も判断していましたが、最近は洋服のカタチで染めの見本を作らないと受注が決まらなくなってきたのだとか。
既製品を買ってきて染め見本を作った時代もありますが、どうせだったら自分が納得する洋服でプレゼンしたい。
そんなきっかけで宝島染工のオリジナルラインが生まれました。
ユニセックスでエイジレス。この洋服には境目がありません。

 

どうしても工房を見たかった

打ち合わせも無事におわり、イベントを開催させていただく事になりました。あっという間に2ヶ月がたち、イベントでどの洋服を並べるかきめる時期になりました。
そんな時、偶然にも福岡に出張する用事が2件できたのです。

 

すぐに連絡をとり念願の工場見学ができました。
天然染料を中量生産する工場はどんな設備でどんな方たちが働いているのだろう?
国道から少し入った、田んぼと住宅が点在する地方でよく見るのどかな風景。わき道を進むと見えてきました。
町工場のような想像をしていましたが、早くも違う雰囲気。。

 

手前で作業していたのは草木染。
何度も染めの加工をくりかえして色を安定させていくのだそうです。

 

奥の部屋では藍染の作業をしていました。

宝島染工では国産の本藍ではなく、インド藍を使っています。

インド藍を使用する理由
国産の藍(本藍)では、キアイと同じく、藍色の色素の元となる「インジカン」が含まれるタデアイ(タデ科)という植物の葉を発酵させて染料液を作り、染めていきます。
主な産地は徳島県ですが、タデアイの産地、生産量が減少し続けている現代において中量生産、そして日常手の届く範囲の商品価格に対応するために、宝島染工では安定した収穫があり、純度が高いインド藍を使用しています。

 

たらいの目の前には時計があって、職人さんは1枚ごとに時間を計りながら染めていました。職人の感性も大事ですが、レシピを作ることで同じものを何枚も生産する。これがとても大切な事なのです。

 

染めたてはグリーンっぽいピーコックブルーですが、空気に触れると藍色になっていきます。目の前でドンドン色が変化していくので「わ~!」とおもわず声が出てしまう。

 

工場にはあと染め物用の乾燥機が2つあるくらい。
思っていたよりもコンパクトな生産現場でした。
このスケールで中量生産をしつづけるには、作業効率がをきちんと考えないとむずかしい。
そして驚いたのが、職人さんたちの年代の若さ!
20代から30代の方たちが黙々と作業をしています。
全国のいろいろな産地を訪ねるカタカナ店主の河野ですが、ここまで若い人が多い工場はめずらしい。
工場好きの僕はいつまでも見ていたくなるのでした。

 

作業着が美しい。
狙ってできるものではない染め物。
まるでアート作品の様です。

 

ワクワクが止まらない。

その後、倉庫兼ショールームに行くと大籠さんがお出迎え。
あいさつもそこそこに妻は商品セレクトに。
「最初のお取組みだから控えめに商品を選ぼうね」
といいながら来たつもりが、ピックアップする洋服がドンドン増えて。
やる気全開!!

 

結論です。
売り場を拡大する事に決まました。
どうせやるなら。宝島染工さんの世界観も知っていただこう。
今すぐ着れるものはもちろん。秋に着たくなる素材のモノもたくさん並べます。
ここまでスタッフが事前に盛り上がっているのもめずらしい。
昨年入社した、学生時代に染色を学んだ野田さんは、「節約節約、、」とお昼はおにぎりを持参しはじめました。

なんだか、懐かしい。。
僕たちの若い頃はなんてセリフはガラにもないですが、
服を買うためにひたすらアルバイトをしていた事を思い出します。

 

洋服で人生が変わることもある。
ひょっとしたらそんな1枚があるかもしれません。

 

「さがしモノの旅 番外編 宝島染工さんに行ってきた」でした。

▶イベント詳細はこちら
▶カタカナオンラインストア「宝島染工展」特設ページはこちら

 

緊急開催インスタライブ 
Sun miの傘展の傘を全部見せます。

毎年人気のアフリカンバティック傘のイベント「Sunmiの傘展」からのお知らせです。
今年は昨今の状況を考えてオンラインのみで販売を致します。

オンラインストアの画像をみてお買上頂きたいのですが、「動画もあればイメージしやすいのでは!」と思い、急遽ですがインスタライブを開催します。

開催日 2021年4月28日(水)20時開始予定
◎カタカナ自由が丘店の公式instagramからインスタライブをご覧ください。
katakana_jiyugaoka

販売開始前夜のインスタライブです。
お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Sunmiの傘展2021販売方法のお知らせ】

<販売開始>
2021年4月29日(木)11時スタート
完売次第終了

<販売方法>
カタカナオンラインストア
katakana.shop-pro.jp

<展開商品>
傘(50cm、60㎝、45cm、折畳み、四角傘)扇子

<本数制限>
傘と扇子ともにお一人様 1本まで
※傘と扇子のセット販売は可能です。

注意1)
今回のイベントでは自由が丘店での店頭販売予定はございません。

注意2)
電話・FAXでのご注文も出来かねますのでご了承ください。

注意3)
予約や商品の問い合わせにはお答え出来ませんのでご了解ください。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

4月16日(金)から始まる『にじゅうかのうのリュック展』。
開催に先駆けて新作のCANVAS×LEATHERリュック・サコッシュの魅力をお伝えしたいと思います。

イベントではオーダーとなるCANVAS×LEATHERリュックとサコッシュ。

キャメル、グレー、ネイビー、キナリは倉敷帆布、カーキは滋賀・高島帆布と、色によって産地が異なります。
もともとブランドの立ち上げ当初は帆布と革をメインにバッグをつくっていたにじゅうかのう。

倉敷、高島の帆布は当時から使っていた素材で、発色の良い綺麗な帆布はどれもこだわって探したもの。

軽く、程よく厚みのある9号帆布を使用。
パラフィンというロウソクのロウのような素材を塗り込んだ帆布のため、
普通の帆布と比べて水の染み込みが少なく、程よいシワ感も出ていて経年変化を楽しめる素材なのだそう。

リュックのベルト、サコッシュの留めの部分には国産の牛ヌメ革を使用。
nudeは使用していくと飴色に、Blackはツヤが出てきてそれぞれの経年変化を楽しめます。

革の分量を増やすと重くなってしまうことから必要な場所にだけ使われているため、軽いのですが品があるデザインとなっています。

リュックの基本的な機能はFUKUISIWAナイロンリュックとほぼ同じで、背面にポケットが設計されています。

もちろん引手も4つ付いています。帆布と革に合わせたシンプルなファスナーを使用。

サコッシュはにじゅうかのうらしいシンプルなデザインなのですがどこか新鮮。
その理由はドイツホックというホックを取り入れているところ。金具の先を引くと開く仕組みになっています。

もともとは重厚感のある革製のバッグなどで使われていたパーツで、これがバッグのアクセントになっています。
サコッシュは一般的にアウトドアブランドが多くスポーティな印象ですが、日常でも使えるようなナチュラルでシックなものがつくりたいとデザインされたのだそう。

真鍮の金具もポイントで、使うほどに色が変わってくることで雰囲気が変わり経年変化が楽しめそうです。

素材はナイロンにこだわらず帆布や自然素材のバッグもつくりたいと三輪さん。
このCANVAS×LEATHERシリーズはナチュラルな装いにも馴染んでくれそうです。

また、リュックはキッズサイズのオーダーもできるので家族おそろいで持てるのも嬉しいところ。
チャックが広く開けられるので中のものを取り出すのもらくらくできます。

サイズはリュックがMとL、サコッシュが2サイズ、キッズはワンサイズで、
帆布がキャメル、グレー、ネイビー、カーキ、キナリの5色と革はnudeとBlackの2色からお選びいただけます。

選ぶ時間も楽しくなるCANVAS×LEATHERシリーズ、使うシーンを想像して選んでみてくださいね。

—–
「にじゅうかのうのリュック展 」
会期 2021年4月16日 (金) – 5月6日 (木)
場所 カタカナ自由が丘店

こんにちは、カタカナの河野です。

突然ですが、自由が丘店の店長である僕の妻はかなりのリュックマニアです。
「そんなにいるのかな?」 と言うくらいリュックを買い替えていたのですが、
5年前にこのリュックに出会って「リュックさがしの旅」が終わりました。
妻曰く「ほぼ完璧」らしいです。

今回のイベントではさらに完璧に近づいた別注リュックも並びます。
—–

【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 日常に寄り添うリュックができるまで】記事はこちら→
【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 ライトナイロンリュック編】記事はこちら→

今やカタカナではなくてはならない存在のリュックがあります。
それはシンプルなデザインでありながら機能を備えていて、年齢や性別、スタイルを問わずに使える。
そして私たちの日常に寄り添ってくれる使い心地の良いリュック。

そんな『NIZYU KANO』の作品はどのようにして生まれるのか、三輪さんご夫妻にお話を聞きました。

まず、ブランドの『NIZYU KANO/にじゅうかのう』の由来を尋ねると、つくるのは『もの』だけどもの以上の『価値』になればとの想いを込めて、日本のお守りの飾り結び『二重叶(にじゅうかのう)』と名付けられたのだそう。

2人とも鞄メーカーにて、カジュアルバッグやスポーツバッグ、スーツケースなどあらゆる世代に向けたバッグづくりを経験されました。
その後、「商品が作られる現場や、使っていただく方との距離がもっと近いものづくりがしたい」との想いからブランドを立ち上げます。

自分たちが納得するような国産の良い素材を使いたいと、素材への探求を惜しまずものづくりをされてきたことが、ブランドの基盤となっています。

使用されているナイロン生地は、元々使いたかった生地が廃盤になったことがきっかけで生まれたのだそう。

自分たちの理想の素材感を再現できる工場を探し、出来上がったのがこのNIZYU KANOオリジナルの『FUKUI SIWA ナイロン』。
ちなみにこのナイロンは『塩縮加工』という加工をしたもの。加工する中で糸が膨張して太くなった分、糸の長さが縮むため生地の密度が上がり強度も強くなる。また、独特のシワ感が生まれるのです。

素材そのものの強さが見えるようなバッグにしたいと、外側はシンプルなデザインに。
その分バッグの中の背面にたくさんのポケットが設計されています。
私の経験上、仕切りの多いリュックはどこに何を入れたかわからなくなり、使わないポケットも多くなりがちですが、NIZYU KANOのリュックは不思議と余すことなく使えるのです。

その理由は4つ付いている引手。
この引手はファスナー加工屋さんに依頼をしてつくったもので、当時では前例がなく「そんなのできるの?」と驚かれたのだそう。
取り出しにくい下段のポケットも、ファスナーが下にあることで背負いながら取り出せ、斜めにカットされたポケットは障害がなくスムーズに手が届きます。

また、ポケットの位置を背面に設計したことで荷物が体に近くなり軽く感じるのだそう。
こうした細部にバッグづくりの知識や経験がたくさん活かされています。

素材が強くても主張しすぎない、普段使いできるようなバッグ。あくまで脇役的な存在でいたいと語る三輪さん。
三輪さんたちにとってバッグはファッションアイテムでありながらも日々のくらしに役立つ生活道具のような存在。機能や素材を考えた上で使う方の生活にどうなじむかを大切に、ものづくりをされています。

そして今回のイベントではさらに完璧に近づいた別注のリュックも登場します。
最大の特徴は前ポケット。背面のポケットとは違って少し気軽なものを、例えばハンカチや手紙、イヤフォンなどの『ちょっと入れておきたいもの』が収納できます。
雨などの水滴が入り込みにくくなるようファスナーをつけたりと細部にまでこだわっています。

このポケットの位置や形状もたくさん検討した中で決まったもの。
また、サイズは現行のMとLの間、MLの寸法。実はサイズで悩む方が多いことから「中間のサイズがあれば」と相談をして形となった、NIZYU KANOとカタカナの特別なリュックなのです。

最近は感染症の影響でイベントの機会が減っているのため、お客様に会えない分どういう接点をつくれるのか考え続けている三輪さんご夫妻。
できれば今回のイベントでも、バッグを気になっている方は手に取ったり背負ってみたりしてほしいと語ります。

最後にこれからの「NIZYU KANO」を聞きました。
「鞄が中心ですけど、もう少しライフスタイル全般に関わるもの、作業着だったりエプロンだったり、そういうものもつくっていきたい」と三輪さん。とっても楽しみです。

イベントではCANVAS×LEATHERリュック・サコッシュのオーダーと、人気のLIGHT NYLONリュックも並びます。

 

 

 

どんな人でも、どんな服を着ていても、どんな趣味の人でもなじむもの。
性別年代を問わず手にとってもらえる理由がなんだかわかった気がします。
ぜひ作品を手に取り、素材の手触りや質感を感じてみてくださいね。

 

三輪さん、本当にありがとうございました。

 

—–

「にじゅうかのうのリュック展 」
会期 2021年4月16日 (金) – 5月6日 (木)
場所 カタカナ自由が丘店

こんにちは、カタカナの河野です。

突然ですが、自由が丘店の店長である僕の妻はかなりのリュックマニアです。
「そんなにいるのかな?」 と言うくらいリュックを買い替えていたのですが、
5年前にこのリュックに出会って「リュックさがしの旅」が終わりました。
妻曰く「ほぼ完璧」らしいです。

今回のイベントではさらに完璧に近づいた別注リュックも並びます。

—–
【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 CANVAS×LEATHERリュック・サコッシュ編】記事はこちら→
【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 ライトナイロンリュック編】記事はこちら→

 

こんにちは、カタカナです。
現在、大好評開催中の「花のうつわ展」。
今回のブログでは、出展してくださっている作家さんをご紹介します!
まず前編では3組の作家さんです。

①「井上枝利奈」さん
井上さんは、スカイツリーの麓、
硝子企画舎にて制作活動を日々行っています。
日々の暮らしが少し楽しくなるようなうつわを作っていけたらという思いで、
作品を制作されています。

板ガラスを使ったフュージングという技法で作られたガラスの生け花。
見ていて胸が躍るカラフルな配色の掛け花は、
お花を生けても、そのまま壁に掛けても絵になります。
季節ごとに、掛け花に合うお花を選ぶのも、楽しみのひとつになりますよ。

◎ガラスフュージングとは?
電気炉で板ガラスを熔かして器やアクセサリーなどを作る技法です。


ガラス作品だけれども、ほっこりとしたあたたかな風合いがあります。
ひとつひとつに様々な模様が入っていて、作品ごとに個性があるのも魅力です!

 
 

②「遠藤マサヒロ」さん
遠藤さんは、神奈川県茅ヶ崎で活動する木工作家。
湘南の海の近くのアトリエで、木の器や暮らしの道具を製作しています。

綺麗な淡い色彩、やわらかな曲線、
木の温もりが感じられる美しい佇まいの一輪挿し。
「カッコイイものより心地よいものを。」という想いを込め、
ひとつひとつ丁寧に作られた作品は、シンプルで使いやすく、
日常生活に彩りを与えてくれる素敵な存在になるはずです。

壁掛けタイプの花器は、裏にマグネットが埋め込んであり、
画鋲を刺せば簡単に取り付けることができます。
中にガラス管が入っているので生花も飾って頂けますよ。
冷蔵庫に貼って、料理や食器洗いの合間の鑑賞にもおすすめです。

実は、一目惚れして一つ購入し冷蔵庫に飾っています。
ただそこにあるだけで、部屋がすごく素敵な空間になり、大満足です!

 
 

③「硝子の種」
ご夫婦それぞれが制作するガラス作家「硝子の種」さん。
印象に残った風景を、宙吹きガラス特有の柔らかな形の中に表現しています。
作家名は、作品も、どこか、たどり着いたその場所で、
人々の生活に芽を出すきっかけになれば。
という願いを込めて “ 硝子の種 ” 名付けられました。

ガラスは、1300℃の窯で水あめ状になります。
制作では、細長い竿の先端にそれを巻く事から始まります。
用語として、この一巻きのガラスを “ タネ ” と呼んだりするのだとか。
巻いたガラスは水あめ状で、変幻自在。
刻々とすがたかたちを変え ひとつの作品となります。

奥様の内田絹子さんが制作している「twilight」シリーズ。
“美しい夕暮れの空、鳥たちが家路につく ”
美しいノスタルジックな世界がぎゅっと詰まった作品です。

旦那様の内田悠介さんが制作している「sunrize 」シリーズ。
作品の名前の通り、日の出の空を器に落とし込んだような色合いの美しい作品です。
どの作品もぜひ、光の当たる窓辺で楽しんでほしいです。
光が花器に入ると、より一層ガラスの中の色彩が、鮮やかに輝くのです。
植物を生けても、インテリアとしても楽しめますよ。

見ていると、惚れ惚れしてしまう美しい色のコントラスト。
2色の境界線が、繊細で、とっても綺麗なんです。
硝子の作品でありながらも、あたたかさを感じる作品です。

 

 

「花のうつわ展」は4月15日㈭まで開催中です!
カタカナオンラインストアでも展開中なので、ぜひ見に来てくださいね。

作家さん紹介は中編と後編も続きます。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのご紹介でした。