katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

今回のSOUTHERN FiELD iNDUSTRiES(以下SFI)の旅は、
カタカナのお客様でありSFIを私たちにご紹介してくださった菅家さんが案内をしてくれました。
菅家さんは英語の先生やフライターグの日本総輸入販売元で、
マーケティング&セールスをされていた多彩な経験のある方。

アトリエへ向かう途中SFIとの出会いを伺うと、
世界のカッコイイクラフト品を扱うニューヨークのWEBショップを見ていた際に
SFIのトートバックが掲載されていたそうで、
「作りが良くてオーラがあるのに日本では売っているところを知らなくて、
夫婦でやっているって書いてあるし何だろうと思って」と、
とても惹きつけられたそう。

それから日本で初めて開催されたMAN/WOMANの展示にSFIが出展されていて、
お会いしたことが始まりだったそう。

海外でもカッコイイと認められるSFIの作品は、
言葉が通じなくとも作品の良さはしっかりと伝わるものです。

到着したのはアトリエ、ではなく“やすらぎの家”。うどん屋さんです。

中に入ると「皆さん、お疲れ様でした」と柔らかい雰囲気で優しく出迎えてくださる岡田さん。
この辺りは自然が豊かで水も綺麗なため無農薬・無化学肥料で野菜や穀物を育てる農家さんが多く、
美味しいうどんやお豆腐のお店もたくさんあります。
ここのうどんは麺にコシがあり、お野菜もとっても美味しい!

岡田さんご夫妻はもともと埼玉のご出身、自然のあるところに住みたいと漠然と思っていたそうですが、
学さんの大学が鳩山町だったこともあり、この土地を気に入りご自宅とアトリエを建てられたそう。

美味しいうどんを噛みしめながら私たちも納得、
本気で移住を考えてしまったカタカナメンバーがいたほど素晴らしい場所です。

自然豊かな地で良い人たちが良いものを作っている。
この地でものづくりをする理由がわかったような気がします。

 

SOUTHERN FiELD iNDUSTRiES POPUP STORE

日時:2021年1月16日(土)⁻1月29日(金)
場所:カタカナ自由が丘店
オンラインストアでも展開予定です。→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

ものづくりの現場を見させていただいた後、
アトリエの隣にあるご自宅へ移り岡田さんご夫妻のお話を伺いました。

まずSOUTHERN FiELD iNDUSTRiES(以下SFI)の由来を尋ねると、
岡田さんも働いていたお父様の工場が埼玉県富士見市の南畑にあったことから、
土地の名前にちなんで “南の畑の工場”と名付けられたそう。

お父さまの仕事である競走馬向けの馬装品製作工場に十数年勤め、
そこで手作りの大切さと素晴らしさを学んでいた岡田さん。

しかしある時、馬具市場が海外に移され、やむを得なく工場を畳むことに。
もともと引き受けていたお客様からの仕事をこなしながら、
乗馬クラブや牧場で馬具の修理や必要なものを作っていたのがブランドのはじまりでした。

その後、乗馬の競技会出店をきっかけに、乗馬ブーツを入れる変わった形のバッグ、
鞍を入れるケースやポーチを作り、注目を集めるように。
「馬に関連しない人でも使えるものを作ったらいいのでは」と
日常でも使いやすいものの製作を本格的にスタートしました。
研究熱心な岡田さんは、試行錯誤を繰り返し、丁寧に丁寧に納得のいく形を作ってきたそうです。

他にはない形を生み出し続けるSFI、実は特にブランドコンセプトはなく、
お二人が今まで見てきたものや感じたものがデザインに現れているそう。
自分たちらしいもの、自分たちにしかできないものをつくりたいという思いで、
バックひとつに対しても相当な数を作って改良する努力が、SFIらしさを生み出しているようです。

ショルダーバックは恵子さんのアイデアから生まれた作品。
今でも作るのが大変な形だそうですが、当時は「それは出来ないかも」と思うほどに難しかったそう。
何とかして形にしたいと試行錯誤を繰り返して完成したのが、唯一無二のこのショルダーバック。

今では作業を二人でされていますが、恵子さんは元々看護師でその頃は休日にお手伝いをされていたそうです。
革はもちろんキャンバス地も一度針を落とすと穴が開いてしまうため一発勝負。
どのように針を進めるか、カーブをつけるかなど今でも日々勉強とお話される程とっても難しい作業です。

そんなSFIの革製品は「使うことが一番のメンテナンス」と岡田さんのカードケースを見せてくださいました。
艶とハリがありカッコよく経年変化をしています。
使わないと革はボロボロになっていく、帆布のバックも形が崩れてしまうので、気兼ねなく毎日でも使うこと。
また使った後はちゃんと掛けておくことが長く使えるポイントです。

 

最後にSFIのこれからを伺いました。
「常に作りたいものがあるのでそれを少しずつ形にしていきたい」と岡田さん。
枠にとらわれず日々思いついたアイデアをカタチにしていく岡田さんご夫妻。

 

 

今回のイベントでは新作のバックも受注でお求めいただけますよ。

世代や性別、年齢を問わず使えるデザイン、
丈夫で上品な作品たちは経年変化を伴いながら私たちに長くやさしく寄り添ってくれます。
それは素材にこだわり、手間を惜しまず、何度も試行錯誤を繰り返してできた作品だから。
ぜひ作品の凛とした姿を見て、そして革の質感や帆布の手触りを感じてみてくださいね。

岡田さん本当にありがとうございました。

 

 

SOUTHERN FiELD iNDUSTRiES POPUP STORE
日時:2021年1月16日(土)⁻1月29日(金)
場所:カタカナ自由が丘店
オンラインストアでも展開予定です。→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

 

 

 わたしのおもち生活は新年からスタートします。
新年のお正月料理とともに食べるお雑煮からおもち生活が始まり、おせちもちょっと飽きてきたなぁと思った時に、おもちを焼いて食べる。そこからお正月が過ぎてお仕事が始まってからは、朝ごはんにおもち。そんな生活が冬の間続きます。
なんとなく毎年そんな感じです。なので、まだこの冬のおもち生活もそろそろスタートです。

子どもの頃からの定番のおもちの食べ方は[砂糖醤油]。名前のまま砂糖と醤油をその日の気分の割合で混ぜるだけ。甘めが良い日は佐藤が多め。しょっぱめが良い日は醤油が多め。
この食べ方、みんなのド定番かと思っていたのですが、意外と少数派だと知ったときはびっくりしました。やったことのない人はぜひおすすめです。

 今まで、おもちの気持ちって考えたことなかったなぁと思ったので、ちょっとおもちの気持ちを考えてみました。
餅つきでぺったんぺったんつかれ、、そのうち、ちぎられたり、焼かれたり、煮られたり。おもちって大変です。
ぺったんぺったんされるのは痛そうなので、自分ならお風呂が好きだから、煮られるのだったら良いかなぁ。どうせなら“もち肌”になりたいなぁ。
この絵本のおもちさんはどうなるのでしょうか?

 おもちの気持ちを考えていたら、おもちを食べたくなりました。
調べてみると、おいしそうな食べ方がたくさん出てきたので、この冬はいろいろと試してみたいと思います。今一番気になっているのは、おもちとバターの組み合わせです。

書き手 つーさん

・タイトル 「おもちのきもち」
・作     かがくいひろし
・出版社   講談社
・プライス ¥1500+tax
絵と詩を持ち歩いてみませんか。
素敵な絵本を揃えてお待ちしています。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナからのお知らせでした。


新年あけましておめでとうございます。
昨年中は色々とお世話になりました。ありがとうございます。

昨年の春から続く新型ウイルスの影響で、当たり前に出来ていたことが思うように出来なくなりました。
飲食店の方や観光業の方々はとても大変な思いをされています。
逆に「今までと生活は変わらないよ」という方や、「リモートの生活が心地いい」という方もいたりと、影響の大きさが全員に同じではありませんが、皆何かに影響は受けています。

カタカナは、昨年の春から大きく変わったことがあります。
1カ月臨時休業していた時、目の前のお客様だけではない方に私たちを知ってもらおうと、オンライン販売とSNSとブログで情報発信に力を入れました。
写真の撮り方をかえて、文章を丁寧に分かりやすく。
そうすると遠くの方に見てもらおうと思い作ったページから、近所のお得意さんが何人も買っていただきました。カタカナは多くの方に応援されているのだと感激しました。その後もオンラインストアは好調で、カタカナの柱の一つに急成長しています。

リアル店舗はこれからどうあるべきか?
数年前から考えていましたが、なんとなく見えて来たように感じます。
リアル店舗とオンラインストアをお散歩するように行きかうことが出来る空間。
これは私たちだけで完成するのではなくて、作り手とお客様と一緒に作って一緒に楽しむ場になっていくのだと思います。
そんなワクワクすることに2021年から進んでいきます。

今年が皆様にとって、より良い年になりますように。

2021年 
(株)タンケン社・カタカナ
代表 河野純一

最初にあやまらなければなりません。

「大北東北展をやろう!」と決めて青森の作り手と打ち合わせをしたり、秋田の作り手と出会うために何度も通ったりしました。

やっぱり自分で動くと、たくさんの人と出会い、モノと出合えます。
しかし、今回岩手を訪れることは出来なかった。

感染者が0名なのに、東京から出張はいけない、、

なので、
今回の岩手はさがしモノの旅はありません。

でも、それでは寂しいので2年前に盛岡に行った時の思い出に浸りたいと思います。

2018年夏

夏休みの帰省を使って1泊2日で盛岡に行きました。
さがしモノの旅の朝と言えば「今日のモーニング」。このモーニング探しがとても面白く、
いつもホテルの朝食は付けずにおいしいお店を探します。
そこそこの規模の街でも喫茶店でモーニングを食べる習慣のない町もあります。

でも盛岡は何軒かある中で選んだのが「いなだ珈琲舎」さん。店内に入った途端、良い店だとわかりました。お店の方々の動きとしぐさと声のトーン。常連さん方のお店を愛している感じ。


このお店をすぐに好きになりました。そしてモーニングが到着。当然すごくおいしい!
特にコーヒーがスッキリしていながらコクがあり、ホロっと苦味が残ります。ブラックで飲ん
で途中からミルクと砂糖を入れたら更に豊かな広がりが。


丁寧に淹れられた珈琲は大切に飲みたくなります。

この思いで淹れる珈琲。美味しいです。

思わずマスターの稲田さんに「豆の卸はされていますか?」
※このモーニングの出会いで8周年のイベントに参加していただき、今回も大北東北展に参加していただきます!!


その後向かったのが「ござ九・森九商店」さん。文化13年(1816)に創業した老舗の荒物屋さん。
当初神仏に使う燈明につかう燈芯売りをしていましたが、しだいに盛岡周辺の農家で作られる手工芸品のワラ工芸・荒物・雑貨を扱うようになり、現在のお店に受け継がれているそうです。


一歩足を踏み入れるとそこはMyワンダーランド。
久し振りに僕はお店で興奮しました。ディスプレーの方法や
1点1点のモノの選び方。例えば、スポンジはすごく品番が絞られているけれど
チリ取りはこんなに種類があるのか?ってくらい陳列されています。


竹カゴやザルの売り場もカッコいい!このフェイスでは素材を絞って形のバリエーション
をみせている、品の良い売場です。什器裏のすだれが効いています。


タワシがいろいろ。パーム椰子にナイロン、そして棕櫚タワシ。
ここではアイテムを集積して素材のバラエティーで選択枠を増やしています。
なにより見ていて楽しい売場です。


ござ九さんに置かれているモノは見たことありそうで、はじめて見るモノが多かったです。

このお店に訪れるだけで盛岡に来たかいがありました。いいなぁ。こんなお店が出来たらいいなぁ。そして僕はこのザルを買っていました。どう持って帰るかは考えていませんでした。どうしよう、、、


次に向かったのが「ひめくり」さん
東北の作家さん、特に岩手の作家さんを中心に作品を紹介している雑貨屋さんです。


オーナーの菊池さんと少しお話が出来ました。
なぜか同じにおいがするな〜と思ったら、創業がカタカナとほぼ同じの2010年の秋。
今までずっと1人でやって来たお店を従業員さんを雇用して、次のステップに進みだそうと決めたそうです。この店はオーナーがすべてを決めて来た空気感が心地よい空間でした。
ひめくりの菊池さんとは、いつか何か出来そうな予感がします。


ひめくりの菊池さんにおススメして頂いたのが「BOOK NERD」さん。
最近本屋が気になる河野ですが、このお店も面白い。
手に取りやすい本もありますが、写真集などはマニアックなモノも沢山ありました。


お店の半分の壁面を使ってイベントを開催していました。
舞木和哉さんの絵の展示でした。お話をお聞きすると、拠点は東急東横線の祐天寺駅。
カタカナの超ご近所でした。面白い出会いもさがしモノの旅の醍醐味です。


お昼はソウルフードを食べないと!
という事で、じゃじゃ麺です。さんがお休みだったので、今回はこちらに!
じゃじゃ麺って以前に盛岡駅で食べて時に「肉味噌が乗っている汁なしラーメン」って印象で特別美味しいとは思わなかった(失礼)のですが、再度チャレンジです。
感想は、「これ!本当に旨い!!」じゃじゃ麺やばいです。でもこちらのお店が
特別美味しいのかな?東京でも見かけたら試してみようと思います。


そして、盛岡と言えば「光原社」さん。
工芸品を扱うお店としてはこちらに訪れない訳にはいきません。実は2年ほど前に、盛岡にチラッと立ち寄った時に見かけた暖簾が忘れられず、まだ販売されていたら購入しようかと悩みながらの再訪問です。
しかし、売り切れ、、いつ入荷するか分からないとの事でした。
入荷したらご連絡を頂く約束をして、今日は手ぬぐいと南部鉄器の風鈴をお土産に。


光原社さんに来たらこの喫茶ルームに行かないといけません。
お店の佇まい、店員さんの心地よいキビキビした動きながらも柔らかい空気感。

何よりコーヒーが美味しい。夏の時期にはクルミクッキーと共にアイスクリームもおススメです。オフシーズンには本をもって出かけていきたいお店です。
あっと言う間の盛岡のさがしモノの旅でした。
盛岡はまだまだ奥が深い。

盛岡に行くなら少し足を伸ばして平泉の中尊寺に!中学の修学旅行ぶりのお参りです。

2011年、世界遺産に登録された中尊寺は更に人気の観光地になっていました。参道に一歩足を踏み入れると空気がガラッと変わり人は沢山いるのに不思議と静かです。

流石1200年近くの歴史のあるお寺だけあって、すべての建造物がお見事!国宝や重要文化財がゴロゴロあり神社仏閣好きの僕は興奮状態。
でも、僕が感心したのが別のポイントがあります。

それはお賽銭のシステム。

こんな事を書くと不謹慎と思われるかもしれませんが、とてもよく出来たお布施の方法でした。
中尊寺は有名な「金色堂」まで一本道の月見坂という山道を登っていきます。その参道沿いに次々と右に左にお堂があります。


最初に「弁慶堂」。そう源義経と一緒に語られるあの弁慶です。
更に進んで、「地蔵堂」「薬師堂」どのお堂をとっても1つのお寺になる位の威厳をもっています。そしてすべてにお賽銭をしてお参りします。そして、それぞれのお堂の脇には札所があり、御朱印が出来てお守りやお札が売られています。小銭が無くなったので両替の代わりにポストカードを買ってお賽銭行脚。


そして中尊寺本堂。さらに進むと「不動堂」「大日堂」「阿弥陀堂」に「弁財天堂」もちろんすべてのお堂の脇に札所があり、それぞれ独自のお札やお守りを並べています。そして「金色堂」にたどり着きます。


沢山の人がいろいろなお堂にお参りしていますが、喜んでお金をお賽銭箱に投げ入れています。
祈り終えた人々は、みんないい笑顔です。


お参りを終えて参道を下りながら、「お金って何なんだろう」と思いながら、不思議とすがすがしい気分になった、
真夏の平泉中尊寺でした。

大北東北展をやります。
岩手のモノをもっともっと知りたかったですが、今回は僕の今知っている岩手だけを紹介します。

でもね。
2月に偶然の出会いがあったのです。
南部鉄の鉄瓶です。

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした