katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

数か月前、地元の城南信用金庫の営業担当の上野山さんから、7月に開催するキャンペーンのノベルティをカタカナで販売しているモノの中から選びたいと提案されました。セレクトしたのは「カレールー」カタカナでは大人気のオススメ商品です。

「キャンペーンの期間信用金庫のウィンドウで、お店(カタカナ)のPRも出来ますので使ってくださいネ」
そんな提案を頂いてましたが、ちょうどバタバタしていた時期だったせいもあり、「ノベルティ商品だけ納品すれば良いかな?」って思い、ウインドウの件は後回しにしていました。
銀行のウインドウは街ゆく人はほとんど見ないしね、、


そうこうしているうちに納品の6月17日。ふらりと訪れた城南信用金庫のウインドウを見てドキッーッ!としました。

何百回もこの道を通り、このウインドウを通り過ぎたはずですが、
「こんなにウインドウが大きかったっけ?」
僕の横では担当の上野山さんがニコニコと、やや高めな声で「社長!ぜひこのウインドウを使ってくださいよ」

僕は久しぶりにワクワクしました。

展開場所のデカさに燃える!

6月17日(月)17:00現場をスマホで写真を撮り、社内ラインに送信。
「皆さま。城南信用金庫自由ヶ丘支店さまのメインウインドウを1ヵ月無償で使用させて頂く事が出来ます。場所を確認しておいてください。期間はキャンペーンと同じ7/1〜7/31」

まずは社内ラインで「とりあえず現場をみてね」と送信した後、フッと思いました。この案件はもっと大きく膨らませないといけないような気がする。
カタカナの知恵袋の青木さんと建築、設計と言えば寺岡さん。この2人も巻き込んで一緒に出来たら最高だ!

さっそく同じ内容のLINEを2人に送信!

6月17日(月)18:02 寺岡さんよりLINEで返信
「かなり面白そうですね!まずどうしたらいいですか?一度外から下見して、明日カタカナに向かえば良いですか?」

6月17日(月)18:34 青木さんよりLINEで返信
「おもしろいですね。期間が長いので1週間ごとの情報発信とか。企画会議しましょう!メディアが取り上げてくれるような地域に密着したものがいいかな。声をかけてくれてありがとう」

二人ともレスポンス良すぎ!さらにワクワクしてきた。血が騒ぐ。

突然ですが人物紹介
・青木実さん(男 71才)
元電通の名物クリエイティブディレクター、フレンチレストラン5WATTS元オーナー、山形県白鷹町観光大使。黒のシュナウザーの長次郎の飼い主。
・寺岡徹さん(男 30才)
東京理科大学理工学部建築学科卒業。同年みかんぐみ入社。日本建築学会業績賞 その他多数受賞。万世橋のエキュートを設計。2016年に寺岡徹建築事務所OOTT を設立。

青木さんと寺岡さんが参加を決定してくれたので早速、次の日の夕方に企画ミーテイングを開催!このプロの方達との話し合いがゾクゾクするくらい楽しいのです。

次の日の昼過ぎ。打ち合わせの時間を確認した時、良いことを思いつきました。そうだ!一流のクリエイティブディレクターと若手注目の建築家の話しが聞ける機会はそうそうない。しかも議題は自分たちの事。
スタッフ全員にミーテイングに参加してもらい、企画が生まれる現場を体感してもらおう。そこでみんなの意見もたくさん出れば最高だ。


青木さんと寺岡さんに、夕方の予定をお店の閉店後20時過ぎにずらしてもらい、企画ミーテイングがカタカナガレージでスタートしました。

プロジェクト名は「城南ウインドウ」

まず河野が「今回本当は大げさな事はやるつもりは無かったけど、あのウインドウのデカさを見て燃えた!」事を伝えました。
そしてやると決めたら徹底してやりましょう!と宣言。

この言葉をうけて青木さんが提案の口火を切ってくれました。
用意してくれたのは短冊状の紙に書かれたキーワードが20個以上!

そして寺岡さんはウインドウの図面と現状の画像を印刷したモノを用意してくれました。

さすが!プロの仕事は「こんな感じのタタキ台ですが」とサラッと核心をつくモノを用意してくる。
僕はつたないけど絵コンテを描き、みんなに考えを伝えました。

そしてスタッフは丸腰!特に資料などは用意せず、ノートに走り書きでまとめているでもなく。
非常にカジュアルな企画会議ですが、参加するには心構えと少しでもいいから準備しないとね。
みんな青木さんと寺岡さんのプレゼンを聞いて「ヤバッ、、」と言う顔をしていたので今後が楽しみです。
やっぱりみんなに参加してもらってよかった!

次回は完成しますよ。城南ウインドウをカタカナがジャックです。

ウインドウディスプレイの話 後編はこちら

キャンプをすでに楽しんでいる人は町の雑貨屋でギア(道具)を買うのだろうか?
よほどでない限り買わない。
お気に入りのアウトドアショップがあるだろうしブランドの直販サイトもある。
実際アウトドアのイベントに行ってみると、「トレンドだから、、」
と商品を販売している店や会社は何となく空気が伝わって、当然のことながらあまり売れていない。
いずれにせよ今の時代「なんちゃって」では大きな成功は難しい。

では、日用品をアウトドアに提案する事はどうなのだろうか?
そんな事を本気でやっているのが、元BEAMSの名物バイヤーの角川さん。
山形の老舗の布団やさんと本気の座布団を作っています。

「キャンプ」ってとても良い響きですが、日本語に変換すると野宿でしょうか。
なんだか少し貧乏くさい。
キャンプをおしゃれにしているのはカッコいい道具たちなのでは無いかと思う。
だけどおしゃれなモノが使い勝手が良い訳では無いらしい。
その一つが「クッション」
クッションとは本来ソファなどの腰当てに使用する事などが目的なので、この上に座る様には作られていない。
でもテントの中でも座りたい、、ここで登場するのが座布団!
こんな提案をしてアウトドアマニアに売れまくっているのだそうだ。まったく知らなかった、、

学生以来キャンプはご無沙汰で、前職の会社行事のBBQ大会では、鉄板と網で焼肉と焼きそばと缶ビールしか知らない僕ですが、「さがしモノの旅」でめちゃくちゃカッコ良くキャンプを楽しんでいる様子に最近遭遇する事が多くなったかも。アウトドアが何だか最近気になります。

でも、、座布団はクーラーが効いた板の間で座ったり、
枕にしてウトウトするのが本当は最高と思っています。

今回は30個限定です。
生地は遠州織物でたくさんの生地の中から選べます。
どれにしようか迷うと思いますが、買って損はない逸品です。
6月8日(土)の夜市は角川さんもカタカナに来てくれるそうです。これもたのしみ。

「The BUTON展」
日時 6月8日(土)~6月14日(日)※8日は夜市開催の為11:00~22:00までの営業。
場所 カタカナ自由が丘店
   東京都世田谷区奥沢5-20-21

あけましておめでとうございます。

昨年中はいろいろとお世話になり本当にありがとうございました。
またご迷惑などもお掛けし申し訳ございませんでした。

昨年は「変化」の年と考え、いろいろな場所に行き、多くの人と出会い、
多くのモノに触れ、お店やイベントなどから多くのヒントをもらいました。

今年は昨年蒔いた種を丁寧に育ていきたいと思います。
今年の進む道はけして平坦なものでは無いと思っています。
色々な部分で今までのやり方を見直さないといけない時代に突入しました。

でも悲観はしていません。
今までのやって来た事の楽しい部分を伸ばし。
上手くいかなかった事をやめてみる。
そして今までの勝ちパターンを疑ってみる。
この3つが出来れば何かが見えるはず。

皆で力を合わせて進んでまいります。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年1月3日
株式会社タンケン社/カタカナ
河野純一


いつもご利用いただきましてありがとうございます。
お陰様で無事に大晦日を迎える事ができました。

2018年はとにかく動こうと決めて色々な場所にいき
たくさんの作り手たちと出会いました。
来年もたくさんのワクワクするモノを皆様にご紹介
出来るようにスタッフ一同がんばります。

暖冬と思っておりましたら急な寒波で日本全国冬模様。
くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけ
くださいませ。
来年も宜しくお願い申し上げます。
それでは良いお年をお迎えください。

katakana/カタカナ 店主 河野純一


さがしモノの旅 大阪

今年から審査員がガラッと変わったと噂の、関西を代表するクラフトフェアの「灯し人の集い」に行ってきました。
そもそもこのイベントは誰が始めたのか?
2009年に第一回が開催され、実行委員会長の辻野剛さんをはじめとする、クラフト作家やアーティスト、クラフト店店主などの方達が立ち上げたイベントで、その実行委員会方々が出品選考を行います。

公式のHPの「ごあいさつ」の中でクラフトとは?このフェアとは?
が綴られていました。

“「Craft」とは、機械生産に対しての手仕事、と表現される。
元来モノを大量に必要とした時代が来る前には
Craftという言葉は無かったのかも知れない。
そのくらい人がモノを作るということは当たり前のことなのです。
当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前のことを生業とし、
人々の暮らしの中に小さな”思い”という明かりを灯す人たちがいます。
彼ら彼女らと触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、
人の暮らしが少し豊かになり、モノに対する価値感も変るのではないでしょうか。“
※灯し人の集いHPより

この言葉がこのフェアのすべての原点。経済的な視点からのモノ作りでは無く、自分と向き合い本当に大切なことは何かを追い求めて、形となったモノが作品としてこの会場に並びます。

前からレベルが高いフェアと聞いてはいましたが、僕が訪れたのは昨年がはじめて。
その時はこのフェアの下調べはせずに、他のクラフトフェアや手作り市と同じような感覚で訪れたのですが「ずいぶんとシックな作品を作っている人が多いイベントだな」と感じました。それでも会場は大盛況で、暮らしの道具に対してよいモノを選びたいと言う人々がこんなにもいるのだと感じました。

2回目の今回は僕の心の変化もあって、とても有意義に会場を見ることが出来ました。
カタカナはお土産屋というコンセプトで雑貨店をやっています。幅広い品揃えの理由は、1つのモノを深く追求するのではなく、お客様にそのモノが持つそれぞれの世界への入り口をご案内したいと思いでセレクトをしています。

大量生産大量消費の時代を経て、ここ数年でモノ作りという事が見直されています。まさに手作りブーム。
色々な識者が「作品が雑貨化している」「売れる事を意識し過ぎたモノ作りへの危機感」
と言っています。確かに本質を突き詰める事の大切さは理解できます。このフェアではいつまでもモノを作る意味と意義を追い求める会であって欲しい。

でもカタカナはそれだけでは無くて、肩の力が抜けた「フッ!」と笑顔になれる商品や、手作りとは対極の大量生産のモノもきちんと紹介をしていきたい。
そのモノ作りの裏側には、子育てに追われながら商品を作っているお母さんや、金属の磨き加工に人生を注いでいる職人さんたちがいるのだから。そんな人たちの才能にもきちんと光を当てたいと思っています。

全国の産地やフェアに行きあらためて思うのは、いい作り手やいいモノに出会うと、自分の手で皆さんに紹介したくなる。
「ねぇ!見て下さい。こんな素晴らしいモノを作る人がいるのですよ!」

やっぱり僕は良いモノを紹介するお店をやりたいです。ギャラリーの様なお店の様な、カタカナがやるんだから気軽な感じが良いですね。めちゃくちゃカッコ良くてめちゃくちゃ敷居が低いお店。
そしていつかそれらを集めたフェアをやってみたいです。

なんだか話がそれてしまいましたが、刺激をもらえた今回の「さがしモノの旅」でした。

実行委員会長の辻野さんがコメントを掲載していました。
興味深く拝読しました。良かったらぜひ!↓
第10回 灯しびとの集いを終えて

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。

  • 前のページへ|Back