katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

来月の10月10日でカタカナは10周年を迎えます。

「10周年は何か記念になる事をしたいね!」

「でも思いつかないね、、」

3年前くらいから妻と繰り返していた会話です。

昨年の夏、妻の故郷の青森でうまい地酒をぐびぐびと飲んでいた時にひらめきました。
東北のモノを紹介したイベントをやりたい。

カタカナを生まれたきっかけを作ってくれた「曲げわっぱ」や、そもそも妻が地方出身だったから、東京生まれの僕に第二の故郷をあたえてくれた東北の事をみんなにも知って欲しい。いや!僕がもっと東北の事を知りたいと思ったのです。

「大北東北展をやります」


10月の10周年までに毎月、青森、秋田、岩手の北東北に「さがしモノの旅」にいこうと思いました。

僕が信頼するお店が全国に何軒かあります。その一店舗が青森県弘前にある「THE STABLES」さん。
年に一回必ずお盆に帰省する事が僕たち夫婦の何よりもたのしみで、その際に必ずおとずれるのがこの店なのです。

いつも店主の小田原さんがあたたかく迎えてくれますが、その小田原さんはメチャクチャシャイで、最初の頃はあまり会話もありませんでした。数年前「秋田の作り手は若い人が頑張っている」とささやくように話してくれてたのを思い出します。
思い返せばそれから秋田に興味が出て来たのです。

どこに行けば出会えるの?

その後数年経ち、全国のいろいろなクラフトイベントや展示会などにいくのですが、秋田の作り手になぜか出会えない。いったい秋田の作り手はどこで作品を発表しているのだろう?

いつもの「さがしモノの旅」だとそろそろ出発しますが、今回はもう少しお付き合いください。

 

 

昨年の5月末、僕と妻は愛知県蒲郡にいました「森道市場」と言う音楽と物販のイベントです。以前カタカナで開催した「ざぶとん」のイベントでお世話になった角川さんに「森道はやばいっすよ!」って言われて、どんだけやばいのかを体感しに来たのです。
その時の話はこちら⇒「さがしモノの旅 愛知・蒲郡 森道市場2019

砂浜を背景に全国から素敵なクラフト作品やオシャレSHOP、そして音楽通には堪らないアーティストたちのライブがいくつもあるステージから聴こえてきます。そんな会場でなまはげがいました。そう、あの「わるいこ、いね〜か〜」のなまはげです。

出店者さんに話を聞くと秋田から参加したとのこと、さっそくそのブースを仕切っている方と名刺交換すると、矢吹さんと書かれていました。その横には「のんびり」
えぇ〜!伝説のフリーペーパー「のんびり」の方でした。秋田への楔(くさび)がコツンッと打たれた音がしました。

まだですよ。もうすぐ出発しますからね。

 

ずっと思っていると偶然がよってくる?


9月に毎年銀座松屋さんで銀座手仕事直売所というイベントが開催されます。そこはカタカナのお取り先も多く出店しているので毎回楽しみに訪れます。

いつもお世話になっているAIR ROOM PRODUCTSのカモさんの目の前のブースに、yourwereさんが出店していました。素敵なストールやミトンに魅入ってご挨拶をすると、名刺に書かれていた住所が秋田大館市!
「大舘は曲げわっぱの打ち合わせで何度か行った事があるのですよ」
「えぇ?そうなんですか!」そんな会話もそこそに
「実は秋田の作り手の方に出会いたいのですがなかなか出会えなくて、、」と相談すると

「いちじく市って知ってます?そこに来ればいろいろな人と知り合えるかも?」

いちじく市?
今まで聞いたことがありません。

調べてみると、にかほ市と言う地域は秋田県の下の方で山形県の酒田市がすぐ近く。出店数を調べると30数店舗。クラフトイベントとしてはかなり小規模なイベントです。
でも、なんだか行かなくてはいけないイベントの様な気がしたのです。

 

そんな事で「大北東北展」に向けての最初のさがしモノの旅は「秋田」に行くことに決定しました!

秋田ってもっとまじめで硬いイメージがありました。

しかし全然違った。

想像を軽く楽しく裏切られるとメチャクチャ気になる存在になる。

さがしモノの旅 秋田編(大北東北展)お楽しみに。

大北東北展(ダイキタトウホクテン)のあいさつはこちら
カタカナ10周年記念 大北東北展

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ店主河野の「さがしモノの旅」のお話でした。

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は本当にいろいろとお世話になりました。

2010年に開業したカタカナは、「日本のカッコイイを集めたお土産屋」としていろいろなモノを紹介してきました。

モノを商品として販売をしていくうちに、モノを売るだけではなく、そのモノを作る作り手の事をもっと紹介したくなりました。

有名な作り手だから、人気があるからと言うことではなく、自分たちが使って良いモノだったり。まだ知られていない若い作り手であったり、忘れかけられそうなモノの方が興味を覚えます。

まだ見ぬ作り手とお客様をつなぐ運び手でありたい。
お店はワクワクするモノと人の出合いの場でありたい。

リアル店舗の役割はこの10年で変わり始めました。
次の10年で劇的にさらに変化しそうです。

コト消費はすでに当たり前の事となり、どこでも同じようなモノを簡単に手に入れることが出来るようになりました。

だからカタカナは今どの様に進んで行く事が良いのかを深く考えます。

地球は今までの生産方法や販売のルールにNOを突きつけています。

変わらないといけませんネ。
カタカナらしい変わり方を決めて進んでいきたいと思います。

今年は子年で十二支の始まる年です。
中国では災害などの未来を予知する神獣として、日本では大黒天の使いとして商売繁盛が叶うとされています。

2020年がみなさんにとっても素晴らしい年になりますように。

今年もよろしくおねがい致します。

頑張ります。

カタカナ河野

今年も一年ありがとうございました。

まもなく2019年が終わり2020年がスタートします。
2010年にカタカナを開業した時は10年後なんて夢のようでしたが、振り返ってみるとあっという間だった様な、長かった様な、1日1日は同じ日はなく、笑ったり、怒ったり、涙ぐんだりした日々でした。でも、歯を食いしばって歩んだ1年は、不思議な事に鮮明に思い出すのは笑っていた時のことが多いです。

来年はネズミ年。干支のスタートの年にあやかって、いろいろな事にチャレンジしていく年にしたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

カタカナ河野純一

9周年を迎えることが出来ました。

この事は今まで応援していただいたお客様のおかげです。
本当にありがとうございます。
そしてお取引先様や関係者の方々に、沢山のご迷惑やご心配をかけながらも背中を押していただけたから9年頑張ることが出来ました。

最初は3人ではじめたカタカナは、今では6人のチームになりました。倍になった言えば成長している様に聞こえますが、9年経ってもまだ1店舗のままです。

思い返せば開業から今日までいろいろな事がありました。
渋谷ヒカリエさんに5年間出店させて頂いたこと、伊勢丹新宿店さんに年に数回イベントを開催させて頂いたこと。

いろいろな事を経験させて頂いた結果、「原点を磨き直そう」と自由が丘のお店に集中する事に決めて外部の出店を一切やめました。それから2年間、けっこう必死に頑張ったつもりです。

今日の朝、開店前に店の入り口のペンキを塗り直しているいる時に「本当に良い店になった」となぜだか感じたのです。

台風が週末に迫って来る中、今月の売上げがめちゃくちゃ心配ですが、カタカナのその先が最近僕に見え始めているからなのか、なんだか無性にワクワクします。

最高のスタッフと一緒に仕事できる幸せ。
作り手の方と一緒に楽しいお店を作っていける幸せ。
そして一番楽しみなのは、お客様と新しい関係を作れるのではないかと言うアイデア。

まだまだやりたい事ばかり!

きちんと計画を詰め切れていませんが、この場で1年間の「やる事予告」します。

・カタカナ自習室をやります。
・10周年は「大北東北展」を開催します。

言ってしまったのでやります。
やるからには楽しいことになるはずなので期待していてください。

9年間ありがとうございました。
明日からもよろしくお願いいたします。

株式会社タンケン社/カタカナ 
代表 河野純一

今回ご紹介するのは、カタカナと山口ごま本舗さんを繋げるきっかけとなった、黒ごまマヨネーズです。
このマヨネーズひとくちで、山口ごま本舗さんの虜になりました。

マヨネーズって卵と油と…カロリーも気になり食べすぎはよくないなと思いますが、この山口ごま本舗さん、「からだにやさしい、からだにおいしい」をモットーに、厳選素材を使って保存料や着色料を一切加えない、無添加でヘルシーなごまマヨネーズを作っています。
オリジナルマヨネーズに混ぜるごまは、抗酸化力の強い黒ごま。この黒ごまを低温で1時間もかけてじっくりと焙煎しているので、香ばしいごまの風味がより引き立っています。口当たりもなめらかになるよう、細かくすり込まれた黒ごまがたっっぷり、これでもか!ってくらい入っています。マヨネーズというより、なんだか贅沢な練りゴマに近い感覚です。

有名な料理研究家の方も、オススメのマヨネーズとしてこちらを紹介しているみたいです。
食材につけて食べるのはもちろん、レンコンやゴボウなど茹でた野菜に和えてお弁当の一品も簡単に作れます。オクラやアスパラ、インゲンなんかも美味しそう。ポテトサラダの隠し味にも!しっかりめの味付けなのでこれ一本だけでOKなのも嬉しいですね。本当に幅広く使えるマヨネーズです。からだにやさしく、からだにおいしく。からだに必要なものだからこそ、丁寧に選びたいですね。

以上、katakana食いしんぼう通信でした。
katakana Online Storeでもメイドインジャパンの雑貨や身の回り品をたくさんご紹介しています。⇀

  • 前のページへ|Back