katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

今年は10年ぶりにお盆に弘前に帰らなかった。
正確には「帰れなかった」だけど。

今年3月の時には「会社が潰れてしまうかも?」と思う反面、8月のお盆にはウイルスは落ち着いていて、例年のように青森でリラックスしている姿を描いていた。

結局は多くの関東在住の地方出身者と同じように、帰郷はあきらめた。

せっかくの夏休みをどのように過ごそうかと考えた時に、「やりたいと思っているけど、なかなか出来ない事」をしたいと思った。

いま時間がポコッと3日間出来たらやりたいこと。

「文章を書きたい。」

毎日更新している仕事としてのブログの文字ではなく、心の中から生まれてくるモノを書きたい。

そうだ!作家先生がやるような「カンヅメ」がしたい!そう思いついた。

神田の山のホテルが有名だが、もう少し日常から離れるとなると、

湯河原とかいいな。

検索して良さそうな宿を選び予約をした。
普段では贅沢な宿でも、GO TOキャンペーンと溜まっていた楽天カードのポイントで、「よし!行こう!」思える価格まで抑えることができた。

==どこへも行かない贅沢==

その宿は想像よりもはるかに居心地が良く、部屋は文字を書くには最高の環境で、食事も文句ない出来に満足。
さらに部屋の隣が大浴場。
最初は「ん?はずれの部屋か?」と思ったら大当たり!
気分転換したいと思ったらすぐに
「ザブン!」快適すぎで癖になりそう。

その満足宿のフロントに置かれている、湯河原の案内地図やミュージアムのチラシの中に和菓子屋さんのショップカードがあった。チェックインした時からなんとなく気になっていたが、最終日に手に取ってみると、、

「あっ!知っている」

==記憶と縁がつながっていく==

話は1年と数カ月さかのぼります。

昨年のゴールデンウィークに木彫りアーティストのムラバヤシケンジさんと一緒に「ババババッチ展」という、彼の木彫りのバッチを展示販売するイベントを僕のお店のガレージで行いました。

そこに彼の知り合いとして遊びに来てくれたのがニシフジキョウコさん。見るからにファッショニスタで一般人ではない空気感プンプン。でも話すと話題が豊富で人懐っこい魅力的な方でした。

LOVE BOATの仕事をしていたと聞き、「僕の元同僚が働いていましたよ!O君と言います」
「え~!O君と知り合いなの!」

LOVE BOATは僕の前職の(株)鈴屋にいた大先輩の小松さんが(株)ララプランと言う会社を創業し立ち上げたブランドです。
当時若造だった僕が本社勤務でバタバタしているとき、毎年会長の誕生日に、ビシッとスーツ着て大きな花束を抱え、後ろにオシャレな女性をお供に颯爽と会長室に入っていく。

「あれが小松さんだよ」と先輩に教えられました。
20年ほど前の話です。

「そのお供の女はわたしだよ」
「え~!」
いろんなところでつながるものです。

ファッション人間が和菓子屋をやっている?

その時ニシフジさんから「小松さんと今こんなことをやっているんですよ」と渡されたのが黄色い小さなSHOPカード。
小梅堂と書かれていました。小松さんのご実家の家業なのだそうです。
渋谷109をギャルファッションの聖地にリニューアルして、ひとつのファッション文化を作り上げた人が、老舗の和菓子屋をついだことにとても興味をもったのを覚えています。

そして、連休最終日。

フロントで何気なくチラシを見ていると、
年季の入った小柄な角刈りの従業員さんに、
「湯河原でお土産を買うんだったら小梅堂さんが良いですよ。やっぱりあそこが一番うまい」

突然記憶がつながりました。

宿のフロントに置かれた黄色のカードには「小梅堂」
場所は宿から3分と離れていないところです。

チェックアウト後に、妻と小梅堂さんを訪れると、配達から帰ってきたボーダーTで日焼けした男性とすれ違いました。
その人がたぶん小松さん!

突然の大先輩を前に、恐るおそる「あの、、じつは僕は以前(株)鈴屋さんにいまして」と言いかけると、パァっと小松さんの顔が明るくなり。
「君は何期生?」と聞かれ「31期です」と答えると
「だいぶ下だな!僕は10期だよ。よく来た、まあ座りなさい、どうぞ、どうぞ!」

その後1時間ほど、ファッション業界がキラキラ輝いていた時代や、リーマンショックや東日本大震災でのつらい思い出。
そして、これからのことなどを楽しそうに話してくれました。

20歳以上の先輩から、嫉妬してしまう若々しさを感じると同時に、つらくても常に上を見て進んでいくことの大切さを教えていただきました。

思い付きで訪れた湯河原ですが、大正解。
導かれたような出来事に、また訪れる理由が出来ました。

あぁ。。良い夏休みだった。

最後にもう一つ。

湯河原から家にたどり着き、同居している両親にお土産を渡すと。

「あれ?これおばあちゃんが好きだったカルカンのお菓子屋さんじゃない?あんたは覚えていないかもしれないけど毎年湯河原のお土産でいただいたのよ。そうそう、この黄色の包みの小梅堂さん」
もう40年くらい前の話です。

仏壇にカルカンをお供えして、おばあちゃんの写真を見ると、ニコッと笑ったような気がしました。


今回お世話になった富士屋旅館さん


宿と小梅堂さんの間に清流が流れています。


「これプレゼントしますよ!」頂いたのが、これまた大先輩の中野さんの本。大親友なのだそうです。少し前に中村さんからお借りして読み終えていたのですが、直筆サイン入りです。


小梅堂さん。「ここからの角度が良いんだよ!竹林と空の青を入れてね」


小松さんと僕。ありがとうございました。


ほんとうにおいしいです。おすすめ。
ここに行かないと味わえない味。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ河野の夏休みでした。

ひょんなことから、城南信用金庫自由ケ丘支店さんのウインドウをお借り出来る事になった僕たちは、カタカナのお馴染みのお客さんの力も借りながらいろいろなアイデアを出し始めました。


最初の企画ミーテイングでは、元電通クリエイティブディレクターの青木さんが、カタカナスタッフを上手に発言誘導してくれたお陰もあり、ドンドンとアイデアがわき出てきました。そしてそのキーワードを拾い上げてまとめて昇華させる。みるみる企画が動き出す様子に、さすが!これが青木さん流の発想法なのか!と感激。

大きくまとめるとこんな感じ
・足を止めてもらう
・期間中展示内容を変えて変化をつける
・カタカナを知ってもらう
・城南さんにもメリットなることを考える。
・商品の紹介やマルシェの告知&展示をする

河野は売上効果をすぐに欲しいなぁ、、と思ってしまうので、どうしても商品の展示やイベントの告知を提案してしまいがちですが、意外にもスタッフからは、「商品をただ並べても、誰も信用金庫のウインドウには気をとめない。やっぱり最初はインパクトが大事なんじゃないですか?」
何をすれば街ゆく人が「えっ、何?」と思ってもらえるか?

青木さんがiPadをスワイプしだして「こんなのどう?」と見せてくれたのが画面いっぱいに描かれた河野の顔のイラスト。
僕はおもわず「アハハ!それは無いでしょ、信用金庫のウインドウに河野の顔なんて」と言いながらみんなを見ると
「いいかも!」のつぶやきと
「これだっ!」って言うキラキラした目。
「え、、、この顔で良いの?」

カタカナはただモノを売るだけのお店ではない、それを分かってもらうためにどうすれば伝わるか?その前にどうすれば振り向いてくれるのか?街を歩く人々にメッセージを届ける方法とは何だろう。広告の奥深さをチラッと覗いた気がしました。


2日後、寺岡さんからウインドウの図面が3案LINEで送られてきました。さすがプロはボールを投げると返球が早い。サクッとまとめて「こんな感じはどうですか?」と判断材料をテーブルにのせてくれます。
すこし遅れてスタッフの脇田さんからも具体的な展示提案が2案。
この3案+2案に先日の企画ミーテイングの意見をかけ合わせたら、ウインドウの計画が目の前にパァっと広がりました。

「よし見えた!やるぞ城南ウインドウ!」

みんなにLINEをしてから1週間、アッ言う間に企画がまとまりました。
そしてあらためてスケジュールを眺めて「あれ?まずいかも、、」と思ったのが設営日の事。
7月1日から展示開始という事は、いつもの僕たちの感覚だと6月30日の閉店後に作業します。でも、30日は日曜日、当然29日土曜日も城南さんは開いていません。


必然的に設営は28日(金)。設営日まであと3日、、、
そこからは大急ぎで役割分担を明確にして、プロジェクト結成当初に立ち上げ共有LINEで進行チェック。寺岡さんが28日は出張のため準備は27日でないと無理だと発覚し、寺岡さんがいないと出来ない作業は急遽27日にやる事に。


そして設営当日、汗だくで作業しているとウインドウ越しに視線を感じる、顔をあげるとカタカナマルシェに出店してくれる藤原さんと旦那さん。満面の笑みで手を振る姿が!その後も何人ものお馴染さんが僕たちの事に気づき、笑顔で手を振ってくれます。あぁ、、ウインドウをお借りして本当に良かった、お客様が自分の事のように素直に喜んでいるのが伝わる。一生懸命歯を食いしばってお店をやってよかった。


次の日の設営最終日は河野の顔のイラストを青木さんの職人技でB1パネルに切り貼りしたものを吊るし、田中帽子のカンカン帽を中央にセットし完成!バタバタしながらも完成したウインドウを見て、脇田さんと河野は思わずウルっと!感動してしまいました。
これから1か月間、模様替えをしながら自由が丘の町にカタカナ史上はじめてのウインドウ広告をさせて頂きます。宜しくお願い申し上げます!

でもね、、それで終わらないのがカタカナっぽいところ。
感動の設営完了の翌日の土曜日、お客様から「城南さんで飾っていた帽子が倒れて下に落ちていたわよ!」
えぇー!土日は信金さんがお休みだから直しに行けない、、
その後も何名もの方に「大変よ!帽子が落ちてるわ!」とのご連絡を頂きました。普段だったら気にもかけないウインドウに気をかけて頂いたのだと思い。これはこれで胸が熱くなってしまったのでした。

で、ディスプレイを直したくてウズウズしていた土日が終わり9時の開店と同時に城南さんに滑り込むと、「ん?何しに来たの?」の空気。パネルが落ちて帽子が傾いている事に気づいていない、って言うか月曜日の忙しい朝にウインドウを気にしている時間は無い。
よし!このウインドウの素晴らしさを再認識してもらおう。この建物の顔である部分に勝手に名前をつけました、それはやっぱり「城南ウインドウ」

これをきっかけに「来月の城南ウインドウは○○さんが担当するらしいわよ」「え〜楽しみ!」なんて会話が生まれたら街も信金さんも楽しくなる。

最後によいしょします。城南さんは凄い。建物の顔をポンッと貸して「好きに使ってください」なんてなかなか言えない。少なくても僕は言えない。
僕たちの様なちっぽけなお店が信金さんの6m×3mの巨大ウインドウを使わせて頂けるなんてすごいこと。本当に感謝しています。ありがとうございます。頑張ります。


追伸 先日第2段のウインドウが完成しました。テーマは「ニッポンのたわし」週末に開催するタワシのマルシェにあわせて、紀州和歌山の高田耕造商店さんのたわしを大々的にPR!
さらにレベルアップした城南ウインドウを見に来てくださいネ。

次回の変更は7月19日から「ニッポンのジーンズ」をテーマに福岡県八女市でモノ作りをする「うなぎの寝床」のもんぺを飾ります。

「城南ウインドウを見たよ!」って声かけて下さい。
それだけで僕たちは笑顔になってしまうのです。

プロジェクトチーム 青木実 / 寺岡徹(寺岡徹建築事務所)/カタカナ

ウインドウディスプレイの話 前編はこちら

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店
代表 河野

8月のはじめ、1通のメールを頂きました。
「新木場にあるCASICAが1周年を記念して「ニュー縁日」という名前で色々な方を集めたイベントをやるので参加しませんか?」CASICAをディレクションするTAKIBI BAKERYの鈴木善雄さんからでした。ワクワクして新木場のお店に行き詳しい話を聞くと、CASICAの1階すべてと、普段は開放していない2階のスペースも使って、まさに全館まるごと「ニュー縁日」!
出店者さんのリストを聞くと、お洒落ブランドが勢揃い!!
「やばい、、、すごく楽しそう!」
什器や展開スペースの打ち合わせをしたら、1階の奥の小部屋を使って欲しいとの事。やばい、、以前この店に来た時に「この空間いいよね〜!」とうっとりとした場所でした。

参加するからには、自分達もしっかり楽しんで、しっかり売上げに貢献しないとです。今回のキーワードは「お洒落空間のお土産屋さん」。2日間で終わってしまうのが勿体ないくらいの良い売場が出来ました。
そんな素敵空間でkatakanaは何をしたかと言うと、チビッ子たちのハートをガシッ!と捕まえるオモチャと「買うつもりは無かったけれど、、」という方に「おっ!これ良さそう」と手に取りたくあるような日用品と作家さんの手作り品を厳選。僕たちの得意は子供からお年寄りまで笑顔にすることなのです。


2日間ずっとお店に立って感じた事は、想像通りオシャレなお客さんが沢山来たこと。外見の洋服がキレイという事だけでは無くて“スタイル&存在感”がきっちりある方が、近くに商業施設がまるで無い新木場にドンドン押しかけて来るって事は、やっぱり立地では無く、何をどうやるかなのだ!と改めて理解しました。

コンセプトがきっちりとお店に表現されていて、誰もが憧れる日常と非日常の隙間の様な空間、おいしいコーヒーと本と器と古家具と植物。
ここは完成された空間の様で、実は未完成の部分がところどころにあるのです。だからきっと心地いい。

つい最近読んだ「死ぬこと以外かすり傷」という本の中で、
「意識くらい高く持て」と書いてあり、なるほどなぁ、、と思った矢先の“意識MAX高い空間&人々”に囲まれたこの場所で、気が付いたら2日間、1分も座って休憩もせずに店頭に立っていた自分がいました。久しぶりにワクワクして興奮したイベントでした。

この空間にいると自分たちのこれから先のことを考えたくなる。
ニュー縁日は終わりましたが、CASICAさんにぜひ行って見て下さい。コーヒーを飲んでイスに座るといろいろなモノやコトが見えてくるはずです。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてご苦労様です。また、お会いできることを夢見ております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘からのお知らせでした。

福岡のお店「TERCEIRO」さんの展示が東京でやっていると情報をキャッチして、平日の昼下がりに行って来ました。開催していたのは「yau.」という場所。Google Mapで調べると、根津美術館の裏手で住所は西麻布。微妙にどの駅からも離れているところが目的地です。

表参道からてくてく歩き、根津美術館のわきの坂道を下ると、青山のシャープな街並みから、路地からネコがゆっくり横切りそうなのんびりした空気に変わります。

そこでひと際目を引いたのが「yau.」さん。奇抜ではないけど、思わず「わぉ!」と声に出してしまいました。これは店舗というのか?ギャラリー?この空間自体がアート作品のようで、不思議と緊張をさせない空気をもっています。


店内の真ん中に大きな木を配置して、テルセイロさんの帽子を飾っていました。
初日には20個くらいあったそうですが、その日は2個に、、さっそく同行した妻がかぶって見ると、オリーブ色の帽子をとても気に入って、彼女の誕生日のプレゼントが決定しました。(今年の一仕事終わりました(笑))


僕はとにかくこの空間が気に入ってしまい、この店を運営している中井さんに根掘り葉掘りいろいろな事を聞いてしまいました。
彼の今まで歩いてきた道のりを聞くと、「あぁ、やっぱりね」と思う反面。この店を切り盛りするアイデアと行動力とセンスにとても刺激を受けました。
やっぱり、何事も振り切らないといけませんね。
迷いがあっても、振り切る!手が縮こまっては感動はないのを教えて頂きました。


通いたい店が1つ増えました。

yau.

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした

今日暖簾をはじめてお店の入り口に掛けました。
この暖簾をはじめて見たのは3年前の8月。
岩手県盛岡の光原社さん。店内にドンっと展示してある様子に
こころを奪われました。恐る恐る価格を見ると2万8千円、、、
想像の倍でした。
そして今年の夏に再び光原社さんを訪れる事が、、よし!頑張っている自分にご褒美だ。
と、お店を見渡すと、目当ての暖簾が無いのです。店員の方に聞くと
品切れしていつ入荷するか分からないとの事。予約をして帰りました。
そして昨日暖簾が到着!本日よりお店の正面に掲げております。

夏が苦手なカタカナは早く秋にならないかなぁ、と思ってやっと迎えた
9月が雨だらけ、正直しんどい時もありました。

でもね、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」を宣言した本日は見事予算達成。
暖簾で何かが変わりそうな気がしています。
今週末は8周年のイベントがスタートする!がんばろう。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお話でした。