katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

クマのバッグです。

めちゃくちゃかわいいです。
作っているのは、ブローチやアクセサリーなども作る作家の村上さん。
「chitose k」と言うブランドをやっている女性です。
彼女の作るクマのバッグの大ファンなのです!
カワイイのに大人っぽい。


カジュアルなシンプルコーディネートの時にあわせると最高。


カタカナスタッフの津川さんにも持ってもらいました。
想像通り凄く似合う。


これはシロクマ。 ¥9800+tax


ヒグマバージョンもあります。
クマ感が一番あるのはこの色ですね。


う〜ん!
津川さん似合います。


ヒグマ ¥9800+tax


クロクマが一番大人っぽい。


今日はカジュアルなコーディネートですが、ウールのワンピースなどとコーディネートしてら絶対オシャレです。


津川さんはクロクマも似合います。


クロクマ ¥9800+tax


この商品はオンラインストアでは対応しておりませんが、下記にお問い合わせ頂きましたら通販も可能です。※クマ展イベント期間のみの限定販売です。10月5日~10月18日


◎9周年企画 クマ展

日時 10月5日~10月18日

場所 カタカナ自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5-20-21

商品のお問い合わせは下記のアドレスか、お問い合わせ窓口にご連絡下さい。
通販も可能です。info@katakana-net.com

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ河野のニッポンのイイモノコラムでした。

角井さんのうつわ展も、残すところあと2日となりました。
ご存知の方も、新色のブルーや薄茶色を手にとりうっとりしながら選んでくださいますし、初めて手に取る方は、制作過程にとてもびっくり!すごく感心されて一気に魅了されているのが伝わってきます。

スタッフも家で愛用している角井さんの器、今回は実際に使用している様子をご紹介したいと思います。
やはり、白い器はどんな器とも相性抜群。取り入れやすさNo.1です。愛用しているオーバル型は、パスタやオムライス、サラダを盛ったり、小皿と組み合わせてワンプレートにしてもお洒落です。

1番小さなリム皿は、コーヒーのお供にお砂糖を置いたり、朝ごはんのつけあわせをちょこっと盛ったり。お醤油皿にすると、葉っぱの模様が浮き上がって、その美しさに一瞬ハッとして見惚れてしまいます。

パンにつけるオリーブオイルを入れても綺麗です。

コーヒーカップは、スタンダードにコーヒーを淹れれば飲み口が薄く口当たりがなめらか。リム皿と組み合わせて小皿としても使えます。藍墨茶色は、墨黒のような絶妙な色合いで、食材の色が良く映えますね。

植物のそのときを残した作品は、どれも1点もの。どれも彼女の想いの詰まった唯一無二の作品です。残りわずかとなりましたが、まだまだお選びいただけます。この機会にぜひ。

tsunoirieうつわ展は明日まで開催中です。

ただ今開催中のイベント「S O U T H E R N F i E L D i N D U S T R i E S」の商品をご紹介します。

◎SOUTHERN FiELD iNDUTRiES POPUP/サザンフィールドインダストリーズ
デザイナーでありカバン職人でもある岡田学さんは、以前、競走馬の馬装品を製作していたお父様の元で修行をしていました。他のファッションブランドとは違う、品のある丁寧な仕事はそんな馬具作りから引き継がれたモノなのかも。帆布とレザーを使った、カッコイイバッグです。

見れば見るほどカッコイイ、、
使いやすさはモノを選ぶ重要なポイントですが、
もっと大事なのが「ひとめぼれ」


◎リュックサック 400 ¥36,000+tax

四角いスタイルでスッキリしたリックサックです。
革の持ち手がカッコ良く大人が持ってさまになるリュックです。

◎河野からのご報告 昨年のトートに続き、今年はリュックサックをGETしました!


◎ショッパー380 ¥20000+tax


トートバッグ好きの僕が見て本当に美しいと思うトートバッグです。
今回のイベントでまたひとつ欲しくなりました。

大きなバッグが好きな方に!
とにかくレザーの使い方が美しい!


◎ウィークエンダー480 ¥36000+tax

何年も旅行用のバッグをさがしている方!
このカバンかもしれませんよ。


◎サッチェル300 ¥18000+tax

今人気のサコシュも良いですが。
人と差をつけるならこんなショルダーバッグがおススメです。

とにかくレザーの使い方がメチャクチャかっこいい。
内部の細かいところも本当に美しい仕上がりです。

【次回のブログ予告です】

次回は大人気のショルダーバッグをご紹介します。


SOUTHERN FiELD iNDUTRiES POPUP/サザンフィールドインダストリーズ
日時 9月21日~10月4日
場所 カタカナ自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5-20-21

☆商品のお問い合わせは下記のアドレスか、お問い合わせ窓口にご連絡下さい。
通販も可能です。info@katakana-net.com

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana自由が丘店からのお知らせでした。

カタカナ自由が丘店で、開催中の「柴田慶信商店の曲げわっぱ展」。
残すところ、あと5日となりました。
たくさんのラインナップなので、どのカタチにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。
カタカナスタッフがオススメするのは・・・

こちらの小判型のお弁当箱です。
理由は、昔ながらの慣れ親しんだカタチなので使いやすい。
カバンの中でもかさばらない。

片手でお弁当をもちながら、食事ができる。(特に食べ盛りな男子は片手でお弁当をガツガツと食べたいですよね!)
カタチが深めなので丼もののメニューもいけちゃいます。

二段弁当と比べると、フタと本体のみなので洗いものも楽々です!

次に、大きさ別にオススメポイントをご紹介します。

小判弁当箱 小(400ml
お子様とお昼ご飯は控えめに取られている女性の方におススメです。

小判弁当箱 中(600ml)残りわずかです!
女性向け、男性向けのサイズ。

小判弁当箱 大(650ml)
たくさん食べる男性、育ち盛りの男性におススメです。

お好みのサイズを選んでくださいネ!
小判型弁当は、曲げわっぱデビューにもとてもおすすめです。
この機会にぜひ、曲げわっぱ生活を始めてみませんか?

柴田慶信商店の曲げわっぱ展は、9月20日㈮までの開催です。
カタカナオンラインショップでは特設ページがオープンしております。
ぜひ、チェックしてみてくださいネ。
(↓画像をクリック!)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店から「柴田慶信商店」の小判弁当のお話でした。

角井さんの器と出会ったのは、昨年10月のとあるクラフトフェア。
陶器の器もたくさんでているなか、シンプルな白と黒の器か…と通り過ぎそうになりました。
お手製の植物の標本のようなものと一緒に並んでいて、
そちらに気を取られながら近づいていくと、器に彫りのような美しい模様が。

型押しですか?と声をかけると、実は本物の植物を貼り付けていて焼くと灰になるので模様だけが残るんですよ。
と笑顔で答えてくれたのが彼女でした。

そんな技法があったのかとまず驚き、手に取る1枚1枚に美しく残された葉脈や葉の形の美しさに一気に魅了されました。
よく聞けば、まだまだ若手の作家さん、陶芸家になりたくて芸大出ではないけど白磁の巨匠のもとに飛び込んだのだそうです。
作品を見ながらお話を聞けば聞くほど、い頑張ってほしい、たくさんの人に手にとってほしいと、心から思った瞬間でした。

今回の個展には、リムプレートやオーバル皿、フラットプレートやコーヒーカップなど、日常使いの器が並びます。
定番の生成色、藍墨茶色の器に加え、空色と新色の白茶色も初お披露目。
白茶色のうつわは、今回の個展の為に特別にお作り頂きました。
次回のブログでは、素敵な作品たちをご紹介します。

「tsunoi rieのうつわ展」は、9月21日㈯からの開催です。
お楽しみに。
イベントの詳細はコチラ→

カタカナオンラインショップでも角井さんのうつわをご紹介します。
販売開始は22日からとなりますが、近日中に特設ページがオープンいたします。→

ぜひ、チェックしてくださいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘店からtsunoi rieさんのお話でした。