katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

大北東北展をやるぞ!

青森だったら、こぎん刺しや津軽塗。秋田は、曲げわっぱや樺細工。
岩手だったら南部鉄器や漆の器です。

その中で気になるのがカタカナが開店以来ずっと探しているのが南部鉄器の鉄瓶。

以前、小泉誠さんデザインの鉄瓶を扱っていましたが、なんとなく鉄瓶は南部鉄器が良いなぁと思いフェイドアウト。#この鉄瓶も素晴らしいモノですよ。

南部鉄器の鉄瓶は有名な岩鋳さん、釜定さん、及源さん、小笠原陸兆さん。等々など、、

素晴らしい作り手がたくさんいますが、百貨店さんや多くのライフスタイルショップですでに販売されています。

思い続けると出会いは突然やってきます。

2月のビッグサイトで行われたギフトショー。
新型コロナの影響で「大規模展示会に行っても良いのかな?」
「出展しちゃっても良いのかな??」そんな、みんなが腰が引けている展示会。

そんな人もまばらな展示会で鉄瓶が出品していました。
ものすごいよく言えば「シンプル」、そうでなければ「簡素」なブース。普段だったら通り過ぎてしまいそうですが、そこには惹きつけられる鉄瓶の美しさがありました。

ごあいさつしたのは、ちょっと無口な職人でありアーティストって感じの代表の岩清水久生さん。

「こんにちは自由が丘で雑貨店をやっています河野です」と言うと、名刺の住所をみて「奥沢には長年の仲間がいます」とフワッとした空気になりました。

「品々という植物を扱う小林君が奥沢にお店を構えているのですがご存知ですか?」

小林さんはカタカナの近所でお世話になっている僕の大好きな人です。

そこからは話がトントン拍子に進みました。

しかし問題が、、

岩清水さんに大北東北展に参加していただきたいとメールをするも返事なし。
作り手の中では「返事なし」は作家アルアルなので、期間を開けて何度かアプローチしますが結果は「シ~ン、、、」

ダメなのかな?。そう思っていたら、ショートメッセージが岩清水さんからありました。

返事が遅れたことのお詫びと、イベントに参加していただけるメッセージ。

そして。

「メールは極力避けているので電話かFAXで連絡を取り合いましょう」

ガーン!!

出来ればメールのやりとりが良かった、、
資料を添付出来たり、画像を送ってもらったり出来るもんね。

でも、「コンピューターとやりとりしていると頭が締め付けられてしまうのです」

そういわれたら

「大丈夫です!電話とFAXでやりとりしましょう」(涙)

それから岩清水さんと電話で話す時間が楽しみになりました。
めでたしめでたし。。※1回の電話がそこそこ長いので呼吸を整えてから電話にのぞみます。

岩清水さん本当にすごいです。
今の時代にホームページが無い。

でも、検索すると楽天にバンバン掲載されている。。

これってどうなの?

でも、雨晴さんやWISE・WISEさんにも取り扱いがある。
まさにぐちゃぐちゃ(笑)
#webに接続していない強み?(逆ににね)

河野が一目見てちょっと惚れてしまった鉄瓶です。

そうそう買い替えるものではないので、納得のモノを使ってください。たぶん。岩清水さんの鉄瓶は納得するはずです。

あぁ岩手に行きたい。。
岩清水さんの工房で実際に作業しているところを見てみたい。

でも、もうしばらくは我慢です。。


我慢できない方は自由が丘に来てください。
素敵な鉄瓶をご紹介させていただきます(笑)

ローマ法王に献上した鉄瓶も入荷します。
#凄いことをサラッと言っちゃった

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

岩手には行けなかったので、アーカイブの記事です。
はじめて岩手県九戸の高倉工芸さんに訪れたのは今から4年前の事でした。


南部箒を作る高倉工芸さんに行って来ました。
岩手県・九戸が高倉工芸の高倉さんの本拠地です。
山を何個も超えて、田んぼや畑の中を走り抜け、そろそろ目的地だぞ!と思った瞬間、稲ともトウモロコシとも違う背の高い草が道の両側に広がり始めました。
「これはひょっとして箒草?」そうです。高倉さんの畑が道添いに何か所もあるのです。

到着するなり高倉さんから大歓迎を受けて、早速作業場を案内してくれました。

そもそも南部箒って何?


「この箒(ホウキ)毛玉が取れちゃうのです!」

嘘だと思うでしょ?正確には毛玉が取れるのではなく、無くなってしまうのです。

その秘密は??この縮れた穂先なのです。この箒は僕が5年間使い続けて来たので、本気でおススメできる「とっても凄い箒(ホウキ)」なのです。

くっ〜!まさかのピンボケ、、
左が新品。右が20年モノ!写真では分かりにくいですが、お化粧の筆の様になめらかになっているのです。もちろん現役です。1万五千円+税

江戸時代に岩手県の北部・中部と青森県の東部、秋田県の北東部に南部氏が領地を持っていた場所が今も所々で「南部」という名称で親しまれています。九戸は岩手の中でも北寄りの地域になります。では何で南部箒が良いのかというと、原材料の良さと、工夫に工夫を重ねた職人技のたまものなのです。東北はどこでもそうでしたが、この地域でも必要なモノは自分たちで作るという風習がありました。昔から箒は自分で使う分は自分で作っていたそうです。しかし今の南部箒の原型になっているのは、昭和37年に村おこしの一環で当時箒で有名な栃木県・鹿沼より職人さんを招いたことに始まるそうです(意外と最近!?)その時に「これだ!」と思ったのが高倉さんのおじいさんとお父さん。今では清勝さんが受け継ぎ、さらにモノ作りに磨きをかけています。

2階に上がると屋根裏部屋のような空間が!奥が製品を置く格納庫で、手前に昨年収穫した
箒の原料が山積みされています。


先が縮れているのが南部箒の最大の特徴です。初夏から夏にかけて吹きつける強い風「やま
せ」この風によって独特の縮れが生まれます。


この状態が大人気商品の小箒の原型。まずは丁寧に選定した箒わらを根元にしっかりと固定
します。高倉さんの箒はわらのみをふんだんに使います。その量は通常の箒の10倍くらい!
1本に仕上げる時間も数倍。そう聞くとこの値段も納得の価格になっていきます。


続いて根元の装飾をしていきます。装飾と言いましたが、箒が抜け落ちないようにしっかり
固定するための編み込みです。青森のこぎん刺し同様に「どうせやるなら楽しく美しく」と
いう先人の知恵を感じます。


これが箒わらの畑です。春にトラクターで畑をしっかりと土をおこして、5月に1粒づつ種を
まき足で踏んで土をかぶせます。今回訪問した時は2.5メートルくらいの高さに成長していま
した。今年は9月に収穫すると高倉さんは言っていました。


収穫するときは穂先を傷めないように、すべて手作業で行うそうです。
その後は、選別・脱穀→釜茹で→乾燥・選別→編み上げ→完成
さまざまな工程があり完成します。
最高級品は素材を吟味する為選別だけで3年をかける商品も!こだわりが半端ない。


お店の定番品に置きたいけれど、生産量が追い付かないのでイベントのみの展開になり そうです。決して安くはないけれど、掃除機買うのだったら、高倉工芸さんの南部箒はおススメです。

だって、20年以上使える電化製品なかなかないですよ。
まずは、一度見に来てください。カタカナ自由が丘店でイベントを開催します。

そして!

大北東北展でスペシャルを作ってもらいました~!

洋服帚スペシャルバージョン。

藍染の糸を使って、持ち手の布は埼玉県八潮の相澤染工場の「ものあい」に染めて頂きました。

文句なしにカッコイイ。

間もなくサンプルが到着するのでお知らせしますね。
大北東北展をやります。
岩手のモノをもっともっと知りたかったですが、今回は僕の今知っている岩手だけを紹介します。

でもね、、
2月に偶然の出会いがあったのです。
南部鉄の鉄瓶です。

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

最初にあやまらなければなりません。

「大北東北展をやろう!」と決めて青森の作り手と打ち合わせをしたり、秋田の作り手と出会うために何度も通ったりしました。

やっぱり自分で動くと、たくさんの人と出会い、モノと出合えます。
しかし、今回岩手を訪れることは出来なかった。

感染者が0名なのに、東京から出張はいけない、、

なので、
今回の岩手はさがしモノの旅はありません。

でも、それでは寂しいので2年前に盛岡に行った時の思い出に浸りたいと思います。

2018年夏

夏休みの帰省を使って1泊2日で盛岡に行きました。
さがしモノの旅の朝と言えば「今日のモーニング」。このモーニング探しがとても面白く、
いつもホテルの朝食は付けずにおいしいお店を探します。
そこそこの規模の街でも喫茶店でモーニングを食べる習慣のない町もあります。

でも盛岡は何軒かある中で選んだのが「いなだ珈琲舎」さん。店内に入った途端、良い店だとわかりました。お店の方々の動きとしぐさと声のトーン。常連さん方のお店を愛している感じ。


このお店をすぐに好きになりました。そしてモーニングが到着。当然すごくおいしい!
特にコーヒーがスッキリしていながらコクがあり、ホロっと苦味が残ります。ブラックで飲ん
で途中からミルクと砂糖を入れたら更に豊かな広がりが。


丁寧に淹れられた珈琲は大切に飲みたくなります。

この思いで淹れる珈琲。美味しいです。

思わずマスターの稲田さんに「豆の卸はされていますか?」
※このモーニングの出会いで8周年のイベントに参加していただき、今回も大北東北展に参加していただきます!!


その後向かったのが「ござ九・森九商店」さん。文化13年(1816)に創業した老舗の荒物屋さん。
当初神仏に使う燈明につかう燈芯売りをしていましたが、しだいに盛岡周辺の農家で作られる手工芸品のワラ工芸・荒物・雑貨を扱うようになり、現在のお店に受け継がれているそうです。


一歩足を踏み入れるとそこはMyワンダーランド。
久し振りに僕はお店で興奮しました。ディスプレーの方法や
1点1点のモノの選び方。例えば、スポンジはすごく品番が絞られているけれど
チリ取りはこんなに種類があるのか?ってくらい陳列されています。


竹カゴやザルの売り場もカッコいい!このフェイスでは素材を絞って形のバリエーション
をみせている、品の良い売場です。什器裏のすだれが効いています。


タワシがいろいろ。パーム椰子にナイロン、そして棕櫚タワシ。
ここではアイテムを集積して素材のバラエティーで選択枠を増やしています。
なにより見ていて楽しい売場です。


ござ九さんに置かれているモノは見たことありそうで、はじめて見るモノが多かったです。

このお店に訪れるだけで盛岡に来たかいがありました。いいなぁ。こんなお店が出来たらいいなぁ。そして僕はこのザルを買っていました。どう持って帰るかは考えていませんでした。どうしよう、、、


次に向かったのが「ひめくり」さん
東北の作家さん、特に岩手の作家さんを中心に作品を紹介している雑貨屋さんです。


オーナーの菊池さんと少しお話が出来ました。
なぜか同じにおいがするな〜と思ったら、創業がカタカナとほぼ同じの2010年の秋。
今までずっと1人でやって来たお店を従業員さんを雇用して、次のステップに進みだそうと決めたそうです。この店はオーナーがすべてを決めて来た空気感が心地よい空間でした。
ひめくりの菊池さんとは、いつか何か出来そうな予感がします。


ひめくりの菊池さんにおススメして頂いたのが「BOOK NERD」さん。
最近本屋が気になる河野ですが、このお店も面白い。
手に取りやすい本もありますが、写真集などはマニアックなモノも沢山ありました。


お店の半分の壁面を使ってイベントを開催していました。
舞木和哉さんの絵の展示でした。お話をお聞きすると、拠点は東急東横線の祐天寺駅。
カタカナの超ご近所でした。面白い出会いもさがしモノの旅の醍醐味です。


お昼はソウルフードを食べないと!
という事で、じゃじゃ麺です。さんがお休みだったので、今回はこちらに!
じゃじゃ麺って以前に盛岡駅で食べて時に「肉味噌が乗っている汁なしラーメン」って印象で特別美味しいとは思わなかった(失礼)のですが、再度チャレンジです。
感想は、「これ!本当に旨い!!」じゃじゃ麺やばいです。でもこちらのお店が
特別美味しいのかな?東京でも見かけたら試してみようと思います。


そして、盛岡と言えば「光原社」さん。
工芸品を扱うお店としてはこちらに訪れない訳にはいきません。実は2年ほど前に、盛岡にチラッと立ち寄った時に見かけた暖簾が忘れられず、まだ販売されていたら購入しようかと悩みながらの再訪問です。
しかし、売り切れ、、いつ入荷するか分からないとの事でした。
入荷したらご連絡を頂く約束をして、今日は手ぬぐいと南部鉄器の風鈴をお土産に。


光原社さんに来たらこの喫茶ルームに行かないといけません。
お店の佇まい、店員さんの心地よいキビキビした動きながらも柔らかい空気感。

何よりコーヒーが美味しい。夏の時期にはクルミクッキーと共にアイスクリームもおススメです。オフシーズンには本をもって出かけていきたいお店です。
あっと言う間の盛岡のさがしモノの旅でした。
盛岡はまだまだ奥が深い。

盛岡に行くなら少し足を伸ばして平泉の中尊寺に!中学の修学旅行ぶりのお参りです。

2011年、世界遺産に登録された中尊寺は更に人気の観光地になっていました。参道に一歩足を踏み入れると空気がガラッと変わり人は沢山いるのに不思議と静かです。

流石1200年近くの歴史のあるお寺だけあって、すべての建造物がお見事!国宝や重要文化財がゴロゴロあり神社仏閣好きの僕は興奮状態。
でも、僕が感心したのが別のポイントがあります。

それはお賽銭のシステム。

こんな事を書くと不謹慎と思われるかもしれませんが、とてもよく出来たお布施の方法でした。
中尊寺は有名な「金色堂」まで一本道の月見坂という山道を登っていきます。その参道沿いに次々と右に左にお堂があります。


最初に「弁慶堂」。そう源義経と一緒に語られるあの弁慶です。
更に進んで、「地蔵堂」「薬師堂」どのお堂をとっても1つのお寺になる位の威厳をもっています。そしてすべてにお賽銭をしてお参りします。そして、それぞれのお堂の脇には札所があり、御朱印が出来てお守りやお札が売られています。小銭が無くなったので両替の代わりにポストカードを買ってお賽銭行脚。


そして中尊寺本堂。さらに進むと「不動堂」「大日堂」「阿弥陀堂」に「弁財天堂」もちろんすべてのお堂の脇に札所があり、それぞれ独自のお札やお守りを並べています。そして「金色堂」にたどり着きます。


沢山の人がいろいろなお堂にお参りしていますが、喜んでお金をお賽銭箱に投げ入れています。
祈り終えた人々は、みんないい笑顔です。


お参りを終えて参道を下りながら、「お金って何なんだろう」と思いながら、不思議とすがすがしい気分になった、
真夏の平泉中尊寺でした。

大北東北展をやります。
岩手のモノをもっともっと知りたかったですが、今回は僕の今知っている岩手だけを紹介します。

でもね。
2月に偶然の出会いがあったのです。
南部鉄の鉄瓶です。

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした

いまから5年前、秋田県の真ん中あたりの場所に大仙市があります。
そこで伊藤さんご夫妻が「星耕硝子」という工房をかまえています。

この硝子工房を教えてくれたのは弘前のTHE STABLESの小田原さん。
以前から小田原さんのお店で少しずつ買い集めていた作り手です。

工房の2階はギャラリーになっていて、妻は早速物色し始めました。

「どうぞ~!」奥様の伊藤さんの声に振りかえると。

冷えた麦茶と茹でたての枝豆!
器はもちろん星耕硝子さんの作品です。

美しい&美味しい。

5年前の工房の様子です。
サウナの中のような暑さの中、もくもくと伊藤さんはガラスを吹き続けます。

良い笑顔。

2020年、春

ふたたび星耕硝子さんにやってきました。

今回は眺めるだけではなく「大北東北展」に出品してもらうモノを選びに来たのです。

きっかけは昨年10月に行った「いちじく市」。そこに伊藤さん達も出店していて久しぶりの再会に花が咲いたのです。

いろいろな打ち合わせの末にカタカナのイベントで紹介することが実現しました。


外はまぶしいくらいの初夏の秋田。
5年前買ったワイングラスに再会。

このワイングラスは河野夫妻のとってもお気に入り。
ワインはもちろん。お酒を飲まない妻は、氷を2つ入れてお茶を楽しいでいます。



この蓋物もお気に入りの一つ。
神々しさに神棚に置いています。

このグラスはバランスがとってもいい。。
ヤバい、、いろいろ買ってしまいそうな気配が濃厚(笑)

今日ももくもくと工房で作品を作り続けている伊藤さん。


あっ振り向いた。

「?!」

5年前よりカッコよくなってる?


人はいい仕事と良い苦労と幸せでカッコよくなるのですね。


おぉ!
夫婦ともに格段に素敵になってますよ!

良い年のとり方のお見本ですね。


工房から出たら、広い空と若々しい緑。

あぁ気持ちいい。

こんな空気と水の流れる場所で作られるガラスたちが自由が丘にやってきます。

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした

秋田めぐりを始めて、気になるお店になにげなく置かれている人形があります。
興味深げに眺めていると、「まさか人形というのですよ」フッと肩の力が抜けるような柔らかな言い方に僕はこの人形にひかれていきました。


6jumbopinsの京野さんがまさか人形さんに連絡を取ってくれました。
まさか人形を皆さんオススメしてくれますが、「どんなところで作っているのですか?」
と聞くと「あれ?そういえば作り手のところに行ったことないな、、」そんな人がほとんど。


秋田駅から車で15分くらいの住宅街にこの建物があります。
看板はないので、あくまでも制作活動の場なのかもしれません。
ワクワクしながら中に入ると、、


土人形がたくさん並んでいます。


ヤバい、、テンションが上がってきた。
もともと僕は置き物などの人形が大好きなのです。

これは何ですか?
これは?
これは?
もう、ワクワクが止まらない。


この白い四角は?

「とうふです」

うん!!まさか人形さん大好きです。

まさか人形を作る真坂歩さん。

まさか人形って本名の「真坂人形」だったのか!!

真坂さんのHPには
真坂歩による『真坂人形』の販売をしております。
『精巧精緻 愛嬌満載』をモットーに
ユルユルで、まさか、な造形でお送りしております。

当人形は土人形です。

土を成形し、素焼きをしたうえに胡粉(牡蠣の貝殻を粉末状にした白い顔料)を塗り下地を作ります。

その下地のうえに膠で溶いた水干絵具(顔料の一種)を塗り、彩色しています。


秋田生まれの真坂さんは、秋田公立美術大学のアーツ&ルーツという、オシャレなセレクトショップのような名前の学部を専攻して、大学3年生のときに地元に伝わる「八橋人形」のリサーチをきっかけに、郷土玩具に興味を持ったのだそうです。

ゴリゴリの美術の男が作る土人形。


はじめての人形作りの工房に妻も興味津々!


今作業中のモノだけでもたくさんの種類があります。
「真坂さんにどんなモチーフを考えるのですか?」


真坂さんは名刺を探しながら教えてくれました。

基本的に伝統的な技法を使った郷土玩具の土人形なので
縁起のいいものを作りますね。


縁起の良いものを考えたらこれが出来たそうです。



茶柱、、、

ニョキってお茶から出ちゃってるけどね。


まさかさん。
かなり満足気です。。


秋田らしいものはありますか?
奥から持ってきてくれたのが、これ!

なまはげです。

まさかさん大好き。

 

真坂さんのHPはほとんど情報は無いので、もっと知りたい方は素晴らしい記事がありました。
ぜひ読んでみて↓
「真坂人形」は、どこから来て、何者で、そしてどこへ行くのか。NPO法人 アーツセンターあきた

「大北東北展」は10月3日からスタートです。
ぜひお楽しみください。

10周年記念 大北東北展て何?⇒◎◎◎
イベント特設ホームページ⇒大北東北展HP

日本のカッコイイを集めたお土産さん
カタカナ河野のさがしモノの旅でした