katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

こんにちは、カタカナ脇田です。
いよいよ今年もあと3日ですね!カタカナの営業は明日までとなっております。
賑わう街中、テレビ番組等々で年の瀬を感じてはおりますが、体感的にはさっき12月入ったよね…なんて思うのは私だけでしょうか…

さて、今回のブログでは、来年2020年1月3日(金)からスタートの「春のirose展」の見どころをご紹介をします。
普段取り扱いのないシリーズも揃うiroseの大きなイベントになりますので、iroseファンの私もワクワクが止まりません…

今回のイベントの見どころ一つ目は、何と言っても人気の「seamless/シームレス」シリーズからの新財布”compact wallet/コンパクト ウォレット”です。
カタカナでは、初お披露目となります。

一枚の革を縫製せずに折り込んで組み立てた「seamless/シームレス」シリーズ。
コンパクトウォレットは、mini wallet/ミニウォレットの良いところが活かされ、機能性がさらにプラスされたお財布です。
大きく違う箇所は、お札を折らずに収納が出来るようになりました。

開閉はミニウォレットと同じく、ゴムバンドを外します。
ゴムバンドで、きちんととめることで中身も落ちずに安心かつ、コンパクトにまとまります。

そして二つ折りのミニウォレットに対し、コンパクトウォレットは三つ折りになります。

手になじむコンパクトサイズながら、紙幣・コイン・カードをそれぞれ別けて収納ができます。
とてもシンプルな構造ですが、見た目以上の収納力があるのです!

シームレスシリーズの特徴的なデザインの封筒のような形のコインケース。
10~15枚ほどの枚数が収納できます。

カード入れ内部に仕切りがありカードを2箇所に分けて約7枚収納できます。
レギュラー使いのカードは、全て入りそうですね。

コンパクトウォレットの特長はなんといっても、お札入れ。
お札を折らずにすっきりと収納が出来ます。
スパースはかなり広々としているので、出し入れも楽々です。

そして、シームレスシリーズといえばこの「カラー展開の豊富さ」が魅力の一つです。
イエロー、ブルー、ピンク、ミント、グレー、ブラック、ヌード、シルバー、ウッドの9色。
カラーによって使用しているレザーも異なります。

ポップな色味のイエロー、ブルー、ピンク、ミント、グレーには、ガラスレザーを使用しています。
合成塗料でコーティングされたフラットな艶のある革です。
撥水性が高いため水に強く、耐久性がありケアなど必要としないので扱いやすいので革の管理に不慣れな方にもオススメですよ。

ナチュラルな風合いのブラック、ヌードには、ヌメ調革の革を使用しています。
植物由来のタンニンなめしと、傷や汚れに強いクロームなめしを掛け合わせて仕上げています。
天然素材の風合いを残しながら、丈夫で扱いやすいオリジナルレザーです。
使い込むほどに味わいが増していき、愛着がより湧きます。

上品な雰囲気があるシルバーは、シルバー箔をクロームなめしの牛革に貼り合わせた箔貼革です。
光の加減ではシャンパンゴールドにも見えます。
華やかだけれど、派手過ぎない。絶妙なバランスを持ったカラーです。

まるで本物の木のような見た目のウッドは、きめの細かいキップのタンニン革に木目の型押しを施したオリジナルレザー。
革の裁断する部分によって木目の表情が異なるため、ひとつとして同じものはありません。
また、使えば使うほどに、独特の艶と色合いになり経年変化を楽しめます。

お財布のカラーは、代々ブラックと決まっている私ですが、
普段はあまり選ばないカラーにも、チャレンジしたくなるほどにどのカラーも素敵です。

コンパクトさはミニウォレットと変わらずに、機能面がさらにパワーアップしたコンパクトウォレット。
かさばらないので、ご旅行時はもちろん、メイン使いで使えます。
イベントは、2020年1月3日(金)からスタートいたします。
ぜひ、実際に手に取って見てみてくださいネ。



イベント初日より、特設ページもオープンいたします。
コンパクトウォレットに、イベント限定のバッグも展開予定です。
お楽しみに!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからiroseのお財布のご紹介でした。

11月のイベント開始から1ヵ月以上が過ぎ…
予想を上回るほどの大好評でイベント会期を延長しております「宮田織物のはんてん展」。
たくさんの方に手に取っていただき、スタッフ一同大変うれしく思います。
ありがとうございます!

スタッフも毎日愛用している、この”ベストタイプのはんてん”。
数あるはんてんの中で、このはんてんを選んだ理由を聞いてみました。

「僕はお店で着ることを考えて、このベストを買いました。
長袖もが暖かいですが、店内のいろいろな作業を考えると、袖が無い方が動きやすい事が理由です。」

「寒い朝に羽織ったり、夜のお風呂上がりのヌクヌクタイムに着るには断然長袖をおススメしますが、外にも着ていきたい!デスクワークで着たい!家事する時に着たい!はこのベストタイプはおススメですよ。」

動きやすさと、普段使いのしやすさが決め手の理由とのことでした。
はんてんは、室内で着るものとしてのイメージを持たれている方も多いかと思いますが
お外にも着ていけるなんて…なんだか一石二鳥な気がします。

そして、私も羽織ってみました。
「想像以上に軽い…、そしてぬくぬくと優しいあたたかさがたまりません。」
例えるであれば、ふわふわのあたたかい掛け布団に包まれているかのような感覚です。

半袖タイプもあります。
動きやすさとあたたかさの良いとこどり!
格子柄の色合いが可愛いです。

定番の長袖タイプは、間違いなく一番あたたかいです。
そして、なにより着た時のシルエットがカッコイイです。

ひんやりとした朝にも、朝起きてさっと羽織れば怖いものなし。
布団から出たくない…という気持ちも少しは薄らぐかも・・・

まるでお布団に包まれているかのようなぬくぬくとした優しいあたたかさ、一度羽織るとその良さが分かります。
大切なご友人、ご家族、ご両親に。 年代、性別問わずに、ギフトにもオススメですよ。

私は、お正月にはんてんを着てぽかぽかぬくぬくゆっく~りと過ごしたいと思います。

【宮田織物のはんてんの豆知識「あたたかさの秘密は綿」】
「化繊の中綿はスースーするのよ!」と、お客様から言われました。さらに「こたつ布団も化繊はダメね!綿が1番」
確かに街で売っているはんてんを見てみると、確かに中綿がポリエステルの商品が多いです。
なので、綿をふんだんに使用している宮田織物のはんてんは、あたたかさが違います。


カタカナオンラインショップでも取り扱っております。
素材や着こなしのことなど、さらに詳しくご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナから宮田織物のはんてんのご紹介でした。

いよいよ今年も残すところあと1週間となりました。

カタカナスタッフがオススメする、新年から使いたい春財布。
第三段のお財布は、東京蔵前のブランド”m+ エムピウ”の代表作「millefoglie(ミッレフォッリエ)」のご紹介です。

2001年に誕生した、革製品ブランド m+エムピウ。
デザイナー兼社長の村上雄一郎さんは、元々一級建築士として建築の仕事をしていました。

村上さんの手掛ける作品は、構築的な建築士らしさも各所に感じる、今まであった形に捉われない自由な発想から生まれています。

「millefoglieⅡ/ミッレフォリエ」は、エムピウの作品の中でも特に人気のある作品です。
店頭では、入荷する度にあっという間に完売してしまうほど。

男性人気のあるブランドですが、実はカタカナでは女性人気の方が、勝ります。

その人気の秘密は、女性の手にも収まるコンパクトさに加え、長財布にも負けない収納力、育てるのが楽しみになるほどの革のエイジングの美しさにあります。

それでは、それぞれの魅力についてさらに詳しくご紹介します!

私がはじめてこのお財布を見た時、今まで見たことのない構造にとても驚きました。

一般的なお財布のカタチに概念に捉われない特徴的なカタチ、ギボシで留めて巻いてある革を拡げて中のホックを外すと、まるで仕掛け絵本のように生まれる収納部分。

元建築士ならではの使いやすさが考えられた「構築的なデザイン」に惚れ惚れしてしまいます。

コイン、カード類、紙幣も含めて全てが見渡せて、まとめて一度に一方向から扱うことができ、使い勝手もピカイチ。

使い手のことを考えた工夫がいっぱいに詰まっているのです。
村上さんの行き届いた心配りにしびれます…

探しやすく、取り出しやすい、BOX型のコインケースは、大小で15枚ほどのコインが収納が可能。
口には安心のボタンつき。勢いよくお財布開けても、コインが飛び出ることはありません。
ワンタッチで止められるので開閉も楽々です。

コインケースの裏に、お札が入るポケットがあり10枚ほどの紙幣がすっぽりと入ります。
小さいお財布だけれども、お札も綺麗にのばして収納できるのはとても嬉しいポイント。

カード収納は3つの部屋に分かれており、それぞれの部屋に5枚ずつカードが収納できます。
上段には、飲食系、真ん中は薬局系…などなどと入れる部屋ごとにジャンルを
決めれば整理整頓も楽しくなりそうです。

お札ばさみがポケットタイプになっており、IDカードが収納できるようになっています。
お財布を閉じたままでも、改札が通れます。

定期入れとお財布を別々に持ち歩いている方は手荷物もスッキリ、忘れもの防止にもなるかも…

そして、エムピウの最大の魅力の一つといっても過言ではないのが、革。
使えば使うほどに、とにかくエイジングが美しいのです。

輝くような上品な艶感、色に少しずつ深みが生まれ、 購入時のサラッとした革の質感や、色とはまた違う新しい雰囲気を味わうことが出来ます。


(左が数年使用したもの、右が新品)

元の色も素敵ですが、育った革の色は一層輝きが増し、唯一無二の特別な革になりますよ。
革ものを使っていてどうしても気になる「キズやしみ」もすべて美しい味になっていくのです。

そして人の手の油分を吸って綺麗に育っていくので特別な手入れも、ほとんど必要がないので、革の手入れに不慣れな方にもお薦めしたくなる逸品です。

現在店頭で取り扱いのある種類は、イタリア製タンニン鞣し革を使用した「millefoglie2 P25」

「millefoglieⅡ P25 quadretti」の二種類。
quadretti(クアドレッティ)は、イタリア製タンニン鞣しにバフィングで縦横格子状のスクラッチを施した一枚革を使っています。
引っ掻いた凹凸によって織生地のようにも見え、手触りもややざらっと感じる加工で、小傷が目立ちにくい素材です。


そして、ミッレフォッリエは豊富なカラー展開も魅力です。
悩みながら、色を選ぶのも楽しいですよね。
(上・millefoglie2 P25 下・millefoglieⅡ P25 quadretti)

エムピウの作品は、その使い心地の良さ、カッコよさから長年愛用中のカタカナスタッフも多く、リピーターのお客さまや、お財布と名刺入れをダブル使いで愛用している方がいらっしゃるほど、 一度使うと大ファンになってしまう魅力があります。

ぜひ、エムピウの作品で「上質な革を育てる。」を体感してみてくださいネ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎m+ エムピウ millefoglie2 P25 (ミッレフォッリエ2 P25)14000円(税抜き)
お札約10枚・カード収納ポケット3つ各約5枚・BOX型コインケース約15枚 収納可能

◎m+ エムピウ  millefoglieⅡ P25 quadretti(ミッレフォッリエ2 P25 クアドレッティ)14000円(税抜き)
お札約10枚・カード収納ポケット3つ各約5枚・BOX型コインケース約15枚 収納可能

店頭、オンラインショップでは、エムピウの他のお財布もご紹介しています。
ぜひ、チェックしてみてくださいネ。↑画像をクリック!

【カタカナスタッフがオススメする、春財布。】
ブログ バックナンバーはコチラ。

①一目惚れ続出の「ステッチアンドソー・がま口長財布」
◎StitchandSew/ステッチアンドソー がま口長財布 25,000円(税抜)
中央 / がま口小銭入れ、両サイド / お札、カードポケット6つ各3枚(計約20枚)収納可能
持っているだけで、気品のある大人スタイルに。クラッチバッグにも。

②小さなお財布が限定復刻しました。「ステッチアンドソー・ミニウォレット」
◎StitchandSew/ステッチアンドソー ミニウォレット 18,000円(税抜)
お札約10~15枚・カードポケット2つ各約2枚・コイン約15枚収納可能
カタカナがステッチアンドソーさんにお願いして、実は、当店限定で復刻をしたモデル。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお財布のご紹介でした。

来年1月3日(金)よりスタートの「春のirose展」。
年に一度だけ、たくさんのirose作品が並ぶ貴重なイベントです。

高橋源さんと高橋大さん兄弟によるブランド「irose /イロセ」。
一度見ると忘れられないなオリジナリティ溢れるデザイン、何度も試作を作り直すことよって生まれた実用性が、「irose」の魅力です。

「irose」といえばお財布。と連想される方も多いかと思いますが、
実はバッグ、名刺入れ、キーホルダー、ルームシューズやハンカチ、モビールなど、幅いラインナップを手掛けています。
どのカタチにも、「irose」の世界観が詰まっていて本当にカッコイイのです。

iroseのことがどんどん気になってきた方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいネ。→「iroseのお話」
前置きが少し長くなってしまいましたが….今回のブログではそんな「irose」のイベントのラインナップをご紹介します。

①seamless/シームレス シリーズ
一枚の革を折り紙のようにたたんで作られた「シームレス」。
どこにも縫い目がないシンプルな作り、考え抜かれた機能的なアイテムです。

お財布各種、名刺入れ、キーケース、バッグなどが各色が揃います。

②paper craft/ペーパークラフト シリーズ
PAPER CRAFT(ペーパークラフト)シリーズはタイトルの通りクラフト用紙のような革を使用した作品です。
使用している革はピッグスキンをシワ加工しています。

pop-up/ポップアップ シリーズ
使いやすさを考えて作られたファスナータイプのお財布のシリーズ。
開けると仕掛け絵本のように豊富な収納スペースが生まれます。

ric-rac/リックラック シリーズ
封筒のような見た目、コロンとしたカタチ、スマートなデザインは、男女ともに人気があります。
また100%植物由来のイタリアンレザーは、使い込むほどに色の深みとツヤが増し、経年変化を楽しめます。

⑤fold/ホールド シリーズ
楕円のカタチがデザインに落とし込まれた作品。
落ち着いた光沢感のあるガラス加工の牛革を使用。
撥水性が高いため水に強く、耐久性があり特別なケアなど必要としない扱いやすい革です。

⑦card boad/カードボード シリーズ
カードボードをイメージした型押し革を使用した作品。
見た目と触ったときの革の感触とのギャップがおもしろく、iroseらしい遊び心が詰まっています。

⑧net/ネットシリーズ
梱包やギフトラッピングで使うクッション材からインスピレーションを受けて、作られたユニークな作品。
細かい切り目を入れたネット状の革が伸縮して、中に入れたモノの形に合わせて包み込みます。

⑨kago/シリーズ
籠細工から着想を得た”kago”シリーズのフラットバッグ。
カウレザーにパンチング加工を施し、その穴を利用してパーツとパーツを同素材の革ひもを使って編み上げました。

以上、イベントラインナップのご紹介でした。
気になるシリーズは見つかりましたか?

次回のブログでは、イベントの見どころでもある、新作のお財布をご紹介します!
お楽しみに!

カタカナオンラインショップでは、iroseの様々な作品を取り扱っております。
ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいネ。

過ぎ去っていく師走がやって参りましたね。
年の瀬に向けて、カタカナではちょっとだけ豪華な美味しいもの盛りだくさんでお待ちしています!


まずは、三角屋水産の炙りのり。
等級の高い海苔だけを厳選し、熟練の海苔焼き職人の手によって細かくバラさず自然の風味を活かした製法で作られています。フレーク状に焙ってあるので、ふりかけの要領でそのままパラパラとお味噌汁や和えものなど、いろんなお料理やトッピングに気軽に使えます。オススメは贅沢にのり丼!


同じく三角屋水産の塩鰹茶漬け。
西伊豆で縁起物とされる塩鰹。昔は、大漁を祈願して塩漬けした鰹をお正月にお供えし、そのあと保存食として3月頃まで食したのだとか。その塩鰹をフレーク状にしてブレンドしたお茶漬けのもとです。お茶漬けはもちろん、卵かけごはんのお醤油代わりとしても絶品!カタカナの定番お年賀です。


こちらも三角屋水産の旨辛のりチップス。
栄養満点なのりを、地元で作られている田子節を合わせて風味豊かに仕上げたお菓子です。パリッとした食感とピリッとした辛み、じわっと広がる鰹だしの旨味がやみつきです。ビールのおつまみにも、おにぎりにも、和えものにも使えます!


とっておきは、新潟村上の名産、齋藤食品の塩引鮭粗ほぐしです。
新潟県村上市の伝統食、塩引鮭。昭和30年から続く魚屋の斎藤商店は、国産鮭と塩にこだわり鮭一筋50年。注文が入ってから焼き上げるこちらの鮭は、程よい塩梅とほくほくの食感が絶妙!おにぎりにすれば、日本人で良かったと心底思います。封を開けてすぐ味わえる手軽さも人気の秘訣です。

他にも盛りだくさんでお待ちしております!
以上、katakana食いしんぼう通信でした。
katakana Online Storeでもメイドインジャパンの雑貨や身の回り品をたくさんご紹介しています。⇀

  • 前のページへ|Back