katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG



2月29日から開催の「小さな財布展」。
第三回目となる今回は、定番取り扱いのあるブランドから、イベント限定でご紹介するブランド、個人で活動する革作家など、日本全国から 19 以上のブランドが大集結します。

開催に先駆けまして、本日より出展者をご紹介します!




「.URUKUST(ウルクスト)」神奈川県横浜

①ブランドについて
「.URUKUSTのレザープロダクトは機能性と簡潔さ、スタイルを合わせ持ち、無駄なパーツを減らしシンプルな構造で今までにない新しいデザインを作り出しています。
独自の仕様で鞣されたフルグレインレザーは耐久性がありながら上質で、永く使い込むほどに上品な艶と味が楽しめます。
そして全ての.URUKUSTのプロダクトは、自らの工房で卓越した技術により制作されています。」

略歴
13歳でレザークラフトを始める。桑沢デザイン研究所でデザインを学び、その後アパレルメーカーでデザイナーとして勤務したのち、2011年.URUKUST設立。横浜市内に工房を構え、デザインから製作まで一貫して行う。


②商品の見どころやこだわり
「全てのプロダクトは自身の工房でひとつひとつ手作りしています。革の強さを活かしシンプルな構造で使いやすい形を追求したデザインが特徴です。」

③商品の素材に関して
「国内のタンナーで鞣された.URUKUSTオリジナルの革を使用しています。使いこむほどにしっとりとした艶が生まれます。」

④会場にお越しになるみなさまへのメッセージ
「.URUKUSTのお財布は構造が少し変わっていますが、どれも使いやすさを重視したデザインです。ぜひ触ってお確かめください。」


「h i r a r i(ひらり)」群馬県 桐生
①ブランドについて
「「平:おだやか」に「利:やくだつ」暮らしの道具を目指し、hirariと命名。
商品として目指すは、造形美と機能美の共生。
「より美しく・よりシンプルに、機能的で誰にでも優しく」を、心がけ設計しております。
これが私なりに考えたユニバーサル・デザインの答えであり、左右対称のデザインにする事で、それを叶える事が出来ると考えました。
見た目の美しさは勿論、利き手を選ぶ事無く、誰にでも扱い易い設計である為に。」

②商品の見どころやこだわり
「文字通り小さなお財布ですので、使用時に窮屈にならないよう極力ステッチは省き、折り紙のように折り畳み、お財布としての機能を構成しております。
外観からは想像出来ない収納力が魅力のCOIN PURSE。
紙幣は折らずに収納可能で、コインのポケットは大きく開くので出し入れも◎
COIN PURSEのデザインを基に、カードの収納を可能にしたMINI WALLET。
どちらも外観にステッチが無いので、革の手触りを楽しめるデザインとなっております。」

③商品の素材に関して
「イタリア・テンペスティ社のマイネ(テンペスティ社レザーの名称及び種類)を使用。
染料で染め上げられたサラッとした手触りで、色味の明るいカラーの染色に定評もあるタンナーです。」

④会場にお越しになるみなさまへのメッセージ
「hirariの小さなお財布はブランドの顔であり、自身を持ってお勧め出来る商品です。」

「numeri(ヌメリ)」東京 蔵前
①ブランドについて
「2014年オリジナル自社ブランドとしてnumeri立ち上げ
対面販売にこだわり卸しや通販は行わず、常設は蔵前のCAMERAのみで
百貨店を中心に全国の催事やポップアップでの販売を中心としています。
numeriはイタリア語で”数字”を意味します。
国産の牛革を使用し、都内の工房で全て手作りしています。」

②商品の見どころやこだわり
「コンパクトながらも容量がしっかり入り、
かつカードの取りやすさや手間の少なさなど、使い勝手も抜群です。
メーカーとしての強みを生かし、機能性の高い商品です。」

③商品の素材に関して
「兵庫県で鞣した牛革を使用し、色もオリジナルで調合しています。
使用していくうちに色のトーンが落ち着き、艶がでます。
細かいシワを出した革なので長年使用していてもキズが目立ちません。
中も牛革のため、小銭が擦れて破れる心配もありません。」

④会場にお越しになるみなさまへのメッセージ
「縁起が良いとされている春財布、この機会にぜひ新調してはいかがでしょうか。
色違いもたくさんありますのでお揃いで持ってもおすすめです。」


「m+(エムピウ)」東京 蔵前
①ブランドについて
「m+は、革製品のブランドです。
ロゴマークのm+ですが、mは代表をしておりますmurakamiの頭文字m、+は職人さんや革屋さんなど製作に携わる方々。
そして使い込み、いい味を出してくださる使い手の方々。」

②商品の見どころやこだわり
「仕組みや構造的に少し変わった提案が出来ればと考えながらデザインしております。」

③商品の素材に関して
「素材は、使っていくうちに色が濃くなり、艶が増してくるようなエイジングが楽しめる革を選んでいます。
なので、使えば使うほど愛着がわき、自分のものとなってまいります。
ぜひ自分仕様の味に育て上げてください。」

④会場にお越しになるみなさまへのメッセージ
「m+の商品をぜひよろしくお願いします。」

「JELBEE (ジェルビー)」
①ブランドについて
「物づくりに対して意気込み→もちろん人の目にどう映るか、外観的な部分には細心の注意を払ってデザインを考えますが、あくまで実用的でなければならないという想いを持ってデザインに取り組んでいます。
平たく言うと、思想家の柳宗悦が唱える「用の美」に強いシンパシーを感じています。」

②商品の見どころやこだわり
「簡素で飾らない美しさを求め、形、色、質感、膨らみ、凹み、あらゆる要素を細かくチューニングしているつもりです。
なんとなくの心地良さを感じてとっていただけると嬉しく思います。」

③商品の素材に関して
「イタリアの革を使用しています。美しくエイジングされるのが特徴です。」

④会場にお越しになるみなさまへのメッセージ
「良い財布が沢山あると思うので、自分にあった財布を探してみてください。」

「StitchandSew(ステッチアンドソー)」大阪
①ブランドについて
「ブランドを始めた当初、実用としての機能だけではなく、意外性や普遍性を意識した作品を発信したいと考えていました。
またアパレルという分野で洋服とは異なる存在の小物の立ち位置にもすごく関心がありました。
モノとその他の関係性や状況を観察・考察し続けることへの思いをブランド名にしたいと考えました。
点と点を結びつけ一本の新たな線に解釈をしたい。
そんな思いを針目と裁縫の関係性に例えて、StitchandSewという名前にしました。

1975年 富山県生まれ
1998年 京都精華大学デザイン学科(専攻建築)卒 フリーランスとして活動開始
2006年 StitchandSewを開始
2018年 レスモア(株)へ法人化
2019年 新たにPuebloも開始
現在に至る」

②商品の素材に関して
「タンニン鞣しとクローム鞣しの両方の特徴を取り入れた鞣し方でタンニン鞣しの特徴である経年変化で風合いを楽しむこともできる”シボ革”、
ヌメ革に蝋を含浸させ白化させた革材”ロウビキ”や、箔加工を施した山羊の革材”箔”をそれぞれのお財布の表側で使用しています。
内側で使用していますタンヌメ革は経年変化と同時にゆっくりと日焼けを起こし深い色味へと変化をしていきます。
じっくりと時間をかけて革の表情をお楽しみください。」

以上6ブランドのご紹介でした。
続きは、近日中に更新予定です。
お楽しみに!

カタカナオンラインショップでは、期間限定の特設ページもオープンします。

【イベント関連ブログ】
◎イベント詳細について
◎「第三回 小さな財布展」出展ブランドのご紹介②

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのご紹介でした。


何だか町は不穏なムード。
たのしみにしていたイベントも中止や延期に、、
目に見えない暗いモノに、漠然と不安を感じてしまいます。

そんな時だからこそ

洋服のもっているパワーを信じたい。

今週末からテキスタイルブランドの
kakapoさんのイベントがスタートします!

きっと見るだけでも

ワクワクする様な洋服たちが並びます。


イベントのDMの為に撮影をします。


毎回悩みますが、
商品の良さ&作り手のぬくもりが

「写真から伝わって欲しい」

そんな思いで結構真剣に写真は撮ります。


出来上がったのがこれ!
ここからグラフィックデザインをして完成。


今年の1月に布のブランド「kakapo」さんのアトリエに訪問しました。


「kakapo」とは
テキスタイルデザイナーのカネイチさんが2012年に立ち上げたブランドです。

カネイチさんはテキスタイルデザイナーとして、誰かのために生地を作って来ました。「自分たちのために生地を作りたいとブランドを立ち上げました。


実はカカポさんはだいぶ前より知っていましたが、
きちんとお話するのはこれがはじめて。

機は熟したり。。

2月29日より「kakapoの洋服展」やります!


ふだん僕はプリントの洋服を着ませんが、
このシャツだったら着てみたい。
そう思える洋服です。
ぜひ手に取って感じてみて下さい。

お楽しみに!

【kakapoの洋服展】
日程 2月29日(土)~3月13日(金)
場所 カタカナ自由が丘店
東京都世田谷区奥沢5-20-21

kakapoとは?
日本国内の生産にこだわった、
オリジナルテキスタイルブランドです。
プリント工場、織物工場、刺繍工場等、
日本各地で、生地を生産しています。
流行に左右されず、年代を問わず、着心地がよく、
日常でも、 また特別な日の1枚としても使えるシャツ。
生地屋さんが作る、ありそうでなかった、
でも普通のシャツ。

kakapoのくわしい事はこちら◎◎◎

洋服ってやっぱりすごい!
ってあらためて感じたTwitterがこれ
↓↓↓

”電車で知らないおばさんチラチラ睨んでくるな、コロナって思われてるんかなって思ってたら、おばさん降り際に私のところに来て「あなたのワンピース本当に素敵!良く似合ってるし、こんな天気の日に地味な車内全体を明るく彩ってくれてありがとう、ずっと言いたかったの、じゃあね、いい週末を」と。”
— Tomomi (@tomomi_dk) February 23, 2020
62,031人がこの話題について話しています。

まさに洋服の力です。
洋服ってチャラチャラしていて軽く見られがちですが
僕は心の底から「洋服で人生は変えられる」と思っています。

どうせだったら良いモノを長く。

皆さまにとって素敵な週末が訪れます様に。

<SNS>
Instagram ⇒ @katakana_jiyugaoka
Twitter ⇒ @katakana_japan
Facebook ⇒ @katakanajapan

河野個人のインスタもやってます↓
「さがしモノの旅」の裏話などはこちらでも!
Instagram ⇒@kawano_junichi

バッグ好きですか?

河野夫婦は本当にバック好き。

なので、

素敵なバッグの作り手に出会うとついつい紹介したくなってしまいます。

2月27日までの期間限定のご紹介です。


東京下町で作る

革のファクトリーブランドの「numeriヌメリ」

カジュアルだけどラフすぎないシンプルさ、上品な雰囲気が魅力です。
numeri/ヌメリ【base ベース】バケツトート(グレー)28,000円(税抜)

A4サイズのファイルなどがちょうど横に入り、お仕事用のバッグとしてもオススメのバケツ型トートです。

アーチ型の持ち手が、numeriのバッグのデザインのポイントです。

普通は、縫い目が持ち手の内側にくるものですが、持った時の心地よさを考えあえて外側にステッチが出るように、作られています。

革はオリジナルのヌメ革を使い、
厚手のシュリンクレザーを丁寧に鞣(なめ)すことで、独特の天然のシボが活きた風合いに仕上がっています。 

シンプルだけど

他とは少し違う。

何年も使い続けたくなる。

良いバッグです。

おススメですよ。


河野が持つとこんな感じ。。


カタカナオンラインストア
でも期間限定でお買い上げ出来ます!

当店マルシェでの看板メニュー、フクハクのポテトチップス。こちらは、NIKKEIプラス1「大人の手が止まらないポテトチップス」第4位に輝くとっても美味しいポテチですが、第1位が気になる私たち…。早速取り寄せてしまいました!以前も大人気で瞬く間に売り切れてしまった、知る人ぞ知るポテトチップス。復活です!

静岡は焼津、かつお漁船が行き交う港町で生まれた、新丸生のかつお節ポテトチップス。老舗の鰹節屋が作った特製和風だし風味のポテチです。これ、そのままでももちろん美味しいのですが、付属の鰹節を振りかけてフリフリシェイク!途中で味変できてしまうのが楽しいところ。ふりかける鰹は、昔ながらの製法を大切に本当に美味しい鰹節を作り続ける、新丸生こだわりのひとかけ。香りが全然違います!

美味しくて楽しいポテトチップス。店頭には、もう1種類、静岡ならではのお味もご用意しています。ぜひご家族やお友達と味わってみてくださいね。

他にも盛りだくさんでお待ちしております!
以上、katakana食いしんぼう通信でした。
katakana Online Storeでもメイドインジャパンの雑貨や身の回り品をたくさんご紹介しています。⇀

「motoneのはたらくシャツ展」はいよいよ明日まで!
本日最終の追加が入荷しました!

シャツは大好物です。

色々なシャツを持っていますが、シンプルだけど少し他のデザインとは違っている。
そんなシャツは探すとなかなかないモノです。

シャツの大事なポイントは「品」があるかどうか!

新しい「ワークシャツ」

縫製工場の跡取りの根本さんが、丁寧に本気で仕立てた、新しい「ワークシャツ」。

高級シャツと同等以上の仕立てにこだわり、生まれたシャツは、着心地もバツグンです。
シャツのそでがリブになっているので、あらゆる作業もしやすいのです。

先月2週間の予定でスタートしたPOPUPイベントが予想を超える大人気に会期延長したイベントもあと2日!

スタンダードシャツ。

motoneのレディスシャツの中で最もスタンダードなシャツ。
ワークシャツと言うとカジュアルなイメージですが、高級シャツを作り続けて30年以上の伝統の技が細かいところにキラリと光ります。

細部まで魅力の詰まったデザイン。

品のある襟、右肩にちょこんと入った刺繍、ふっくらとした袖口、裾のギャザー。
隅々まで、motoneのシャツ作りのこだわりが詰まっています。
アームホールや袖下と脇下は「折伏せ縫い」です。
カジュアルなワークシャツなどには、生地の裁断面が見える「インターロック仕上げ」が多いのですが、高級シャツと同等以上の仕立てになっています。
袖口とリブの縫製には二本針オーバーロックミシンを使い、伸び縮みする生地をスムーズにつなげています。

上質な、ブロード生地。

生地は適度に張りと光沢があるキメの細かい100/2 ブロード生地を使用しています。
洗いざらしでもカッコよく、着れちゃいます。

スタッフ着用(163cm)  Mサイズ

シンプルなおしゃれ。

洗練されたシンプルなデザインなので、オン・オフ問わずに着れます。
シルエットもスッキリとしているので、パンツ、スカートにも合わせやすいです。

袖のリブが、いい。

力仕事をする時、洗い物をする時などはもちろん、「よしっ!」と気合を入れるときに、
生活の中でシャツの袖を上げる機会は、意外とあります。

リブがあれば、ササっと上げ下げが出来るので、なにをするのにもとっても便利。

選べる、楽しみ。

合わせやすい「白」、ナチュラルな雰囲気が素敵な「灰」、クールでカッコイイ「黒」、ポップな「赤」の 全4色展開です。
お好きなリブの色を選んでくださいネ。

毎日着たくなる「motone」のシャツ。

「着てみて、本当に良かったから。」ともう一着。
「息子が着てて、欲しくなっちゃった!」とリピーターさん、ご紹介も多いのがmotoneの「ワークシャツ」。
シンプルで着やすいデザイン、モノの良さ、一度着ると、良さが分かりますよ。

カタカナ代表の河野が着るとこんな感じ。
メンズのMサイズを着ています。

夫婦や親子でお揃いも素敵です。

サラッと着れて様になる。

同じようなシャツが多い中で、ちょっとしたアクセントが効いているモートンのシャツは、着回しが簡単なので、どんな人にもおすすめです。

motone【モートン】
シャツやブラウス、ワンピースを主に手がける福島県の縫製工場 有限会社サンユーニが、2012年に立ち上げたファクトリーブランド。力仕事をする時、洗い物をする時などはもちろん、気分を新たに何かに取り組みたい時に、私たちはシャツのそでを上にあげます。シャツのそでをリブにしたら、簡単にそでを上げ下げできる、着心地のいいシャツができました。自社の工場できちんと仕立てた、新しい「ワークシャツ」です。


カタカナオンラインストアでも販売スタートしました!

こちらもあわせてお読み頂けるとうれしいです。

①はたらくシャツがカッコイイ! motone
②はたらくシャツ なぜ福島の縫製工場がブランドを立ち上げたのか? motone
③カジュアルだけどちゃんとしてるスニーカー U-DOT ユードット

どうせだったら良いモノを長く。

ニッポンのカッコイイを集めたお土産屋
カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

  • 前のページへ|Back