katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG


さがしモノの旅 大阪

今年から審査員がガラッと変わったと噂の、関西を代表するクラフトフェアの「灯し人の集い」に行ってきました。
そもそもこのイベントは誰が始めたのか?
2009年に第一回が開催され、実行委員会長の辻野剛さんをはじめとする、クラフト作家やアーティスト、クラフト店店主などの方達が立ち上げたイベントで、その実行委員会方々が出品選考を行います。

公式のHPの「ごあいさつ」の中でクラフトとは?このフェアとは?
が綴られていました。

“「Craft」とは、機械生産に対しての手仕事、と表現される。
元来モノを大量に必要とした時代が来る前には
Craftという言葉は無かったのかも知れない。
そのくらい人がモノを作るということは当たり前のことなのです。
当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前のことを生業とし、
人々の暮らしの中に小さな”思い”という明かりを灯す人たちがいます。
彼ら彼女らと触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、
人の暮らしが少し豊かになり、モノに対する価値感も変るのではないでしょうか。“
※灯し人の集いHPより

この言葉がこのフェアのすべての原点。経済的な視点からのモノ作りでは無く、自分と向き合い本当に大切なことは何かを追い求めて、形となったモノが作品としてこの会場に並びます。

前からレベルが高いフェアと聞いてはいましたが、僕が訪れたのは昨年がはじめて。
その時はこのフェアの下調べはせずに、他のクラフトフェアや手作り市と同じような感覚で訪れたのですが「ずいぶんとシックな作品を作っている人が多いイベントだな」と感じました。それでも会場は大盛況で、暮らしの道具に対してよいモノを選びたいと言う人々がこんなにもいるのだと感じました。

2回目の今回は僕の心の変化もあって、とても有意義に会場を見ることが出来ました。
カタカナはお土産屋というコンセプトで雑貨店をやっています。幅広い品揃えの理由は、1つのモノを深く追求するのではなく、お客様にそのモノが持つそれぞれの世界への入り口をご案内したいと思いでセレクトをしています。

大量生産大量消費の時代を経て、ここ数年でモノ作りという事が見直されています。まさに手作りブーム。
色々な識者が「作品が雑貨化している」「売れる事を意識し過ぎたモノ作りへの危機感」
と言っています。確かに本質を突き詰める事の大切さは理解できます。このフェアではいつまでもモノを作る意味と意義を追い求める会であって欲しい。

でもカタカナはそれだけでは無くて、肩の力が抜けた「フッ!」と笑顔になれる商品や、手作りとは対極の大量生産のモノもきちんと紹介をしていきたい。
そのモノ作りの裏側には、子育てに追われながら商品を作っているお母さんや、金属の磨き加工に人生を注いでいる職人さんたちがいるのだから。そんな人たちの才能にもきちんと光を当てたいと思っています。

全国の産地やフェアに行きあらためて思うのは、いい作り手やいいモノに出会うと、自分の手で皆さんに紹介したくなる。
「ねぇ!見て下さい。こんな素晴らしいモノを作る人がいるのですよ!」

やっぱり僕は良いモノを紹介するお店をやりたいです。ギャラリーの様なお店の様な、カタカナがやるんだから気軽な感じが良いですね。めちゃくちゃカッコ良くてめちゃくちゃ敷居が低いお店。
そしていつかそれらを集めたフェアをやってみたいです。

なんだか話がそれてしまいましたが、刺激をもらえた今回の「さがしモノの旅」でした。

実行委員会長の辻野さんがコメントを掲載していました。
興味深く拝読しました。良かったらぜひ!↓
第10回 灯しびとの集いを終えて

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。

8月のはじめ、1通のメールを頂きました。
「新木場にあるCASICAが1周年を記念して「ニュー縁日」という名前で色々な方を集めたイベントをやるので参加しませんか?」CASICAをディレクションするTAKIBI BAKERYの鈴木善雄さんからでした。ワクワクして新木場のお店に行き詳しい話を聞くと、CASICAの1階すべてと、普段は開放していない2階のスペースも使って、まさに全館まるごと「ニュー縁日」!
出店者さんのリストを聞くと、お洒落ブランドが勢揃い!!
「やばい、、、すごく楽しそう!」
什器や展開スペースの打ち合わせをしたら、1階の奥の小部屋を使って欲しいとの事。やばい、、以前この店に来た時に「この空間いいよね〜!」とうっとりとした場所でした。

参加するからには、自分達もしっかり楽しんで、しっかり売上げに貢献しないとです。今回のキーワードは「お洒落空間のお土産屋さん」。2日間で終わってしまうのが勿体ないくらいの良い売場が出来ました。
そんな素敵空間でkatakanaは何をしたかと言うと、チビッ子たちのハートをガシッ!と捕まえるオモチャと「買うつもりは無かったけれど、、」という方に「おっ!これ良さそう」と手に取りたくあるような日用品と作家さんの手作り品を厳選。僕たちの得意は子供からお年寄りまで笑顔にすることなのです。


2日間ずっとお店に立って感じた事は、想像通りオシャレなお客さんが沢山来たこと。外見の洋服がキレイという事だけでは無くて“スタイル&存在感”がきっちりある方が、近くに商業施設がまるで無い新木場にドンドン押しかけて来るって事は、やっぱり立地では無く、何をどうやるかなのだ!と改めて理解しました。

コンセプトがきっちりとお店に表現されていて、誰もが憧れる日常と非日常の隙間の様な空間、おいしいコーヒーと本と器と古家具と植物。
ここは完成された空間の様で、実は未完成の部分がところどころにあるのです。だからきっと心地いい。

つい最近読んだ「死ぬこと以外かすり傷」という本の中で、
「意識くらい高く持て」と書いてあり、なるほどなぁ、、と思った矢先の“意識MAX高い空間&人々”に囲まれたこの場所で、気が付いたら2日間、1分も座って休憩もせずに店頭に立っていた自分がいました。久しぶりにワクワクして興奮したイベントでした。

この空間にいると自分たちのこれから先のことを考えたくなる。
ニュー縁日は終わりましたが、CASICAさんにぜひ行って見て下さい。コーヒーを飲んでイスに座るといろいろなモノやコトが見えてくるはずです。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてご苦労様です。また、お会いできることを夢見ております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘からのお知らせでした。

くらしのmoto市に行って来ました。
「楽しそうなイベントがありますよ!私たちも出店するのです」と教えてくれたのは、
先月カタカナで企画展をやってくれたsonorの園田さんから。
場所は東京・町田の梁田寺(りょうでんじ)というお寺で開催されるようです。
今回で10回目。という事は10年前からやっていたとは、、、知りませんでした。

チラシを見ると知り合いの作家さんもチラホラ

町田駅から路線バスで「あれ?どこで降りるんだっけ?」と不安になる位の20分間。
そしてバス停から徒歩5分。
東京でクラフトフェアを行うには辺鄙な場所です。
が!!会場のお寺の境内に入るなり大行列。本当にびっくりしました。

これを主催しているのは神奈川県の橋本にあるペドラーさんと言う雑貨屋さん。
2007年にOPENとホームページ書かれていたので、開店後すぐにこのイベントを行われたのだと思うと、素直に脱帽。
最近このようなクラフトイベントはとても多くて、僕たちも何かやりたいけれど、やる意味をさがして動けなかったように思います。

とりあえず何かやってみよう!愛をもって人やモノを集めればきっと納得できるコトが出来るはず。
帰路の電車の中で「出店して欲しい人リスト」をスマホに打ち込みながらニヤニヤしたのでした。

くらしのmoto市さんの詳しいことはこちら→★★

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店

福岡のお店「TERCEIRO」さんの展示が東京でやっていると情報をキャッチして、平日の昼下がりに行って来ました。開催していたのは「yau.」という場所。Google Mapで調べると、根津美術館の裏手で住所は西麻布。微妙にどの駅からも離れているところが目的地です。

表参道からてくてく歩き、根津美術館のわきの坂道を下ると、青山のシャープな街並みから、路地からネコがゆっくり横切りそうなのんびりした空気に変わります。

そこでひと際目を引いたのが「yau.」さん。奇抜ではないけど、思わず「わぉ!」と声に出してしまいました。これは店舗というのか?ギャラリー?この空間自体がアート作品のようで、不思議と緊張をさせない空気をもっています。


店内の真ん中に大きな木を配置して、テルセイロさんの帽子を飾っていました。
初日には20個くらいあったそうですが、その日は2個に、、さっそく同行した妻がかぶって見ると、オリーブ色の帽子をとても気に入って、彼女の誕生日のプレゼントが決定しました。(今年の一仕事終わりました(笑))


僕はとにかくこの空間が気に入ってしまい、この店を運営している中井さんに根掘り葉掘りいろいろな事を聞いてしまいました。
彼の今まで歩いてきた道のりを聞くと、「あぁ、やっぱりね」と思う反面。この店を切り盛りするアイデアと行動力とセンスにとても刺激を受けました。
やっぱり、何事も振り切らないといけませんね。
迷いがあっても、振り切る!手が縮こまっては感動はないのを教えて頂きました。


通いたい店が1つ増えました。

yau.

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした

今週末からカタカナでイベントを開催するSTUDIO LA CAUSE/スタジオラコーズさんのアトリエにいって来ました。

名古屋から東山線で30分ほどの閑静な住宅がひろがる本郷駅にアトリエはあります。
扉を開けるとすぐにお店になっていて、店舗と什器を隔てた向こう側が工房、すべての商品がこの場所で生み出されます。



STUDIO LA CAUSEさんとの出会いは2年ほど前、銀座松屋さんの7階のイベントでした。広い会場の中でピタッとこのレザーブランドの前で足が止まりました。見るだけで上質な革だとわかり、手に取るとずっとさわっていたくなるような感覚。見た事がありそうで他には無いデザイン。財布の内側を見るとシンプルながらも使い心地の良さそうな構造になっています。販売に立っていた栗山さんの奥様に丁寧に接客をして頂き、興奮気味に自由が丘のお店に帰り「素敵なモノに出会った」と皆に報告したのを思い出します。
さっそく次の日、妻を連れて銀座松屋さんに再訪問、カタカナの影のご意見番にこのモノたちを見てもらいました。結果は即決で財布をお買い上げ!いろいろ欲しそうでしたが、その日は我慢してコインケースをセレクトしました。
それから1年使ってみて、「このブランドのモノ作りはとてもいい!」と実感して「カタカナでイベントを開催して欲しい!」とお願いしたのでした。


これがその時購入したコインケースと同型。当時はイタリアの革を使っていましたが、今は国産の革を使用しています。

実はこの財布は数か月前から妻から僕が譲り受けて(おさがりとも言います)パスモとカードを3、4枚。お札を2つ折りで2、3枚とコインを入れて使ってます。使って見てわかるのが、「手になじむ優しさ感が半端ない」そして、イタリアのタンニン鞣しの革がメチャクチャ良い感じに育って、最初のネイビーの色がさらに濃くなってツヤッ!ツヤです。


デザイナーで職人でもある代表の栗山さん。

栗山さんに、なぜ革をイタリアンレザーから国内のレザーに変えたのか聞いてみました。
「色問題なのです、、」とやさしく話し始めてくれました。
イタリアンレザーを長く使って来て感じたことは、イタリアのタンニン鞣しは素晴らしいモノが沢山ありますが、最初どんなに素敵な色でも経年変化をしてしまい、最終的にはどの革も似た色になってしまう。「気に入った最初の色を長く使って欲しい」とあえて国産のクローム鞣しを選択したそうです。
この話を聞いて僕は、「育つ革が良いのだ!」と思いこんでいましたが、偏った考え方なのかも?と思いながら、自分の立派に育ったコインケースをポケットにソッとしまったのでした。


「革作りは手打ちのうどんみたいなものなのです」と栗山さん。手打ちうどんは天候によって水分を足したり、混ぜる早さを変えたりと、職人の肌感覚がとても反映されます。革もまったく同じだそうで、職人さんと何度も何度も作り直して納得の革が出来上がるのだそう。それは、データで平準化されたモノ作りとは次元の違うものが出来上がるのだとか。



「革本来のポテンシャルを最大限引き出す」
納得する素材をトコトン追及して、そこから先は自身の技術で最高のモノを目指してモノ作りをしていきます。



製作は栗山さんの弟さんと2人態勢。販売は奥様が担当でしたがお子様の出産を控えてサポートにまわっているそうです。


今回おススメなのがこのスタイル。コインケースより2まわり大きくて長財布よりは2まわり小さい。栗山さんの奥様が実際に使っているのを拝見しましたが、「すごくかわいい、、」パンパンに中身を入れちゃってコロンとなってもさらにかわいい。色は4色でホワイト・ネイビー・ブラック・ベージュ(このベージュがすごく良い)

スタジオラコーズはそれだけではないのです。
男子の皆さん!きっと惚れますよ。メチャクチャシャープな財布もあるのです。
っと言うか、栗山さんは本来こちらの方が得意なのだと思います。

さらに、バッグ好きのあなた。この1年毎月いろいろなバッグを提案し続けた僕が言うのも何ですが、「カッコイイです。」重いけどね。革のカバンを持つ喜びの重さです。
じつは、最初に出会った銀座松屋さんで、僕たち夫婦をくぎ付けにしたのは、財布ともう一つはボストンバッグなのでした。良い鞄ですよ。価格も良いですけどね。

カタカナではじめてご紹介するSTUDIO LA CAUSEの世界を見に来てください。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由ヶ丘店からのお知らせでした。