katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

お待たせしました!
今回はお楽しみの「田中帽子店の工場見学編」です。
前回のさがしモノの旅 埼玉編ブログ「ビスポークと田中帽子店」はコチラ→

ビスポークさんから中田さんに車で、連れていっていただきました。

工場へ向かう途中、中田さんがビスポーク社長の黒木さんのお話にもあった「古利根川」を紹介してくださいました。
春日部市が、お米や麦の生産地として栄えたのはこの川があったから。といっても過言ではないかもしれません。
とても広く、穏やかで綺麗な川でした。

工場までは約15分だったので、車中でお話をしているとあっという間に到着です。
さあ、早速中にお邪魔します…ワクワク…

中へ入ると、どこもかしこも帽子でいっぱい!さすが帽子の工場です。胸の高鳴りが止まりません…

片面にはたくさんの木型が!使い込まれた味わい深い風合いに、田中帽子店の歴史を感じます。

奥の作業場まで進むと、ミシンの「カタカタカタカタ…」という音が耳に心地よく響く、
静かで引き締まった空間に一瞬で引きこまれました…

ここからは、帽子作りの①帽体縫い②寒干し③型入れ④内縫い⑤内縫い⑥仕上げまでの
全ての工程を工場内の写真と共にご紹介していきます。

始めに、帽子作りの一番初めの作業とされる「帽体縫い」のセクションにご案内いただきました。
帽子作りの上での、とても大事な工程です。

帽子の元となる平らなテープ状になった藁は、藁を数本ずつ編んで作られています。
ここから麦わら帽子が出来上がるなんて!驚きです。

縫いに使用するのは、数十年間大切に続けられている、昔ながらのミシン。
残念なことにメーカーは廃業してしまい、とても貴重なものだそうです。

そのミシンで藁を帽子の頭の部分から円を描くように、丁寧に縫っていきます。
歪みのない均一な曲線でできた美しいカタチは、職人さんの長年にわたって培われた素晴らしい技術の賜物です。
年数と膨大な数をこなさなければ、手に入らない繊細な手の感覚が頼りになるこの作業。
とてつもない数の帽子を製作されている職人さんの指は、指紋がだんだんと無くなってしまうそうです。

同じセクションの奥で作業されていたこちらのお方は、田中帽子店の社長のおじい様で現会長の四代目・田中行雄さん。
御年84歳にして現役の職人さんです。

どこを見ても見ていると、「こうやって帽子が出来上がるのか!」とワクワクするシーンばかり。
帽子とツバが、こんな状態で作られるなんて!初めて見ました!

そして帽体縫いが終わると、次は帽子の湿気を取り除くための「寒干し」です。
空気が乾燥している冬の時期に、天日にさらして干します。
寒干しをすることによって、帽子の編み目が引き締まり、丈夫で型崩れしにくい帽子になります。
このひと手間によって、長く使える帽子になるこちらも重要な作業です。

工場の前に帽子がずらりと並んだ光景は、今の時期ならではの素敵な風物詩。
「まだかな…まだかな…?」と出来上がりを待っているかのような姿になんだかとってもきゅんとしました。

続いての工程は、帽子の形をキメる「型入れ」です。
熱せられた金型を使い、水圧によって上の風船を膨らませ、プレスします。
中折れや中浮きなどの帽子の細かい形状もこちらのプレス機で作りだすことができます。

国内では、ほぼ生産ができなくなってしまった貴重な金型。
それぞれの帽子の形によって使い分けて使用されます。

プレス機の奥では、帽子のツバにアイロンをあてて、帽子の腰を決めていく作業が行われていました。
こちらの方は六代目社長の田中優さんです。

ツバと帽子の頭部分をつなぐ角の部分を指す帽子の腰は、決まっていないと帽子の型崩れの原因にもなってしまいます。
一部の帽子には型のない帽子に、この作業が施されます。

木の素材が混じった樹脂でできた特注の型を使い、手作りの板を型にはめ、帽子の高さを調節します。

腰の部分がなるべく直角になるように、アイロンで一点一点仕上げられていきます。
「“腰は帽子のいのち”なんです。」という田中さんの力強い一言に職人魂を感じました。
「カ、カッコイイ…!」

やりすぎると凹んでしまうため、絶妙な力加減が重要なこの作業。
まさに職人ワザ!

そして、帽子の形が決まったら、お次は内側の汗止めやテープ式のサイズ調節などをつける、
縫い合わせ作業「内縫い」に入ります。
被り心地の良さが左右されるこちらも大事なポイントです。

ブランドロゴも一点ずつミシンで丁寧に縫われていきます。
最後は帽子にリボンなどの装飾を帽子につける「飾りはり」をし、仕上がりのチェックをして帽子作りは終了です。
これで完成!と思いきや、実は最後の最後にもう一つ大事な作業があります。

帽子からはみ出した麦わらをカットしていく、最後の仕上げ。
麦わらのチクチク感がなくなり、より被りやすい帽子になります。
見た目以上に大変な作業で、ひとつひとつの帽子を手作業で行うため、この作業が帽子作りにおいて一番時間が掛かる作業。
繁忙期には、他のセクションの職人さんや会長さんも加わるほどなのです。
大変な作業ですが、田中帽子店さんの帽子の被りやすさの秘密はこの作業に大きく関係しています。

たくさんの工程のひとつひとつに意味があり、全て田中帽子店の帽子作りにおいて欠かせません。
そうしてようやく出来上がるひとつの帽子は、ただの麦わら帽子ではない、職人さんの思いが詰まった特別なもの。
手仕事の大変さや職人さんの技術の素晴らしさを目にして「田中帽子店の帽子」の良さをより深く知ることができました。
でもこうした手仕事にこだわったものづくりだからこそ、田中帽子店らしい
「見た目の美しさ、被りやすく、型崩れしにくい長く大事に使い続けたくなる帽子」が出来上がるのだと、
私たちは改めて確信しました。
これぞ、まさしくメイドインジャパン。職人さんの手仕事って本当にスゴイ!
田中帽子店の職人の皆さま、ご案内くださった中田さん、本当にありがとうございました。

【ブログ更新予告】
4.10更新予定「オススメの田中帽子店の帽子たち」
レディース、メンズ、キッズの帽子、合わせて約30種類以上の帽子が入荷予定です。
これだけ揃うと、どれにしたらいいか分からなくなりそう…
そんな方の為にスタッフが今年の夏オススメの帽子をご紹介します。

4.14更新予定「帽子の選び方、被り方」
帽子は普段被らない、帽子のオシャレな被り方が良く分からない方の為に
自分に似合う帽子を選ぶポイントやオススメのかぶり方をご紹介します。
お楽しみに!
田中帽子店の帽子の展開は、4月12日㈮からです。
オンラインショップからでもお買い求めいただけます.

こんにちは!さがしモノの旅に、今回初めてお供したWEB広報担当のわきたです。
冬の風が吹く肌寒い3月はじめ、ビスポークさんと田中帽子店の工場見学に行ってきました!

まず初めに…katakanaではお馴染みの田中帽子店はご存知の方も多いかと思うので、
ビスポークとはなんぞや?という方の為に、ビスポークさんをご紹介します!
ビスポークさんは、オリジナルブランドの商品を企画・販売するメーカーとして知られ、
機能的でユニークな商品企画で知られている会社です。
田中帽子店の帽子の良さをビスポークさんが発信し、販売しています。

自由が丘駅から電車を乗り降りして約1時間半。埼玉県の越谷市の「せんげん台駅」に着きました。
駅周りの落ち着いた雰囲気が、なんとも心地よく…なんだか、初めて来た!と感じがしない不思議な感覚。
お昼に食べた「ふしみ」さんのつるっつるっの手打ちそばは、格別美味しく(セットで頼んだ天丼も最高!)
一気に「せんげん台」のファンになってしまいました。

さて、お腹も満たされたところでビスポークさんに向かいます。

始めに、新作の帽子や売れ筋の帽子をご紹介いただきました!
今まで、katakanaでは展開していなかったラフィアの帽子も今年は店頭に並びます。
4月9日に更新予定のブログ「オススメの田中帽子店の帽子たち」にて、詳しくご紹介しますネ。

そして気になっていたビスポークさんと田中帽子店との繋がりのきっかけ、二者の関係とは…驚きのお話をお伺いしました。
もともとヨーロッパからの輸入を専門にしている商社に勤めていた社長の黒木さん。
時計、バッグ、革小物、洋服と帽子などファッション全般のさまざまなアイテムに携わるなか
「なぜ海外から輸入したパナマハットは売れるのに、地元の麦わら帽子は売れないのか・・・」と疑問を抱きます。
遠くからわざわざ輸入しなくても、いいものは近く(日本)にたくさんある!
日本のいいものをたくさんの人に知ってほしい、使ってほしい。そんな思いから30歳前に独立を決断。
まずは地元から!ということで、春日部市の伝統工芸品「麦わら帽子、桐ダンス、桐箱、羽子板・・・」
の中で黒木さんは、商社時代にも携わっていた帽子にフォーカスを当てます。

埼玉県東部に位置する春日部市、昔は古利根川の流域に広がる肥沃な土地で昔から米や麦の生産地でした。
特に麦の生産農家が多く、副産物である茎を利用した麦わら帽子を農閑期の副業として
たくさんの農家さんが麦わら帽子を作っていましたが、調べてみると残っているのはなんと「田中帽子店」を含むたった数件だけ!
そこで、すぐさま田中さんにコンタクトを取り、ついに初の対面が叶いました。
緊張感のある1時間ほどの話し合い。どうなったのかというと「まったく話が噛み合わず・・・」
黒木さんは、田中帽子店のこれからや、改善していくべきこと、田中さんに熱く、様々な提案をします。
が、田中さん側からすると、地元人ではあるとはいえ、初対面でこうしたほうがいいと言われても、
そうですね!と、そのままの意見を受け入れるのは簡単なことではありません。
しかしそこから黒木さんは、何度も何度も訪問を重ね、話し合い、「田中帽子店」の改革をしていきます。


※お写真は、いつもkatakanaとの窓口をしてくださっている中田さんです。

黒木さんがまず初めに提案したのが、情報の公開「田中帽子店」の存在を広める。ということ。
もともとアパレルの下請けのお仕事をメインにしていた田中帽子店は
ブランドとしての知名度はあまりありませんでした。
そこで黒木さんは、ホームページを立ち上げたり、日本最大級の展示会ギフトショーに出展されたりと
徐々に「田中帽子店」の存在を世の中に広めていきます。

次に黒木さんが提案されたことが、日本製部門の生産の活性化です。
黒木さんが田中帽子店とお仕事をされる前、
田中帽子店では日本製の部門を縮小し、中国生産の帽子をメインに手掛けていました。
昔から変わらない職人さんの手仕事の素晴らしさが詰まった“メイドインジャパン”の帽子が
田中帽子店の看板となり、良さをたくさんの人に知ってもらい、実際に手に取っていただくことが大切だと
黒木さんは考えたのです。

そして最後は、工場内の高齢化を脱却すべく、若い職人さんの採用を行います。
この話を聞いたときには、「え!ここまでする!?」と正直なところとても驚きましたが、
これは、「田中帽子店」を継いでいく未来の為にも必要なことでした。
黒木さんが、面接を重ね、「この子だ!」という方を田中さんにご紹介します。
しかし、即決にはならなかったそう。でもそりゃあそうです、何十年を掛けて一人前が認められる職人の世界では、
新人を入れるという事は、多大な労力と膨大な時間が必要になります。
でもそこで黒木さんは折れません。「この子に決まらなければ、うちの社員を派遣します!」と田中さんに押しの一言。
「そこまで言うんだったら…」となんとか採用が決まりました。
そこから、職人さんにとって働きやすい環境作りなどのフォローも続き、
この6年になんと3人もの新しい職人さんが誕生し、社長さんの息子さんを含め
現在は、4人の若い職人さんたちが田中帽子店の一角を支えています。

こうしたビスポークさんと田中帽子店の想像を超えた強い関係性。脱帽と感動でした。
一言では言い表すことが難しいですが、あえて言うならば、「同志」。ではないでしょうか。
100年以上も変わらない真っ直ぐな情熱を注ぐ田中帽子店の職人さんの強い思いの詰まった帽子を
ビスポークさんがたくさんの人に良さを伝え、多くの人のもとに届ける。
katakanaもその想いを受け取ったうちの一人です。
田中帽子店さんは、実店舗がありません。
なので、その二つの想いを私たちが直接お客様にブログや接客を通してお伝えしていきたいと思います。
日本のいいものをたくさんの人に知ってほしい、使ってほしい。
責任をもって伝えなきゃ。改めて、気が引き締まる思いになりました。

さがしモノの旅 埼玉編②「田中帽子店の工場見学」はコチラ→

【ブログ更新予告】
4.8更新予定「田中帽子店の工場見学編」
えっ帽子ってこうやって作るの?
知らないともったいない、帽子作りの考えられた工夫などなど、
盛りだくさんの内容になっています。

4.10更新予定「オススメの田中帽子店の帽子たち」
レディース、メンズ、キッズの帽子、合わせて約30種類以上の帽子が入荷予定です。
これだけ揃うと、どれにしたらいいか分からなくなりそう…
そんな方の為にスタッフが今年の夏オススメの帽子をご紹介します。

4.14更新予定「帽子の選び方、被り方」
帽子は普段被らない、帽子のオシャレな被り方が良く分からない方の為に
自分に似合う帽子を選ぶポイントやオススメのかぶり方をご紹介します。
お楽しみに!

田中帽子店の帽子の展開は、4月12日㈮からです。
オンラインショップからでもお買い求めいただけます.


さがしモノの旅 福井編

やっぱり福井に行こう。

そう思ったのが今回のさがしモノの旅のきっかけです。目的は「オンリー椀」と言うイベントを4月に開催すること事が決定したから。このお椀の作り手である酒井さんの工房を訪ねました。

福井県の鯖江駅に降り立つと、酒井さんが車で迎えに来てくれていました。
「お昼まだですよね?カツ丼で良いですか?」
何を隠そう、僕は知らない町のランチの時に「迷ったらトンカツ屋を検索せよ」と言うほどトンカツ好きなのです。

駅から車ですぐの商店街にお目当てのお店の「味見屋」さん。正しい町の食堂のたたずまいに期待が膨らみます。出てきたカツ丼がしょう油カツ丼!他県で見るタレカツ丼とも違い絶品の美味さです。

漆器の町越前で最初に出会った器は、プラスチックの塗りモノ風のどんぶりでした。

工房に向かう車のなかで酒井さんが産地の話をしてくれました。
「この地域は昔から塗りの越前と言われるくらい漆器の産地です。漆器作りには湿度がとても大切で、この地域は三方山に囲まれているので、1年を通じて湿度が高いのです」

酒井さんは色々な経験をされて今の木地師としてろくろ舎を立ち上げたのですが、木地師の方は多いのかと聞いたところ、どんどん少なくなっているとの事。そして現在はこの町の漆器産業を支えるのは業務用の器だと教えてくれました。

業務用の漆器と言うと、食堂などで使われる樹脂製の器に漆を塗装したものです。僕が眉をひそめると彼はこう言いました。「本当は木地の器で天然の漆の器が良いですが、この地域は業務用の需要に応えたから漆器の産地として生き残っているのです」

産業を守るために、何かを捨てて新しい事に進んでいき町が栄える。


そんな話をしているうちに工房に到着しました。この場所には色々な産地が、新しい事に進むために置き去りにしたモノがある。しかし古びた空間では無くメチャクチャいい感じで心地良い。

「木地師ってカッコいいな」

オンリー椀のイベントを開催する事が決定すると酒井さんが「せっかくなので、カタカナさんのスペシャルのお椀を作りますよ。それも含めたオーダー会をしましょう。何でも言って下さいネ!」

何でも作れると言われると、真剣に悩んでしまいます、、、
カタカナらしいお椀は何か?と考えると難しいですが、自分が使いたいモノを考えるとひらめくものがありました。

それは「どんぶり」

実は僕が無類の丼モノ好きなのです。カツ丼、天丼、親子丼などなど。
そして妻は無類の麺モノ好き。特にうどんには目がありません。


工房で沢山のお椀を見せてもらい決めたのがメインビジュアルで使用したお椀です。
見たことがあるようで無い、大きな木のどんぶりは思わず手に取るとテンションが上がりました。ワクワクする器って素敵です。

このお椀は合鹿椀(ゴウロクワン)と言う名称で合鹿地方で作られていたモノだそうです。酒井さんは、先人たちの残したお椀の型に敬意をはらいながら、現代のスタンダードを作り上げていくのです。


今回「オンリー椀」のセミオーダーが出来るのがこの6スタイルのお椀です。(右端が合鹿椀)好きなかたちを手に取り選んでください。そして5種類の塗りの加工方法を決めて完成を待ちます。価格 7,000円〜


この合鹿椀を使ってカツ丼を作ってもらいました。どうです?おいしそうでしょ?

《お知らせ》
4月6日、7日は木地師の酒井さんがカタカナにやって来て、お椀を使ったお話会を開催します。
4月6日・7日 (各回6名定員)
第1回 11:30〜 第2回 14:00〜
参加費 1,000円+tax
お申込みは下記まで「お名前」「電話番号」「参加人数」を明記の上メール下さいネ。
ご予約状況を確認しご返信させていただきます。
お申込みメールアドレス info@katakana-net.com

ぜひ遊びに来て下さいネ。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ自由が丘からのお知らせでした。


さがしモノの旅 大阪

今年から審査員がガラッと変わったと噂の、関西を代表するクラフトフェアの「灯し人の集い」に行ってきました。
そもそもこのイベントは誰が始めたのか?
2009年に第一回が開催され、実行委員会長の辻野剛さんをはじめとする、クラフト作家やアーティスト、クラフト店店主などの方達が立ち上げたイベントで、その実行委員会方々が出品選考を行います。

公式のHPの「ごあいさつ」の中でクラフトとは?このフェアとは?
が綴られていました。

“「Craft」とは、機械生産に対しての手仕事、と表現される。
元来モノを大量に必要とした時代が来る前には
Craftという言葉は無かったのかも知れない。
そのくらい人がモノを作るということは当たり前のことなのです。
当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前のことを生業とし、
人々の暮らしの中に小さな”思い”という明かりを灯す人たちがいます。
彼ら彼女らと触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、
人の暮らしが少し豊かになり、モノに対する価値感も変るのではないでしょうか。“
※灯し人の集いHPより

この言葉がこのフェアのすべての原点。経済的な視点からのモノ作りでは無く、自分と向き合い本当に大切なことは何かを追い求めて、形となったモノが作品としてこの会場に並びます。

前からレベルが高いフェアと聞いてはいましたが、僕が訪れたのは昨年がはじめて。
その時はこのフェアの下調べはせずに、他のクラフトフェアや手作り市と同じような感覚で訪れたのですが「ずいぶんとシックな作品を作っている人が多いイベントだな」と感じました。それでも会場は大盛況で、暮らしの道具に対してよいモノを選びたいと言う人々がこんなにもいるのだと感じました。

2回目の今回は僕の心の変化もあって、とても有意義に会場を見ることが出来ました。
カタカナはお土産屋というコンセプトで雑貨店をやっています。幅広い品揃えの理由は、1つのモノを深く追求するのではなく、お客様にそのモノが持つそれぞれの世界への入り口をご案内したいと思いでセレクトをしています。

大量生産大量消費の時代を経て、ここ数年でモノ作りという事が見直されています。まさに手作りブーム。
色々な識者が「作品が雑貨化している」「売れる事を意識し過ぎたモノ作りへの危機感」
と言っています。確かに本質を突き詰める事の大切さは理解できます。このフェアではいつまでもモノを作る意味と意義を追い求める会であって欲しい。

でもカタカナはそれだけでは無くて、肩の力が抜けた「フッ!」と笑顔になれる商品や、手作りとは対極の大量生産のモノもきちんと紹介をしていきたい。
そのモノ作りの裏側には、子育てに追われながら商品を作っているお母さんや、金属の磨き加工に人生を注いでいる職人さんたちがいるのだから。そんな人たちの才能にもきちんと光を当てたいと思っています。

全国の産地やフェアに行きあらためて思うのは、いい作り手やいいモノに出会うと、自分の手で皆さんに紹介したくなる。
「ねぇ!見て下さい。こんな素晴らしいモノを作る人がいるのですよ!」

やっぱり僕は良いモノを紹介するお店をやりたいです。ギャラリーの様なお店の様な、カタカナがやるんだから気軽な感じが良いですね。めちゃくちゃカッコ良くてめちゃくちゃ敷居が低いお店。
そしていつかそれらを集めたフェアをやってみたいです。

なんだか話がそれてしまいましたが、刺激をもらえた今回の「さがしモノの旅」でした。

実行委員会長の辻野さんがコメントを掲載していました。
興味深く拝読しました。良かったらぜひ!↓
第10回 灯しびとの集いを終えて

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。

8月のはじめ、1通のメールを頂きました。
「新木場にあるCASICAが1周年を記念して「ニュー縁日」という名前で色々な方を集めたイベントをやるので参加しませんか?」CASICAをディレクションするTAKIBI BAKERYの鈴木善雄さんからでした。ワクワクして新木場のお店に行き詳しい話を聞くと、CASICAの1階すべてと、普段は開放していない2階のスペースも使って、まさに全館まるごと「ニュー縁日」!
出店者さんのリストを聞くと、お洒落ブランドが勢揃い!!
「やばい、、、すごく楽しそう!」
什器や展開スペースの打ち合わせをしたら、1階の奥の小部屋を使って欲しいとの事。やばい、、以前この店に来た時に「この空間いいよね〜!」とうっとりとした場所でした。

参加するからには、自分達もしっかり楽しんで、しっかり売上げに貢献しないとです。今回のキーワードは「お洒落空間のお土産屋さん」。2日間で終わってしまうのが勿体ないくらいの良い売場が出来ました。
そんな素敵空間でkatakanaは何をしたかと言うと、チビッ子たちのハートをガシッ!と捕まえるオモチャと「買うつもりは無かったけれど、、」という方に「おっ!これ良さそう」と手に取りたくあるような日用品と作家さんの手作り品を厳選。僕たちの得意は子供からお年寄りまで笑顔にすることなのです。


2日間ずっとお店に立って感じた事は、想像通りオシャレなお客さんが沢山来たこと。外見の洋服がキレイという事だけでは無くて“スタイル&存在感”がきっちりある方が、近くに商業施設がまるで無い新木場にドンドン押しかけて来るって事は、やっぱり立地では無く、何をどうやるかなのだ!と改めて理解しました。

コンセプトがきっちりとお店に表現されていて、誰もが憧れる日常と非日常の隙間の様な空間、おいしいコーヒーと本と器と古家具と植物。
ここは完成された空間の様で、実は未完成の部分がところどころにあるのです。だからきっと心地いい。

つい最近読んだ「死ぬこと以外かすり傷」という本の中で、
「意識くらい高く持て」と書いてあり、なるほどなぁ、、と思った矢先の“意識MAX高い空間&人々”に囲まれたこの場所で、気が付いたら2日間、1分も座って休憩もせずに店頭に立っていた自分がいました。久しぶりにワクワクして興奮したイベントでした。

この空間にいると自分たちのこれから先のことを考えたくなる。
ニュー縁日は終わりましたが、CASICAさんにぜひ行って見て下さい。コーヒーを飲んでイスに座るといろいろなモノやコトが見えてくるはずです。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてご苦労様です。また、お会いできることを夢見ております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘からのお知らせでした。