katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

夏が近づくと元気な服が欲しくなります。
そんな時におすすめのブランドがありますよ!

日本国内の生産にこだわりものづくりを続けるオリジナルテキスタイルブランドとして
2012 年 にスタートした「kakapo」です。

何気ない日常にアクセントとなるようなオリジナル商品を提案し、
シャツをはじめバックなど、テキスタイルの可能性を広げるプロダクトを展開されています。

昔ながらのやり方で、ゆっくり、丁寧にものづくりを続けている工場でつくるファブリック。

“流行やファッションに影響されて消耗していくのではなく、
世代を超えて10 年後、20年後 にも愛され、使われるファブリック” をコンセプトにしたデザインです。

◎半袖シャツ
流行に左右されないkakapoの定番シャツは、ブランドスタートから形を変えず作り続けています。

飽きのこないベーシックな形で老若男女に、カジュアルにもちょっとキチ ッとした感じにも着ていただけます。

[写真・半袖シャツ 「シラカミ」 ミドリ
/「シラカミ」 ネイビー ]

◎半袖シャツワンピース
小さめの衿が全体のバランスを美しくみせてくれるデザインのシャツワンピース。

きちっと閉じて着たり、コートのように羽織ったり、
パンツやスカートの合わせ方でいろいろなアレンジができます。

[写真・ 半袖シャツワンピース 「フルイマチ」 カラシ ]

◎シャツTシャツ
クルーネックが柔らかい雰囲気とテキスタイルの色柄が引き立つベーシックなTシャツです。

柔らかく肌触りも良く、着心地も抜群です。

[写真・「コート」 キイロ ]

◎ロングタックスカート
ウエストゴムのスカートです。

ウエスト部分がタックになっているため、 着用した時に広がり過ぎずトップスをインしてもスッキリと見えます。
また両脇にポケットもついたきちんとした作りです。

幅広いコーディネートを楽しんで頂けます。

[写真・「パーラー」キイロ ]

kakapoの洋服は、男性もほらね。カッコよく、着こなせます。
ご夫婦で、ご家族で、お揃いも素敵ですよ。

[写真・ シャツTシャツ 「シラカミ」 ネイビー ]

流行に左右されず、年代を問わず、着心地がよく、日常のアイテムとしても、また特別な日の1枚としても使えるシャツ。

ファッションアイテムとしてではなく、生地屋さんが作る、ありそうでなかった、でも普通のシャツ。

カネイチさんの手掛けるkakapoのシャツは、着ると自然と明るくなる、「素敵なシャツですね。」と会話も生まれてしまうとっておきなシャツです。

毎日を楽しく彩ってくれるかけがえのない存在になりますよ。



カタカナオンラインストア限定開催の「kakapoの洋服展」は、明日7月5日までの開催となります。
ぜひ、チェックしてみてくださいネ!
イベント特設ページは、上画像をクリック!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのご紹介でした。

「katakana動物園」の開催まで、あと3日となりました。
今回出展していただく作家さんをご紹介します!

◎降幡 未来(フルハタ ミキ)さん 長野県 

①作家さんによる自己紹介
「『送りゆく日常に少しの変化を』
そんな事を考えながら陶磁器を使った器やアクセサリーを制作しています。

常に惹かれ続ける色、
そして形への感覚を大切に
重なり合い 混じり合い 溶け合う
その時々の表情を楽しんでいただけたらと思います。」

②作品の見どころやこだわり
「Toriのシリーズはあまり形を決めずに轆轤を引く際の感覚に任せています。
形が決まってからそのフォルムに合った表情や色合いを考えるので、
その子の一番が表現できたらと思いながら製作をしています。」

③作家さんからのメッセージ
「生活の中のちょっとした変化で大きく変わるものがたくさんある気がしています。
皆様の日常がより楽しく嬉しいものになりますように。」

◎青木千佳(アオキ チカ)さん

①作家さんによる自己紹介
「コンセプトは物語のある器。
そこにあると楽しい気分になれるもの。
組み合わせる事によりテーブルコーディネートが、使う人それぞれの物語になる器です。
ほんの少し、誰かの楽しいひと時に寄り添えたら幸いです。
現在は北海道の植物や鳥の声を聴きながら日々制作を続けています。」

②作品の見どころやこだわり
「大まかな形は自分で作った型で形とバランスを取りますが、基本的には一点ずつ手作りです。
一つとして同じ表情のものはありません。お気に入りの表情の動物を見つけて下さったら嬉しいです。」

③作家さんからのメッセージ
「はじめまして!
私の動物たちが北海道から自由が丘のKATAKANAさんに寄せて頂くことになりました。
皆様に御覧頂けます機会を頂けました事、とても嬉しいです。
全て手作業で作る動物たちです。表情の違いや器のストーリーを楽しんで頂けましたら幸いです。」

◎okazoo(オカズ―)さん 栃木県益子町  

①作家さんによる自己紹介
「15年間、陶芸教室で仕事をしてきまして、今年の4月から独立し、作陶を本格的に始めました。」

②作品の見どころやこだわり
「動物たちの顔を見て和んでください。」

③作家さんからのメッセージ
「こんなご時世だからこそ、少しでも動物を見て和んでいただけたらうれしいです!」

◎中澤京子(ナカザワ キョウコ)さん

①作家さんによる自己紹介
「東京都在住。
2010年よりクラフトイベントへの出店を機に作家活動を開始しました。
以降各地の手仕事に特化したイベントや展示に参加しています。
刺繍と柿渋布などを使い、ブローチなど身につけられる小さな作品作りから始まりましたが、
近年ではオーナメントやオブジェなど愛でる作品作りに力をいれています。」

②作品の見どころやこだわり
「身につけた人、手にした人が思わずニヤリとするモノづくりを目指しています。
大人が楽しめるように、作りは丁寧に。
甘すぎずかわいくなりすぎないようなデザインと色使い素材選びにこだわっています。」

③作家さんからのメッセージ
「おうちで過ごす時間が少しでも楽しくなりますように、
今回は玉乗りオーナメントをお届けします。
ゆらゆらくるくる動く動物たちにニヤリとしていただけたら嬉しいです。」

◎Tokoro masayasu works (トコロ マサヤス ワークス)さん

①作家さんによる自己紹介
「小さな物語を込めた動物モチーフのアクセサリーやオブジェをイベントや
オンラインマーケットで展示販売しております。」

②作品の見どころやこだわり
「最初に木で原型を制作しそれをレジンで型をとり一つ一つ手で塗装しています。」

③作家さんからのメッセージ
「無言で語り掛ける彼らの声があなたにも届きますように。」

◎鈴木動物園前さん

①作家さんによる自己紹介
「紙粘土やいろんな粘土でなんだか使える動物を作っています。
大きいものからちいさいものまで盛りだくさん。
動物園前なので犬も虫も魚もいます。」

②作品の見どころやこだわり
「いろんな芯材を使い、用途に応じて粘土を使い分けています。
仕上げはウレタンニスでツヤっとさせています。」

③作家さんからのメッセージ
「見て、触れて、楽しんでいただけたら幸いです!」

◎ささきめぐみさん 東京都

「ささき めぐみ」さんは東京で活動されているイラストレーターさんです。
ポストカードなどの雑貨やブローチなどのアクセサリーも制作されています。

一点ずつ、丁寧に細かく色が重ねられ着色されたブローチは、 まるで絵画からでてきたかのような、
美しい濃淡、深みのある作品です。

「katakana動物園」は6月27日㈯からの開催中です。
カタカナオンラインストアの展開は、翌日28日㈰の11時よりスタートいたします。
お楽しみに。

イベントの詳細はこちらのページでご紹介しています。⇀
作家さん紹介の前半はこちら→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのご紹介でした。

「katakana動物園」の開催まで、あと一週間となりました。
使って楽しい動物がモチーフのうつわ、ブローチなどのアクセサリー作品や存在に癒される置き物など
14名の作家さんの手作りの作品が並びます。

それでは、今回出展していただく作家さんをご紹介します。

◎Ben Yamaguchi さん  香川県高松市

①作家さんによる自己紹介
「造形作家 Ben Yamaguchi
1979年生まれ。高松市在住。
生き生きとした動物達の表情や形状を石粉粘土で表現。
オールハンドメイドで製作した作品をギャラリーで展示販売。」

②作品の見どころやこだわり
「生き生きとした動物達の表情や形状。」

③作家さんからのメッセージ
「一点一点表情や形状がが違いますので楽しんで頂けると嬉しいです。」

◎MIO SUZUKIさん  福井県鯖江市

①作家さんによる自己紹介
「富山市出身。
彫刻家 堀友二氏に師事。
2011年ブランド「MIO SUZUKI」設立。
2012年経済産業省WAO芸ルネッサンス・プロジェクトにてNY、Prisで展示紹介。
2013年ヒカリエd47MUSEUM『47人2013CRAFT』出品。
2012年、2016年、東京デザインウィークのプロフェッショナルエキシビジョン出展。
2019年外務省JAPAN HOUSEブラジルサンパウロ(4/22-7/17)、ロサンゼルス(10/30-2020/1/5)で『NIPPONの47人のCRAFT』巡回展にて展示紹介される。
ブラジルサンパウロ展では桧のスプーン作りのワークショップも開催。
2019年株式会社TSDOからの依頼により21_21DESIGN SIGHTにて開催されたミツカンZENB「野菜とデザイン」展に木彫りの野菜を制作展示。
現在、福井県アンテナショップふくい南青山291にて南青山木彫教室[suzunoki]を開催。福井県鯖江市にて制作活動。」

②作品の見どころやこだわり
「鳥のブローチは私が主催している木彫教室で「鳥のブローチが作ってみたい!」の声にデザインしたのがきっかけでしたがいつの間にか私のお気に入りになってしまいました。
彫刻は粗々玄能(金槌)と叩きノミで材料を足で押さえ形を出していく荒彫り、そしてそれを仕上げのみで仕上げていきます。

本来ブローチなどの小さなものは足で押さえることが難しいので荒彫りをしないのですが、鳥のブローチは自由に空をとび回る姿なので欠け難いように堅くて丈夫な木材を使っています。
小さいけれど大変なので荒彫りをしています。
この木材はアメリカンチェリー(桜)とウォールナット(クルミ)で どちらも時と共にいい色になっていきます。
作りたての色も好きですが使って変わっていくのも私は大好きで普段はトートバックに付けています。
丈夫なので安心して一緒にお出かけして頂けることと思います。」

③作家さんからのメッセージ
「白い鳥のブローチに関しては胡粉で化粧してありますので、濡れるシミになったり色が落ちることがありますが、それも含めて愉しんでいただけたらと思っております。
シミが気になるようでしたら堅く絞った布でさっとこすって頂いて構いません。(間違って洗濯機にかけた方がおられましたが、それはそれでいい感じでしたの心配ありません。)」

◎トリノコさん 神奈川県

①作家さんによる自己紹介
「絵を描いたり木を彫ったりしている人。
武蔵野美術大学卒。大学では木工を専攻し、卒業後も小さな木彫り作品の制作を続ける。
2015年 ジェイ・ルービン著、柴田元幸・平塚隼介訳『日々の光』 表紙に作品提供。
現在は進学塾の事務で働きつつ、木を彫ったり絵を描いたりしている。」

②作品の見どころやこだわり
「素材は木です。レーザーカッターで形の輪郭を切り取り、そこからナイフとハンドリューターで細かいところを1つずつ彫っています。
レーザーカッターで切り出された均一な形が、手作業の工程を経てひとつひとつ違った表情になります。
手に乗せてじっくり見つめていただけたら嬉しいです。」

③作家さんからのメッセージ
「世の中大変なときにご覧いただきありがとうございます。
つかのまの、肩の力が抜ける良い時間となれましたら幸いです。」

◎yu ceramica (ユウ セラミカ)さん 東京

①作家さんによる自己紹介
「はじめまして、yu ceramicaです。
Gorilla Vase(ゴリラの花瓶)を中心にすきなものを作っています。
長い育休の末、4月からこつこつと再開しました。」

②作品の見どころやこだわり
「ゴリラは一頭一頭手びねりで作っています。
とんがった頭とまるいお尻がチャームポイントです。
ゴリラは決闘に使うアゴの筋肉が発達しすぎて頭がとんがるらしいので、とんがった頭でゴリラの強さ、まるいおしりでかわいさを表現しています。」

③作家さんからのメッセージ
「手にとっていただける日をイメージして、日々わくわくしながらゴリラを作っています。
ぜひ、ゆっくりみてください。」

◎te-no-hira ツジタカコさん 滋賀

①作家さんによる自己紹介
「活動を始めたときは小さな作品ばかりだったこともあり、te-no-hiraと名付けました。
ろくろを使っていなくて すこし手の跡がのこる作品です。
自分たちで建てた家で夫とパン屋を営みながら制作をしています。」

②作品の見どころやこだわり
「手びねりで作った器に、針でひっかいて模様を彫っています。
凹凸のある作品は石膏型に模様を彫って、粘土を押し付けています。」

③作家さんからのメッセージ
「暮らしのすきまが すこし楽しくなる、ちいさな仲間たちです。
よろしくおねがいします。」

◎mutsumi ufu(ムツミ ウフ)さん

①作家さんによる自己紹介
「2017年より、suntailから本名のmutsumi ufuの名前で刺繍家として、活動開始。
主に、委託販売やイベント出店、オーダー制作や刺繍教室の講師をしております。
どこかリアルで、どこかノスタルジック、見てて優しい気持ちになる、身に着けてハッピーになってもらえる様なモノづくりを心掛けております。」

②作品の見どころやこだわり
「フリーステッチといって、様々な刺繍の技法を使った刺繍です。
あえて枠からはみ出したり、ステッチを変えて凹凸を付けたり、色んな角度から楽しめる様に製作しております。」

③作家さんからのメッセージ
「mutsumi ufuの作品をご覧いただき、ありがとうございます。
動物たち1っぴき、1っぴき、このこはこんなことを思っているんだろうな・・・と想像しながら刺繍しました。
見ている皆さんも想像して楽しんで、ご覧下さい。目があったら注意です!」

◎楽土(ラクド)さん

①作家さんによる自己紹介
「アニマルをモチーフにオリジナルデザインで陶磁器を制作しています。」

②作品の見どころやこだわり
「動物は石膏型を作り制作しています。
その後の顔はひとつひとつ手描きをしています。」

③作家さんからのメッセージ
「ゆっくり楽しんで見て癒されてください。
もし気に入っていただければ、一緒に連れて帰ってくださると大変嬉しいです。」

「katakana動物園」は6月27日㈯からの開催中です。
カタカナオンラインストアの展開は、翌日28日㈰の11時よりスタートいたします。
お楽しみに。

イベントの詳細はこちらのページでご紹介しています。⇀

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのご紹介でした。

「米粉の焼き菓子屋mai-bake!MOMOのマルシェ」

日時 6月20日(土)11時〜
場所 katakana/カタカナ自由が丘店

米粉100%使用の焼菓子屋「mai-bake!MOMO」さんのマルシェです!
マフィン、パウンドケーキ中心に小麦粉・卵・乳製品は使用せず、
季節の果物や野菜を使った、体に優しい焼菓子が並びます。

【佐竹さんからのメッセージ】
今回は旬のサクランボや、夏メニューのブルーベリーを使ったマフィン
また間もなく終了の苺を使用した商品をそろえます。
他、いつものマフィン、パウンドケーキ、米粉パン、ビスコッティ各種も販売します。
気温、湿度が高くなってきて作れるメニューは春より少なめですが、
3か月ぶりに再びマルシェに出られる感謝を込めてお作りします!

「mai-bake!MOMO」さんのマルシェの次回の開催は9月頃を予定しております。
真夏を迎える前の最後のマルシェです。
カタカナマルシェでお待ちしております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋
カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

「夏の涼しいガーゼマルシェ」
日時 6月19日(金)から21日(日)11時〜
場所 katakana・カタカナ自由が丘店 マルシェスペース

愛知県三河地方で生まれたガーゼ商品のブランドです。
6重ガーゼの包まれるようなやわらかさと元気なカラーが特徴です。

ハンカチやタオルの小さなサイズからガーゼケットのような大きなサイズまで、
普段の生活の中で大活躍のラインナップが並びます。
お楽しみに。

[商品について]
・ガーゼケット
夏はさらっと冬はあったか。軽くて優しい肌ざわりのガーゼケット。
綿100%の日本製で、静電気も起きにくいので
小さなお子様でも安心してお使いいただけます。

・ガーゼタオル
吸水性抜群。
ずっと頬ずりしたくなるような肌ざわりで、
洗濯すればするほどふんわりと柔らかくなるタオルです

・ガーゼハンカチ
気分に合わせて毎日持ち歩きたくなるハンカチ。
肌に優しく、すべすべで柔らかい。
6重のガーゼが汗や水もよく吸ってくれます。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのマルシェのお誘いでした。