katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

いよいよ9月23日から平山篤さんの革モノの商品を集めたイベントが開催されます。
LEATHER CRAFTS EXHBITION 平山篤個展
日時 9月23日(土)~9月29日(金)
場所 katakana/カタカナ自由が丘店
※平山さん在店日:9月23日(土)24日(日)29日(金)

「A24HR8M.JP」から「hirari(平利)」に名を改め、
千葉県を活動拠点とする革作家 平山篤さん。

「hirari(平利)」という名前には、
より身近な暮らしの道具として、使う人の生活に寄り添うモノであるようにと
「平:おだやかに」「利:やくだつ」という想いが込められています。

お店でこのお財布を手に取るお客様に、必ずお話しするエピソードがあります。
僕たちは、普段からいろんなお財布を目にします。とくにレジのお会計のとき。
もちろん、見ようと思ってジロジロ見ているわけではありません。

ある日、素敵な女性のお客さまがレジでサラッと取り出したお財布に、
思わず目を奪われてしまいました。
そして、「どちらのブランドのものですか?」と声をかけてしまったのです。

そのお財布の作り手は、当時鎌倉で活動していた革作家の平山篤さん。
その時見たのは、一つ前のモデルのお財布でした。それからカタカナは平山さん
とのお付き合いが始まったのでした。
久しぶりの店内でのイベントです。ぜひ手に取って見てくださいネ。


・財布 ¥15000
小さいながらも、見た目以上に収納力があります。
お札は折らずに10枚ほど、コインも20~30枚ほど収納可能です。
コインスペースは間口を大きく取っていることで、
小銭が見やすく取り出しやすく、溜まりにくい構造になっています。

ナチュラルはキズや汚れが目立ちやすいカラーですが、そのぶんほかのカラーに比べて経年変化が強く、
真っ白なヌメ革がだんだんカラメル色へと変色し、艶も増していきます。
革を育てる楽しみを一番感じられるカラーです。

グレーは、ナチュラルほどの経年変化は望めませんが、ブラックほど重たくないので、
女性の方や、革の扱いに不慣れな方にオススメです。

ブラックは目立った経年変化は起こりませんが、キズや汚れが目立ちにくいので、
取扱いが楽なカラーです。革は黒!と決めている方におススメです。


・名刺入れ ¥13000
見た目はスマートですが、名刺は約30枚入ります。
フラップタイプのフタがないことで、フラップを開けるときにつきやすい
ひっかき傷を防げます。


・キーケース ¥10000
このキーケースは、本体のボタン側を自分に向くように片手で持ち、
親指でボタンの位置を押すとポンッと開きます。
荷物や傘で片手がふさがっているときに、もう片方の手で鍵を取り出すことができます。
このアイデアは、平山さん自身がガレージのシャッターを閉めたときの実体験に基づくものなのだとか。


・長財布 ¥38000
見た目はスマートですが、収納力はあります。
紙幣サイズのポケットが2つ、縦向きのカード入れが4か所。
カード入れには2、3枚が収納可能です。
小銭入れを真ん中に置くことで、お財布の表面に小銭の跡が出ないように
設計されているのです。

独学ながら、デザイン性と機能性に優れ、見た人をとりこにしてしまう。
そんな平山さんのモノ作りを、ぜひ体感してみてくださいね。

詳しくはkatakana Online Storeでご紹介しています→

hirariの詳しいことはこちら → 

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。
katakana Online Storeではメイドインジャパンの雑貨や身の回り品をたくさんご紹介しています。