katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

すべての行程を手作業で、革小物を作る「A24HR8M.JP」の平山 篤さんと代表の河野のお話。
後編は、あの”伝説の”雨の日マルシェのことから。前編はコチラ⇒

.

心を込めて準備した空間には、
雨も風も雪も跳ね返すパワーがある

河野 平山くんがお店に来てくれたとき、自由が丘店はガレージで週末マルシェを始めたばかり
の頃だったんだけど、平山くんにもスペースを見てもらって、もう、お互いやる気だったよね。
「じゃ、いつやる?」って。

平山 そうですね。あのスペースを見て、すごくいい場所だな! と素直に思ったんです。
やろうと言っていただいてすごく嬉しかったです。

河野 それで9月に開催したら、会期の3日間、ずっと雨! 昨年の9月は本当に長雨で、 僕たちは
もう心が折れてたの。一生懸命イベントの準備をして、仕入れをして、いろんなプレッシャーの
なか、お客さまに喜んでいただくために努力しても、やっぱり路面店は天候の影響が大きいから。
「天候のせいにしてはいけない」と会社員時代から肝に銘じていたこととはいえ、やっぱりね。
「また雨か」「雨だから…」「雨じゃなかったら」と言いながら、天気予報ばかり見てました。
河野 そうしたら、平山くんはそんな概念を覆しちゃったんだよね。雨でも風でも関係なく、
もうどんどん人が集まってくる。あの日のマルシェの売り上げは、いまも記録が残ってます。

平山 入場料がかかるイベントではないこともあって、お世話になった方や普段お声かけでき
ない方、いろんな方にDMやメールでご案内しました。「カタカナは子どもも大人も楽しめる
お店なので、ぜひ来てください」とご招待しやすかったんです。

河野 あのとき、一見、淡々としているように見えたけれど、心境はどうだったの?

平山 雨はまったく気にしていなかったですね。もうとにかく楽しかったんです。自分の好きな
お店で、お客さんが来てくれて、話せて、ただただ楽しかった。あの3日間、モチベーションが
ピークで、あれほどいいコンディションでいられる日ってここ数カ月なかったんじゃないかと。

河野 きっとそういう平山くんのワクワクやメッセージが伝わったんだよね。 心を込めて、準備
や告知をして、いい商品があって、そういう「いい空間」が整うと、雨も風も雪も吹き飛ばして
しまうパワーのようなものがある。

河野 あの日のブログは方々から反響があって、定例会議で読み上げてくれたブランドさんもいた
ほど。いろんなところに影響を与えた日だったよね。

僕たちも、あの日以来、前ほど雨が怖くなくなりました。たしかに客足は10分の1に減るかもしれ
ないけれど、それなら10分の1のお客さんに向き合って、それだけ心を込めた接客ができるから。
すると結果は意外とポンっとついて来る。そんなことをね、平山くんに教えられた気がしましたよ。
もう、スタッフ全員、大・反・省!

平山 いやいやいや……恐れ多いです(笑)。

制作に没頭したことで見えたこと
自分の技術を後世に継承していきたい


河野 で、平山くんはこれからどうしてくの?

平山 いまはお店がないので、制作のみに集中できる環境に身を置いたことで、自分の技術を守って
いきたいと考えるようになりました。伝統工芸のような「称号」に憧れるわけではないけれど、でも、
そう呼ばれる人たちもきっと最初はその称号のために始めたわけではなくて、自分の技術を守ること
が家を守ることだったんだろうなと。それなら、やっぱりミシンで大量生産の基盤を作ることよりも、
将来もし自分の子どもがこの仕事をしたいと言ったときに、技術を託せるようにしていきたいなと。

平山 こんなふうに、千葉に拠点を移してから、いろいろな心境の変化がありました。
ここだからできること、作れるものがあって、千葉は自分を新たに作ってくれた場所でもあります。
なので当面は、千葉県在住の作家として、ここからコミュニティを広げていきたいと思っています。
そこでつながった作家さんたちを自由が丘のマルシェに呼びこむような動き方もしていければと。
やっぱりマルシェでお客さまと話すことが楽しいし、活力になるので、制作においてすごくプラスに
なるんですよね。

河野 今度、平山くんにリーダーになってもらって、作家さんを集めたクラフト市を開催するんだよね。
普段、僕たちはクラフト展や見本市に足を運んで作家さんや作品をセレクトしてくるわけだけど、いつか
自分たちが作家さんを紹介する場を提供したいとずっと思っていたんです。いま、自由が丘店のマルシェ
が面白く育ってきたから、一回やってみようと。
今回はプレスタートという感じかな。次の第一回開催に向けて、一緒に試行錯誤していこう。
恒例で開催したいよね。

平山 はい、よろしくお願いします!

.

.

◎A24HR8M.JPのお財布が、オンラインストアからご購入いただけるようになりました ⇒

◎週末マルシェ カタカナ・クラフト市
3月31日(金)~4月2日(日) 11:00~
katakana/カタカナ自由が丘店 マルシェスペース

参加作家一覧:(五十音順、敬称略)
itashiori(籐かご/埼玉・川越)
稲葉知子(ガラス/千葉・浦安)
erica miyake(★金属 アクセサリー/金沢)
榊麻美植物研究所(★盆栽/東京・東久留米)
zacsenhaus kafee Roasters(★コーヒー/神奈川・鎌倉)
Paradise Alley Bread Shop(★パン/神奈川・鎌倉)
A24HR8M.JP(皮革/千葉・御宿)
(★印の作家さんは4月1日、2日のみの出店となります)

詳細⇒

.

.

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。
katakana Online Store


新生活が始まる季節です。
新しくお弁当生活が始まるみなさん、これを機にお弁当箱を買ってお弁当作りを始めて
みようとお考えのみなさん、おいしいお弁当の絵本のご紹介です。
お弁当箱を用意して何から入れようか。まずは炊きたてのほかほか、ふっくらごはん。
おかずはあつあつミートボール。次はみんなが大好き、ふっくら玉子焼き。出汁が効いた
ほんのり甘い玉子焼きはおかずのテッパンです。ぷりぷりのたこさんウインナー、テンションが上がります。野菜も忘れてはいけません。色鮮やかなブロッコリーと丸くて甘い
人参で栄養のバランスよく。デザートもやっぱり外せない、、、
だんだんおいしいお弁当が出来ていく様子にワクワクします。
絵もリアルでとてもおいしそう。よーし明日は自分でお弁当を作ってみよう!そんな
おいしい絵本です。

・タイトル おべんとう
・作    小西英子
・出版社  福音館書店
・プライス ¥900+税

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。
  katakana Online Store


新幹線の箸置き

いよいよこのお知らせができます。

新幹線の箸置きに新しい仲間が加わります。

●E5系 はやぶさ ジェイアール東日本

発売予定日 4月8日(土)
価格    1000円+tax

3年ほど前「新幹線の箸置きを作ろう!」と思い立ち、色々な方の協力を頂きました。
カタカナは生活にまつわる商品を集めたセレクトショップです。開業当初からオリジナル商品
を作るなら、全国各地を探して、僕たちの求めるモノが見つからない場合にはじめて作成する
かどうか検討すると決めていました。

日本が世界に誇る新幹線ですが、子供用のプラスチック製の箸置きはありますが、大人も子供
も使える陶器製の箸置きはありませんでした。
なので、「新幹線の箸置き」を作ろうと決めたのです。
今回の「E5系はやぶさ」で一番難関だったのはカラーです。常盤グリーン・飛雲ホワイト・は
やてピンク、特にグリーンとピンクの色が希望の色にならない、、陶器の奥深さでありますが、
何度も陶器屋さんとやり取りをして、JR東日本様に承認を頂く事が出来ました。

昨年の8月に発売した。0系新幹線と922形ドクターイエローに続く3つ目の新幹線の箸置きの誕生です。
楽しみにしていてくださいネ。
0系と922形ドクターイエローはkatakana Online Storeでもお買い求め可能です→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。
katakana Online Store

お探しのお客様が多く、お問合せもいただいている
StitchandSew(ステッチアンドソー)のがま口長財布。

欠品中のブラック、グレー、ゴールドのご予約を承っておりますが、
受付は3月26日(日)までとなります。

ご予約分のみの生産になる可能性がございますので、
ご購入希望のお客様は、この機会にぜひご予約ください。
なお、お届けは7月中旬以降、順次となります。

※予約いただいた商品は、
キャンセルを承りかねますのでご了承ください。

オンラインストアからのご購入はこちらから⇒ 

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。
自由が丘店・渋谷ヒカリエシンクス店・katakana Online Store


カタカナクラフト市を開催します。

思い返せば、ちょうど1年前の3月。
ずっとシャッターが閉まっていたお店の隣のガレージを、
思い切って大家さんにお借りして、週末マルシェをスタートしました。

このスペースのコンセプトは、
「車1台分のスペースから生まれる出会いの場」。

この1年間、週末はなんらかのマルシェを開催してきました。
そのなかで、

お客様からは
「来週のマルシェは何をやるの〜?」
「この前、買ったもの本当においしかった!次はいつ来るの?」。

出店者さんからは
「この場所のパワーがすごいです!」
「お客様がいい人ばかりです」。

こんなうれしい言葉たちも、たくさん届けていただきました。

少しづつではありますが、
この車1台分の小さなスペースをきっかけに出会いが生まれ、
つながりの輪がムクムクと大きくなってきていると実感しています。

そんな週末のマルシェが2年目に突入するあたり、
ずっとやってみたかったことを実行します。

それは、クラフト作家さんたちと一緒にクラフト市を開催すること。

今回は、革作家の平山篤さん(A24HR8M.JP)にリーダーとなってもらい、
さまざまなジャンルの作家さんに集まっていただきました。

みなさんkatakana初登場です。
ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

「カタカナクラフト市」開催概要
●日時
3月31日(金)~4月2日(日) 11:00~夕暮れまで

●場所
katakana/カタカナ自由が丘店 マルシェスペース

●内容
首都圏中心の作家さんのハンドメイドアイテム、フード・ドリンクの販売。
当日は作家さんご本人がブースに立ち、接客をさせていただきます。

●参加作家一覧(五十音順、敬称略)
itashiori(籐かご/埼玉・川越) 
稲葉知子(ガラス/千葉・浦安) 
erica miyake(★金属 アクセサリー/金沢) 
榊麻美植物研究所(★盆栽/東京・東久留米) 
zacsenhaus kafee Roasters(★コーヒー/神奈川・鎌倉) 
Paradise Alley Bread Shop(★パン/神奈川・鎌倉)  
A24HR8M.JP(皮革/千葉・御宿)
(★印の作家さんは4月1日、2日のみの出店となります)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からマルシェのお誘いでした
自由が丘店・渋谷ヒカリエシンクス店・katakana Online Store