katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

カタカナ自由が丘店で開催中の「宮田織物 はんてん展」。
今年は暖冬と言われていますが、やっぱり朝方、夜は凍えるように寒いですよね…
お家の中でも、お外でも大活躍なのが「はんてん」。

「はんてん」は、福岡の筑後の宮田織物さんで糸選びから、縫製まで、自社一貫で丁寧に生産されています。
今回のブログでは、そんな宮田織物さんのこだわりのものづくりをご紹介します。

1、布地の企画

はんてん作りは、布地の企画からはじまります。
もともと久留米絣作りからスタートされた「宮田織物」さんのこだわりが特に感じられるポイントです。

使用する布地は、専任のテキスタイルデザイナーを中心に、糸選びから行ない、何度も試し織りを重ね、
デザイン性・色味だけでなく、風合い・肌ざわりなどまでチェックし、合格した布地のみを使用します。

2、デザインの企画

出来上がった数多くの布地の中から、さらにそのシーズンに相応しいものを選び、製品のデザインを行ないます。
布地の組み合わせ、色の取り合わせを熟考しながら、何着もサンプルを作ります。
デザイン性だけでなく、実際に着用して、着心地なども、ここで何度も確認。
さまざまなチェックが通り、製品が決定したものは、型入れを行ないます。

3、裁断から縫製工程

裁断の前に、まず布地を縮絨(しゅくじゅう)機にかけます。
縮絨という作業は、蒸気を当て、布地を前もって縮ませることで、 縮みやすい木綿素材ならではの欠点を補う大切な前工程です。

裁断された布地を、組み合わせる縫製作業は、職人さんが一枚一枚丁寧に縫いあわせていきます。

4、わた入れ工程

ここからが、わたいれはんてんの特徴でもある、はんてんに「わた」を入れる工程です。
熟練の職人が2人1組になり、 一枚一枚丁寧に「わた」を入れていきます。
また、わた入れはんてんの背中部分には、 足しわたをしたりなどの暖かさへのこだわりがあります。

5、とじ工程

熟練した職人が、ひと針ひと針こころを込め、わたの加減を見ながらとじていきます。
全ての縫い目の幅を同じにせず、その縫い目の箇所により、広くとじる・狭くとじるなどといった
職人の技が、やわらかで心地よい着心地へと繋がります。

6、仕上げ・検品・検針工程

最後に、一枚一枚を人の手と目で細かく確認していき…
ついに、完成です!

さまざまな工程を経てようやく出来上がる「はんてん」。
確かなものづくりから生まれた宮田織物さんのはんてんは、着る人を心も体もぬくぬくとあたためてくれる優しいアイテムです。
あたたかさ、身軽さ、一度羽織るとその良さが分かります。
ぜひ、一度店頭でご試着してみませんか?

オンラインストアでのお取り扱いもスタートしました!
遠方でお店のご来店が難しい方、ラインナップを知りたい方、ぜひのぞいてみてくださいネ。

いよいよ12月も半ば。
「今日もあったかいなぁ」なんて思っていても、日付けはドンドン進んでいって、お店の日めくりカレンダーも日に日に薄くなっていくのを見ると
「お正月ももうすぐだなぁ」とイヤでも実感します。

この絵本は、お正月に“年神様”を迎えるための準備を、はなちゃんがお祖母ちゃんにいろいろと教えてもらうお話です。
お正月の準備や、お正月の飾り、お節料理などなど、どれもきちんと意味があって、なんとなく知っていたつもりになっていましたが
この絵本を読んで、改めて知ることも多くありました。

子どもの頃、毎年お正月は母方の祖母の家で過ごしていました。
その頃は「お正月の飾りがあるなぁ」くらいにしか思っていませんでしたが、
今思い返してみるときちんとお正月を迎えるための準備が家中にありました。

先日、その祖母とゆっくり話す機会がありました。特に何を話すと決めていたわけではないのですが、2人でお昼ご飯を食べたりしながらお喋りをしました。
93歳の祖母はまだまだ元気で、今年もお正月用に黒豆を作るそうです。
そして私は祖母の黒豆がどの黒豆よりも1番好きです。
黒豆には【『まめに(勤勉に)』働き、『まめに(丈夫で元気に)』暮らせるように】という意味があるそうです。
この絵本にも「まめにげんきにくらしましょ」と書いてあります。
来年も、まめに働き、まめに元気に暮らせるように、
近々、また祖母のところに遊びに行って大好きな黒豆の作り方を聞いて「祖母直伝の黒豆」を作ってみようかなと思います。

みなさんのお家も、素敵なお正月が迎えられますように。
まずはこの絵本を参考にしてみるのもいいかもしれません。

・タイトル 「開運えほん」
・作     作:かんべあやこ
・出版社   あかね書房
・プライス ¥1300+税

絵と詩を持ち歩いてみませんか。
素敵な絵本を揃えてお待ちしています。

店頭または、カタカナオンラインショップでお買い求めいただけます。→

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

「カタカナのお正月」@katakana/カタカナ自由が丘店

毎年恒例の「カタカナのお正月」ここ数年、お正月をきちんと迎える準備をする方が多くなっている様に感じます。
大掃除をしっかりやったり、お箸や器を新しくしたり、良い事もそうでない事も年末で一度リセットして、新しい年を迎えましょう!
2020年もきっともっと良い年になるはずです!
「おいしいお年賀」や「使えるお年賀」なども揃えてお待ちしております。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

「ババババッチのマルシェ」
日時 12月27日(金)~29日(日)
場所 katakana/カタカナ自由が丘店

木彫アーティスト” ムラバヤシケンジ” のお届けする木彫バッチとおめでたいモノ展。
6月末に開催して好評だった「ババババッチ展」におめでたい木彫グッズ加え販売いたします。
あんなものや、こんなものまで、200 種類以上のバッチや干支のネズミさんやダルマなど
新年を楽しく迎えるおめでたグッズが勢揃い!

マルシェは3日間限りですが、バッジたちは、12月20日(金)から店内で展開します!

< イベント>
12 月27 日( 金)~29 日( 日) 
・『オーダーバッチ受注会』 参加費2,200 円
ご要望をお聞きしてオリジナルバッチをつくります。
本人だけでなく、ペットや愛用の金物、電化製品でもOK です。
お渡しは会期終了後、店頭お渡しか配送( 送料別途) になります。

・ワークショップ
①『ヒノキくんを作ろう』 参加費1,100~2,200 円( サイズによって異なります)
胴体と手が基本パーツを組み合わせてアレンジしペイントします。
干支のネズミを作ることもできます。
キーホルダー、ストラップにすることもできます。

②『キノコキーホルダーを作ろう』・参加費:880 円
キノコを好きにペイントしてオリジナルキーホルダーがつくることができます。
・バリューアップ似顔絵  一人描くごとに1円づつ値段が上がる似顔絵プロジェクト。
イベント時には600 円(人)代になっている予定です。

大人からお子様まで楽しめるイベントですヨ!
お楽しみに!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。

「あすなろ工房のマルシェ」
日時 12月21日(土)/22日(日)11時〜
場所 katakana/カタカナ自由が丘店

今月も、あすなろ工房さんのマルシェを開催します!
「あすなろ工房」さんは、群馬県北部の自然豊かな赤城山西麓に位置する昭和村で、
農業と米麹や味噌・漬物やオリジナルの和調味料などの加工食品を
ご家族で手掛けていらっしゃる個人農家さんです。

加工品の原材料となる野菜は、自社圃場で種まきから収穫まで行い、
米糀や味噌なども昔ながらの製法で丁寧に作られています。

あすなろ工房さんが丹精込めて作ったお野菜やお味噌、お漬物、手作りの調味料は絶品です!
ぜひ、マルシェへ遊びに来てくださいネ!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。