katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG


青森県・岩木山から嶽きみがカタカナマルシェにやって来る!
日時 8月31日(金)9月1日(土)2日(日)11時スタート
場所 katakana/カタカナ自由が丘店 マルシェスペース
東京都世田谷区奥沢5-20-21 tel 03-5731-0919

毎年恒例となった青森が誇るプレミアムとうもろこし「嶽きみ」が今年も
カタカナ自由が丘店にやって来ます!
嶽きみ(ダケキミ)は青森県最高峰の岩木山の山麓の高原で育てられてます。
昼夜の気温差が大きくなるお盆過ぎから9月上旬が、とうもろこしの旨みと
甘みがグググッ!と内側に閉じ込められて最高の味になる時期なのです。
一番糖度の高い早朝に収穫する朝採りにこだわった岩木農園の嶽きみが到着
します。今年も本当に美味しく出来ました!お楽しみに~


岩木山を遠くから眺めて。遙かに見える中腹に嶽温泉のある嶽高原が広がります。


そしてお盆の時期から突如として発生する大渋滞!この道は岩木山の山頂に向かう
見晴らしの良い山の1本道、普段はすれ違う車もまばらな気持ちの良い道路なのです。
この渋滞の先には!?


通称「嶽きみ渋滞」地元の人々は勿論。県外ナンバーや、明らかに業者の方が
車に詰めるだけ積んでいました!


毎年嶽きみマルシェの試食を茹でてくれるのは、美味しいものはこの人に聞け!の
青木さん。深沢のフレンチレストラン「5watts」を本木シェフと共に立ち上げたお方なのです。
今回は青木さんに嶽きみの美味しい茹で方を聞いて来ました。

薄皮一枚かならず残します。この一枚がとうもろこしの旨みをギュッと閉じ込めて
くれるのだそうです。

そして水から茹でます。水からネ!この鍋には塩は入れません。


沸騰したら2分半から3分間!ここが勝負所!時計と鍋のにらめっこ。


鍋の隣でボウルを用意して水とお塩を入れておきます。かなり塩を入れて下さい。
イメージは海水くらい。


茹で上がったとうもろこしをバシャバシャかけます。


完成♡


むしゃぶりついて食べる!正しい嶽きみの食べ方です。
うま~い!!

★とうもろこしの茹で方は、トウモロコシ奉行ならずとも、こだわりのある方も多いです。
 ぜひ。おススメの食べ方を教えて下さいね〜。

今年もご予約を受け付けています。店頭にお越し頂くかお電話くださいネ。
週末お店に来れない方。9月2日まではお取り置きできますのでお気軽にご注文
下さいね。

カタカナ自由が丘店
住所 世田谷区奥沢5-20-21 Tel 03-5731-0919
1本 280円です!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。
katakana Online Storeでもメイドインジャパンの雑貨や身の回り品をたくさんご紹介しています。