katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

そこまで気にしていなかった森道市場に興味が出たきっかけが、ただ今座布団のイベントを開催してくれる角川さんのある一言「今アウトドアが熱い、その中でも森道市場がめちゃくちゃ熱い。とにかく人が動き、売上が動くんです」
このイベント自体は前から知っていて「音楽と物販」が融合されたイベント。愛知県の蒲郡という町で開催されている「フェス」※主催者はフェスとは言っていません。
カタカナで取り扱いをしている作家さんも何人か毎年参加しています。
「音楽」と言うフレーズに苦手意識があった僕は「別に行かなくていいかな?」と思っていましたが、先ほどの角川さんの言葉で「よし!体感しに行こう!」と思い立ったのです。

会場に着いて、規模の大きさにビックリ。
ラグーナ蒲郡と言うリゾート施設の大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)&遊園地ラグナシアの道路を挟んだ2か所が会場です。

会場を歩いているとすぐに今までのクラフトフェアとの違いを感じました。
出店者の方達のやる気マンマンだけどリラックスしているこの空気は何だろう?

クラフトイベントは圧倒的に個人の作り手が多いです。(個人で自らモノを作っている事を参加資格に設定しているイベントも)そして出店するときも基本的に作り手である本人か+1名程度のお手伝い。隣の出店者さんとはイベント期間中は仲良くしないといけない隣人でありライバルでもあります。
でも、このイベントはお隣りどうしがとても仲がいい。ここに秘密がありました。


出店の方法がユニーク。
この様なクラフト系のイベントは公募制で、主催者が審査をして出展者を決める場合がほとんどですが、森道市場では指名制なのだそうです。主催者が出て欲しい人を全国の中から選び自ら声をかける。そして、ここからがユニークなのですが、その声をかけた人にリーダーになってもらって、その人が一緒に出たい仲間たちを集めてチームを作り出店する。その結果「ALPS BOOK CAMP」や「リトルオキナワ」「village」など20個以上のチームが出来て、分からない事や、もっと楽しんでもらう工夫などがチームの中で完結する。そしてそのチームが他のチームと仲良くなることで、イベント自体が独特の空気に包まれるのです。


会場でカタカナマルシェでもおなじみのヘブンズテーブルの富山さんにお会いしました。運営の事を聞くと「たしか主催者の岩瀬さんは、このイベントの仕切りを一人か二人でやってるんじゃないかな?」何をどこからどこまで自分でやっているのかは知りませんが、岩瀬さんという方に興味が出て、WEBで過去の記事をいろいろ読みました。想像通りの魅力的な人でしたが、「俺が!俺が!」というタイプではなさそうだったのが意外でした。機会があったらお会いしたいなぁ。


そうそう。今回の目的のアウトドアが熱い!を自分の目で見た感想は、確かに盛り上っている様にかんじました。会場内にはテントを張ってキャンプしている人がたくさんいて、キャンプの場所は事前予約で速攻SOLD OUT!テントを見るとみなさんそれぞれの楽しみ方で、しかもオシャレ。そういえば先週行った津軽森という青森で行われたクラフトフェアでもオシャレなテントで楽しむ人々がいました。

僕たちの学生時代もキャンプが流行ったことがあり、友達と丹沢や奥多摩などにテントを車に積み込み楽しみましたが、その頃の男臭さは今のキャンプには微塵もない。
太陽や星空の下でオシャレな料理を食べる時間が楽しく無い訳がない。
角川さんが言っていた「アウトドアが熱い」の意味が分かりました。

価値観が多様化して、物事がドンドン自動化して便利になる一方で、「あぁ、、自分って地球に生きているんだな」って不自由だけど解放感のある感覚。
アウトドアで本物の座布団が飛ぶように売れている。
「本当かな??」と思って蒲郡に来ましたが、来てよかったです。本当でした。


角川さんに「The BUTON」のDMを手渡し。


神楽坂のカモメブックス栁下さんは、やっぱり面白いことをしていました。


秋田からチーム出店!彼女たちと出会えただけでも来たかいがありました。
※写真は秋田をPRしているなまはげ達、暑かったと思う、、


リトルオキナワから素敵なアクセサリーやアロマなど、なかなか出会えない方にも!


やっぱり野外イベントはカレー!関西の有名店が沢山出店していました。


偶然、鳥社長にも遭遇。益子の陶芸家、鈴木稔さんのお店番をしてました。


写真の右手が「ろくろ舎」さんのブースです。
酒井さんの作るカッコイイお椀と酒器も並んでいますが、どう見ても角打ちです。
缶酎ハイ購入させて頂きました。勿論おいしかったです。


広島の藤井製帽さんとの出会いもこれから楽しくなりそう!


メインステージ!夕方になるにつれ会場内の空気がドンドン変わって来る。

会場をくまなく見た後、角川さんに「楽しいっすね!、でもこのイベントはお客さんとしてくるより出店した方が楽しそうですね!!」と言うと。
「来年出ましょうよ!言っときますよ」
えっ!いいの?
来年のワクワクが1つできました増えました。

ニッポンのカッコイイを集めたお土産屋
カタカナ河野からのレポートでした。