katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG

「SHAREFUN ®の ふんどしマルシェ」
日時 7月27日(金)~29日(日) 11時~夕暮れまで
場所 カタカナ自由が丘店 マルシェスペース

最近、眠れてますか?
身体を締め付けないふんどしは、とにかく解放感がスゴいんです。
とくに夜寝ているときに着ける「夜ふん」が効果バツグン、グッスリ快眠!
寝苦しい真夏の夜に。ふんどし、締めてみません?

マルシェ会場には、
「人生はふんどし1枚で変えられる」の著者であり、
全日本ふんどし協会会長の中川ケイジさんがやってきます!

「SHAREFUN」の詳しいことはこちらから⇒

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/かカタカナ自由が丘店からの
マルシェのお誘いでした


今週末のカタカナマルシェは、「SHIRATAKA REDフェア」!
日時 7月21日(土)11時~
場所 カタカナ自由が丘店 マルシェスペース

山形県白鷹町から、キュウリや丸ナス、トマトなど、ピッチピチ新鮮夏野菜が届きます!
玉こんにゃくもあるかも?


さらに当日21日(土)は、「カタカナ夜市」と銘打ち、23時までの延長営業をいたします!
ガレージもあけて、おいしいモノを販売しますよ。

日中はうだるような暑さですが、夜は少しだけ過ごしやすい気温になります。
夕涼みや夜のお散歩に、ぜひ遊びに来てくださいね。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からの
お知らせでした

全国の色々なクラフトイベントに「さがしモノの旅」をする河野ですが、
バイヤーとしてではなく出展者としてクラフトイベントに参加したいと夢見ていました。

でも、カタカナは自分達で作っているモノは無く、作り手の方から仕入れをしているセレクトショップなので、なかなか参加の機会がありません。
今回クラフトイベントにお誘い頂いたのは、四国の食材でいつもお世話になっている「まなべ商店」のまなべさんからでした。四国・高知県で毎年開催されている「Village」というイベントが東京で開催されることになったので、カタカナさん参加して頂けませんか?とのメールに、すぐに参加のすることの返事と本家の高知のイベント「Village」を体感するためのチケットを取り高知に向かったのです。※その時の詳しいことはこちら⇒「さがしモノの旅 高知

2日間のイベントを終えた感想は、「楽しかった!けれど、、物足りなかった」

楽しかった事は、想像していた通り、出展者さん達と仲良くなれた事。
展示会と違いクラフトイベントは売っている人たちがとにかく楽しそうなのです。
買い手と売り手の関係ではなく、一緒にイベントを作り上げている連帯感。これは同じ輪に入らないと感じられないモノだと思いました。

物足りなかった事は、いろいろありますが、準備不足だったのかもしれません。
イベントが毎日星の数ほどある東京で、キラリと光る高知の星の光が色々な人に届かなかった。
東京チームも運営側にお任せしきっていて連携がとれていなかった。
会場の環境も含めて色々な意味で「あぁ、、高知のVillageはもっと凄いのに、、」
と思いながら、撤収作業をしていました。

でも、今回Villageに参加させて頂いて本当に良かった。
カタカナの得意な事を認識できて、まだまだ足りない事も勉強出来ました。
やっぱり動いていないと駄目ですね!
これからもいろいろな事にチャレンジしていきます。
Villageの村長さん、まなべさん、高知の方々、四国の方々、本当にありがとうございました。またやりましょう!Villageの素晴らしさを関東でも見せて下さい。ご一緒させて頂きます。
最後に、会期直前に起こった、西日本豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害に遭われた方がに対し心よりお見舞い申し上げます。
1日も早く復興されますことを心より祈願しております。
ガンバレ西日本!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナからのお知らせでした。


日程 7月20日(金)~8月2日(木)
場所 katakana/カタカナ自由が丘店

子どものころ、夏休みがとても楽しみでした。
遠方への旅行もワクワクしたけれど、
「明日は動物園でも行こうか?」と気軽に行ける動物園が好きでした。
そこにいる動物たちはすごく迫力があったり、ユーモラスだったり、美しかったり。
動物園は、ずっと眺めていても飽きない特別な場所。
「カタカナ動物園」には本物の動物たちはいませんが、
全国のクラフト作家さんによる作品は、思わず家に連れて帰りたくなるはずです。

<参加作家さん>※順不同、敬称略
①前川幸市(滋賀)
②ささきめぐみ(東京)
③hitsujiの庭(長野)
④Ben yamaguchi(香川)
⑤ま工房(岐阜)
⑥スタジオナナホシ(神奈川)
⑦気球堂(北海道)
ほか

おたのしみに!

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/katakana/カタカナ自由が丘店からの
お知らせでした

ある夏の暑い日、真っ赤に熟れたトマトさんが、ドタッと地面に落ちた。
ミニトマトたちは、コロコロポッチャン、小川に飛び込み水遊び。
「トマトさんも泳いだら?」と誘われても、トマトさんは
「ふん。そんなのけっこう」と知らんぷり。

「たのしいのにねぇ」とみんなは気持ちよさそうに泳いで行ってしまった。

太陽の光でじりじり暑くなってきた。
ほっぺが痛くなってきてトマトさんはとうとう泣き出した。
「うわーーん。本当は泳ぎたいんだよう。だけど体が重くて動けないんだよう」
それを聞いた原っぱのトカゲや虫たち。
トマトさんを川で泳がせてあげようと、力を合わせて頑張ります。

みんなのおかげでやっと川で泳げることになったトマトさんの表情ったら!

この夏はいつも以上に暑い予感。
トマトさんや仲間たちのように、楽しく夏を過ごしていきたいですね

・タイトル トマトさん
・作    田中 清代
・出版社  福音館
・プライス ¥900+税

絵と詩を持ち歩いてみませんか。
素敵な絵本を揃えてお待ちしています。

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
katakana/カタカナ自由が丘店からのお知らせでした。