katakana – カタカナ(日本のカッコイイを集めたお土産屋さん)

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 日本語
  • English

メールマガジン登録

ブログ|BLOG


5月6日まで開催の『にじゅうかのうのリュック展』。
普段はWeb限定でご紹介しているライトナイロンリュックも今回のイベントでは店頭に並んでいます。

そんなライトナイロンリュックの魅力をお伝えしたいと思います。

 

シンプルな洗練されたデザイン、”シワ感、サラっとした”生地感が魅力のライトナイロンリュック。
以前ご紹介した福井シワナイロンとはまた違う素材感のリュックをつくりたいと生まれたシリーズなのだそう。

 

素材は国産の軽量なナイロン生地を使用。
光沢感は抑えられた生地で、シワ加工と撥水加工を施しています。

ナイロンといえば、特有のテカりやシャカシャカしとしたイメージですが、
こちらのバッグで使用されているナイロンは全くの別物。
生地の独特なシワ感、サラッとした気持ちの良い肌触り、そしてとっても軽くて、丈夫なんです。

 

ファスナーにもこだわりメタルのものを使用し大人っぽい印象のリュックに。
また、滑りがスムーズなので開閉も楽々できます。
引き手は4つ付いているので、好きな位置から開閉ができます。

 

背負った状態でリュックから荷物を取り出すとき、左右に引手があるととても便利です。
ファスナーの引き手を探して、あたふた…なんてことも無くなります。

 

中の背面側に大きなポケットがついており、ノートパソコンやA4ファイルも安定して入るので、
ビジネスバッグとしてもお使い頂けます。
ポケットにはメッシュ素材が使われているので、 覗き込まずとも中身が見え、
一目でなにがどこ入っているのか分かります。

 

デザインのポイントにもなっている前ポケットは、
斜めになっていることによって片手で開け閉めがしやすくなっています。

使用頻度の高いスマートフォンなど収納するのがオススメです。

 

肩に気持ちよくフィットしてくれる太いショルダーベルトはクッション性、安定感もあり、
重いものを入れた時も肩への負担が少ないので、疲れにくいですよ。

 

ハンドルは墨田区産の豚革が使用されています。カジュアルだけど、大人っぽくシックに使えるリュックにしたのだそう。

カジュアル過ぎないリュックを探されている方に特にオススメです。

くだけすぎず、カチッとし過ぎない、洗練されたシンプルなデザインなので、普段使いもフォーマルなシーンにも大活躍なリュックです。

 

男性女性ともにカッコよくきまります。
サイズはMとL、カラーはキャメル、カーキ、ネイビー、ブラックの4色からお選びいただけますよ。

使うほどに、使う人とシーンをとことん想像して、
どんな機能なら便利か、使いやすいか、とても考えられていることが伝わってきます。
「使えば、使うほど良さが分かる。」まさに理想のリュックです。

是非今回のイベントで手にとってみてくださいね。

—–
「にじゅうかのうのリュック展 」
会期 2021年4月16日 (金) – 5月6日 (木)
場所 カタカナ自由が丘店

こんにちは、カタカナの河野です。

突然ですが、自由が丘店の店長である僕の妻はかなりのリュックマニアです。
「そんなにいるのかな?」 と言うくらいリュックを買い替えていたのですが、
5年前にこのリュックに出会って「リュックさがしの旅」が終わりました。
妻曰く「ほぼ完璧」らしいです。

今回のイベントではさらに完璧に近づいた別注リュックも並びます。
—–

【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 日常に寄り添うリュックができるまで】記事はこちら→
【カタカナのつくり手とはこび手「にじゅうかのう」 CANVAS×LEATHERリュック・サコッシュ編】記事はこちら→